7年経ちました

55政党というブログからの

日本には総合商社がある!! 

またまた週刊エコノミスト(毎日新聞社)を買った。

今回は総合商社特集。
リンクは切れることがあるので、画像(魚拓)を貼っておく。
エコノミスト


55では、●積極投資する役割を担っているところがない ●金融に金融を流してないで実体に流すべき ●銀行は銀行業をしなきゃあ存在する意味すらない 的な話しを散々してきたんだが・・ 日本の総合商社は、まさにそんな役割を担っている。
その存在をすっかり忘れてしまっていた。

つまりは、日本で見る『世界のハゲタカ』とは世界で見る『日本の総合商社』がやってるんだ。
しかも、金融投資ではなく実体産業への投資にこだわりを持って取り組んでいるようだ。
そう... そのような日本的精神も持ち合わせている。
商事の社長さんは「ヘッジファンドを買った事もあるけど、市場にすべて責任をかぶせることになり、快い利益ではない。」と言っている。(今は手放したそうだ。)また、投資は9勝6敗でいいそうで.. それだけリスクもありぃの積極投資を続けているそうだ。


世界は、軍事力や政治力で地ならしをして新規開拓地の事業を根元からゴッソリ持っていったり、既に発展している国には資金力のちからで買収していく企業軍... 国家(政治)はそれを支えているという構図だが、日本は日本で、各総合商社が官僚のチカラを借りながらそれを行っているんだ。

世界から見たハゲタカは.. 野村だけかと思ったよ。特にイギリスなんか。

ちょっと前に鉄鋼石メジャーの話しを出したが、ビリトンなんかのオーストラリアでは鉄鋼石会社に新たに40%の税金を課そうとしているらしい。(世界でも、企業は国家に足を引っ張られている。)
また、ブラジルのヴァーレも新規鉱山プロジェクトには日本の総合商社も出資しているそうだ。
そしてアメリカの原油流出で著しく評価を下げているBP.. この油田には物産子会社が7%も出資しているそうだ。

そんな感じに.. 総合商社は、先を見据えてせっせと投資をしているそうだ。
そして、「安い時に買い高い時に売る」とか「儲かってる時に投資し、儲かってないときに絞る」というかなりザックリとしたマクロ視点についても... 資源分野に限ってはそのどっちも採らない(毎年安定した額を投資する)方法で実践されているようだ。ちなみに物産のCFOさんは「投資の規模を標準化し、毎年5000億前後を投資をしていくことが盤石な事業ポートフォリオを構築する。」と語っている。

それどころか、将来を見据え、そして細かく(正確に)、そして事業自体に関わっていく投資スタイル... この日本型ハゲタカは世界でも評価されているようだ。

養鶏用メチオミンとかいう.. アミノ酸の世界シェア30%を握るアメリカのノーバス・インターナショナルという会社は、物産が65%を出資しているそうだが.. ここはモンサントが持っていた。モンサントが物産に売却を決めた理由は、昔ある飼料添加物会社をモンサント→物産へ売却したことがあり、その際に「人員削減を行わないこと」という条件があったそうで、実際に物産はリストラをしないまま運営したそうだ。そのことが買われての、物産への売却となったんだそうだ。
※同時に.. 私のようなものが脅威を感じる穀物メジャーの違った一面が見えるし、日本でハゲタカされたら同じようにそんな条件が浮かぶであろう。(つまり同じようなものということ。)


その他、アメリカで肥料・農薬のシェア8%を持つ企業は1987年に丸紅が買い取った会社であったり、世界の高級ワイシャツの1/10もの量を生産しているのは伊藤忠の会社だそうで、生産拠点はベトナム・中国・バングラディシュなど。資源・エネルギー案件への投資は世界中にまたがり、日本だけでなく中国等に輸出をしている。そうであっても、資源・エネルギー案件はポートフォリオ的には絞っているそうだ。
また、機械受注案件などは国内メーカーに限らず、韓国ほか多くの海外メーカーと提携して受注しているらしい。


日本国内を見るとき、投資してくれる先が無く.. 新興分野などは外資(銀行や生保など)に頼っている。ところが、世界では頼りになるとして日本の総合商社があるんだ。それどころか、あくまでも事業自体を引きうけていく。

さすが、日の丸を背負って世界の最前線と戦ってきた商社分野は一味違う。
・・・そんな印象だ。



そこを思う時... 国内問題は、ほんとに足の引っ張り合いというか、泥仕合のようだ。
私たちは、オイシい話しを口を開けて待っている。(口だけははさむけどね。)


商事・物産・住商あたりは毎年5000億くらい、丸紅が3年で7500億だそうだから、伊藤忠・豊通・双日まで合わせて.. 毎年3兆くらいか。
消費税1,5%相当(現状の5%で10兆だよね?)の規模でしかならないけど。

それでも、実体産業が資金を持つ日本スタイルは、きっと素晴らしい。フェアに戦う精神。
55でも地方分権委で期待していた伊藤忠の丹羽会長は、今では中国全権大使だそうだ。それ以外にも、総合商社出身の大使は増えているらしい。
商社は、人こそすべて。


若い人達は、世界と戦いたかったら総合商社を目指せ!



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

こんなサービスはどう? 

昨日触れたYoutube等の動画投稿サイトについて、ちょっと考えてみた。

それぞれが勝手に投稿している、著作権を持っていない内容物..
これらは、著作権保持サイドが訴えて取り下げさせるのではなく..
著作権保持サイドの広告を動画の出だしに付けるよう申請する流れは不可能だろうか..?

それ専用の加工が必要だろうし、それをやる専門の広告代理店が現れればいい。
(というか.. テレビ番組などを勝手に流してすぐに取り下げられる世界なんだから、専用の加工といっても簡単なものだ。)
さらに、そのCMには以降の動画をダウンロード&保存することを何かしらの形でブロックする機能でも盛ってやればいい。
動画投稿サイト側にも対応が必要になるわけなので.. 何なら広告代理店ではなく、そこ自身がやってしまってもいいし。

見る側的には、そのような動画の出だしに15秒程度のCMが入るなどどってことない。



人々が求めているものを実現するチカラが産業にないなら..
それはその世が間違っているということだ。
(イオンには恐れ入った。とにかく、安い、そして何でもエコ。それは“正しい云々”ではなく、お客様の望みに応えているということだ。)


と、そんなような話しでふと思い出したことがある。
私はワインマニアだったおかげで、若干食にうるさい。

専門家の方々なんかはよく分かっていることだろうけど..
料理というのは、[味]よりも[香り]が多くを決めている。
次に[食感]や[のどごし]。
そしてようやっとその次が.. [見た目]や[温度]や[味]だ。

言われなくとも分かっている!という人はいっぱいいるだろう..
ところが現実は、多くの場合[味]にこだわっている。

先日私はミルクレープというケーキを買った。
これ、結構好きなんだ。
事務所に戻っていざ食べようとしたが.. 中に入っていたのはホークでなく、スプーンだった。

「分かってない。」
ミルクレープの一番の魅力は、その階層を切る切りごたえと、舌触りにある。
案の定.. スプーンでは魅力が半減した。さらに、切り口がベタっとクリームを塗りたくったようになってしまっているので.. 舌触りがかなり残念だった。

鼻をつまんで食べると料理の違いが分からない  ・・なんて話しを以前テレビなんかで見たことがある。
まったくその通りで、誰がどううんちくを述べようと、人は料理の違いの情報の多くを匂いで判断している。
高いワインと安いワインを当てるような一流芸能人とか、そんな番組も昔よく見たけど... どんだけ語ろうとワインをいきなり口に運ぶ芸能人さんは一発でワインを知らないと分かる。

私のようなマニアでなくとも.. きっとレストランの店員なら一発でばれてしまうだろう。
ワインは香りで8割を決めている。次に、透明度・輝きなど色方面。そして粘着度というか濃さのようなもの。
テイスティングというけど、味は最終確認程度にしか確認しない。それも口で確認するのはなめらかさ、口に入ってから鼻に上がってく香りなども確認している。

また、ウィスキーをロックで飲んでる方々がいらっしゃるが・・ ウィスキーの魅力もまた、多くは香りが握っている。そして温度を下げ過ぎると、香りは萎んでしまう。香りが魅力なものを、わざわざ香りを消す行為をするというわけだ。
蘊蓄でも語ってウィスキーを頼むのであれば、水割りのほうがずっと格好がいい。
強い酒が欲しいならバーボンで十分だ。(まあ、人の好みは勝手だけど。)

そして、世の中には食感以外に何の魅力もないような多くの食材がある。
つまり、食感もかなり重要なんだ。
パスタなんかも、ソースとの絡み具合云々というけれども、実際には食感がバリエーションを生んでいる原動力だろう。
また、上下を逆にして口に運ぶだけで美味しくなる(なくなる)こともある。重ねる系の料理は、上下が重要だ。

一流シェフたちが、料理に梅干しやらプリンやら.. あり得ないものを入れてもおいしい! ・・的な番組も見たことがある。味というのは、実際は甘・酸・苦・渋のバランスだけが重要なので、そのバランスが取れるのであれば、実際そんなあり得ないものを入れてもおいしいわけだ。
つまり、味なんてその程度。(但し“旨味命”な方々も結構いる。この人らもまた、体に正直な方々だ。)


話しが長くなってしまったが..
要は、もっとそういうものを中心に据えた食品のサービスが欲しい。

マクドナルドやセブンイレブンは、きっとそのことを中心に据えて作られている。
マックは有名な話しだけど..
セブンは私の妄想。まず、レンジで温める時間がほかのコンビニものよりもやや長い。そのうえで一番ちょうどよいサクサク感だったり、トロトロ感だったり、香りだったりを試しているに違いない。商店街の惣菜やスーパーの惣菜.. これらはきっと、食感とか温度・香りなど意識していない。

そんな感じで今一番望んでいるのが・・ ダイエット食品だ。
DHCにリクエストしようと思ったが... 質問は腐るほど用意されているけど“ご意見ご要望”方面のチャンネルがない。(仕方ないので、ここで勝手に吠える。)

さすがに運動量が落ちてきている年頃なんで.. 若干(や、かなり)メタボ方面が気になりだしてきた。
なのでDHCのダイエット食品を何度か注文してみたことがある。
飲み物系もリゾット(食べ物)系も、確かに思ったよりおいしいんだ。
だけど.. 1カ月はもたない。それは満腹感とか味気ないとかではない。

それは食感と香りなんだ。きっと。
つまり、そこまで頑張って美味しいダイエット食品を作ってるんだろうが・・ 実際に挑むべきは食感と香りなんだ。
別にこっちはDHCでなくともOKだから「どっかお客様の声を聴く気のある違うところにでも出してみようか」とは思うんだが.. そこまでの味へのこだわりに企業姿勢を感じるわけで、できればDHCにリクエストしたかった。


...とまあ、そんな感じで、外食全般方面でも、もっと味以外の.. 実際に判断を決めているファクターをカガクして探究していってもらいたいものだ。



CM: 0
TB: 0

『GREE』って.. ちょっとひどい 

GREEという... ここ数年で携帯ゲームやらCMまで打つまでに成長してきてるSNS系企業なんだが..
ここ、ちょっと問題あるんじゃないだろうか?
会社公式方面に一切苦情を入れられる部分がないので、まずはここで言ってしまいたい。


私が日頃巡回しているブログの中にGREEの方がいる。
そしてGREEの場合、アカウントを取らないとコメントが入れられない。
しかも.. 最終承認は必ず携帯で受け取らなければならない。

ここ半年ぐらい、その携帯での受け取りを嫌って.. アカウントを取らずにいた。
コメントしたい時もあったが、とりあえず毎回指をくわえて見ていたんだが...
先日どうしてもコメントしたくて、アカウントを取ることにした。


私の携帯は、インターネット経由は指定しないと受信しない設定になっている。
GREEの場合、gree.jpとyahoo.co.jpとml.stというドメインを指定受信にしないとアカウントの登録メール自体が受信出来ないので設定した。

私の携帯は現在までの設定にして以来、出会い系的な広告のメールなどほとんどこない。3ヵ月に1本くらいだ。
ところが、GREEに登録したとたん、xxgree.jpとか.. greeと付くドメインから一気にそっち系メールが届く。一緒に開放したほかの2つのドメインからは一切何も届かない。

最初のうちは度合いが分からなかったので、とりあえずひとつひとつドメイン指定拒否をしていたが、なんちゃらgreeという新たなドメインが次々涌いてくる。
もうアカウントは取ったので、また指定受信を解除することにしたんだが...

そもそもGREEに登録するだけで、何で広告メールが来るんだ?
ヤフーは来ないんだよ?
とゆうことは.. 自動で送りまくるようなものではなく、明らかに新規登録をした私のアドレスがどっかしらに流れているとしか話しが合わない。

そしてこのドメインの多さ、自由さ...
GREEという会社は、結局そういう部分を商売の一部にしてるんじゃないのか!??

携帯ゲームやらSNSやらでとにかく会員を増やし... その会員向けに宣伝をする側のサービスを厚くしている。そしてその宣伝内容も.. 酷いもんだ。



私の場合、適法な上で、責任を回避出来る言い訳を準備した上で、分かっていてやっているようなものを最も悪質なものだと捉えている。
「ちょっと、これは苦情だな」と思い、企業のページに行ってみたが..
そのようなことを出来る部分がない。電話番号すらない。
“お問い合わせ”はあるのだが.. 質問内容が登録方法やら解除方法やらと指定されている。

要は、苦情を入れられる公式的な窓口が一切ないんだ。
この会社は.. 客の声に耳を傾ける気などさらさらないのであろう。
ネットで検索してみたら、どうやら“苦情を入れられないので、勝手に苦情コミュニティ”的なもの作って、企業側に読んでもらうことを願っているだけのようなものがいくつか出てくる。

やっぱそうか。
同じように納得がいかない人が結構いるようだ。

ブログ主には、GREEからほかに移ってもらいたい気持ちがいっぱいだが.. まあそれはしょうがない。
私自身は、GREEのサービスも一切使わないことにしよう。


●55政党 悪質業者指定リスト
①雪印
②楽天
③グリー


CM: 1
TB: 0
昨日はネット経由である買い物をし.. 先方が『イーバンク銀行がいい』という気配が強かったんで、そのように送金をした。
まあ私もイーバンク銀行に口座があるにはあるんだが.. ほとんど使っていないので残高がない。ネットバンキングは三菱東京UFJも三井住友もできるんでそっからイーバンクに送ろうかと思ったが、「わざわざ送金してそっから手続きってのもバカらしい」と、ちょっとイーバンクのサイトをのぞきにいったら.. セブンイレブンで24時間入金できる。

「よしっ、明日の通勤で出来る」と思い、今日入金しようとしたら..
何やら手数料云々と出てくる。読んでいくと.. 3万円以上なら無料とか、無料で利用できる回数なんちゃらと出てくる。今回の買い物はたったの1,000円.. 「これからも使うかも」と思って入れとこうとした金額が10,000円だ。通常はカード決済できるものでほとんど用は済む。いくらなんでも3万は使わないだろう。「これで1日遅れてしまってるから.. と結局手数料取られてもいいや」と思い、10,000円入金したんだが.. 出てきた明細の9,790円ってのを見たら無性に腹が立ってきた。自分の金を入金するのに.. 何でこうなるんだ?!!

ネット間同士で数値だけやり取りしてりゃあ.. 手数料がかかるケースはあまりない。しかし、どっかで最初に現物を入れる場所がなけりゃあ、そもそもどうしようもない。
イーバンク銀行(おっと、失礼。やり取りの途中で楽天銀行に変わったことを知った。)はネット専業だ。
つまりは、ネット専業銀行のくせに、他のネット銀行の存在がなけりゃあまともに使えないじゃないか!っつう話しだ。特に私の場合は、最初に言ったようにMUFGと三井住友でネットバンキング出来るんで.. じゃあ一体、ネット専業銀行って何だよ!って感じになる。
※3万円以上はタダ。そして利用頻度が多いとどうやらいいらしい。つまりは大口や固定客ならいいって話しだ。あとは郵貯でもOK。私は口座がない。

もしかしたら.. ネット間でのやり取りでは得なこともあるかもしれない。だけど、それじゃあ最初の金は必ずどっかネットから持ってこなきゃならない。

私の場合は、こういう部分をとても重視する。
もう二度と使わない。楽天銀行でしか決済できないなら、商品を諦める。

そうして家に帰ってサイトをよくよく見てみたら.. 確かに手数料がかかると書いてある。
だけどネット銀行は、「現金の入出金は店舗がないんだからどうにか対策してるだろう」とか「入金だから..」とかで、手数料がかかるって発想がほとんどなかった。

入出金

『ATMによる入金』に行く。

入出金2

カードはあるんで、『ATM』を見る。

ATM

そしたら「お!セブンでいけるじゃん。しかも.. 24時間OKだ。」ってんで、一応手数料も見た。(つもりだった。)

手数料1


そしたら、手数料の項目のトップがこれで.. “口座維持手数料”ってなってる。下が郵貯も0円。
と... この下にあったんだよ。表になってて『3万円以上は無料』って...。
『手数料』って項目で、ホントの意味での口座維持手数料が最初にくるか?証券ほか投資の口座じゃあるまいし...。



んで、実はこれだけじゃなく...
日頃から楽天のサイトには、本当にイライラさせられていた。
たしかチラっと書いたことあるハズだが..
商品などの検索で、当該アイテムじゃあないにも関わらず、いちいち楽天が上位にヒットしてくる。
それどころか.. それを無理やり楽天で探しても、結局ないことも多い。私の場合、すぐに探して見つかるものなど、そこまで真剣に検索しない。結構必死に探さなきゃ・・なものだからこそ、ホントにうっとおしい。

だから逆に、最近は楽天には無いと思いこんでハナっから飛ばして検索している。


こういうのが、今どきの経営なのかしらないが.. 私の場合、こういうものこそ悪徳だと解釈している。
楽天、ホント勘弁してもらいたい。



CM: 0
TB: 0

100万円の元手で、月収50万円生活 

さて、一般大衆に見える希望の話しをしよう。
私がえらそうに言わなくとも.. こっそり実践している人などいっぱいるんだと思うが・・

100万円あれば、毎月50万円の収入を得られる。
・・・これって、あり得ないだろうか?
いや、実はそれほど難しくない。

それはFXだ。
今年の7月から1年間、FXは50倍までのレバレッジ制限がかかる。(来年7月からは25倍へさらに引き下げ。)
とりあえず1年間は、100万円の元手で5000万円分の取引ができるわけだ。

100万円の元手で、ドルを買う。50倍というのは厳密ではなく目安で... 要は、50万ドルまで買える。
現在1ドル=91.86円
これが1ドル=92.86円まで上げれば、1ドルあたり1円もうけになる。
50万ドル買ってるから、実際には50万円のもうけになる。

つまり、100万円の元手で、月たったの1度だけ.. 確実に1円取れる機会に指せば、月収は50万円になる。


簡単に言うと、メカニズム的にはこれだけだ。
但し、為替は世界中のそっこらじゅうで専門家が売り買いをしている。それに輪をかけて.. 実際にその通貨を決済しなきゃなんなかったり、リスクヘッジの保険のようなものが値段に影響したりしている。
シロウトにそれが出来るのか...
やってる人なら分かるだろう、それはそんなに難しくない。
シロウトにも確実に1円取れそうな(指せそうな)場面など、月1回でいいなら必ずある。


ここでちょっとリスク方面だが.. 100万しかないのに月収50万は簡単だということは.. 50万減らすこともまた、簡単なこと。月2円取れれば100万取れる。逆に言うと、2円をたったの1度だけでも損すれば.. 強制的に決済されて100万円はパーになる。
そんなギリギリな勝負のようではあるが... そんな中でも確実にいけるタイミングはある。重要なのは、確実なタイミングまでこらえること。それだけのことだ。

そしてもうちょっと細かくいくと...
何も1円取れなくとも、30銭を3回取れれば、50万以上になる。
30銭取ると、15万の儲け。そして次に張る時は元手が115万円になっているので、55万ドル買える。そこでまた30銭取る。そうすると16.5万円のもうけになる。そして65万ドルで30銭取ると.. 151万円になるわけだ。
要は、複利なので.. 刻んで取った方がより取れる。だけどその分、刻んで損した方があっという間に資金が減る。
安易に指すことだけが要注意だ。

月のうち3度だけの、30銭のチャンス... これだって難しくない。
「難しくない」とは、確実に取ることに対してで.. 30銭取るだけのことに対してではないんだ。
但し、1年後には半分しか掛けられなくなるので.. 元手を膨らましておくことが重要だ。


そして少し肩の荷が下りる部分がある。
為替とは、大方上げ下げするもので.. 要は値上がったとしても、大概は戻ってくる。(今どきのユーロのような環境はそうではないが・・ その分逆に行方が見えやすい。)
「もうすぐ下げる!」と思ったのに.. まだ上がり続けてるとしよう。それでもほぼ下げが確実なら、じきに下げてくる。ちょい上げての1円下げなら、1円のチャンスだったが.. 20銭なり、50銭なり儲け幅が減るだけのことだ。
まあ数値上は、2円まで予測が外れてもそのまま持ちこたえることができるが.. それは実際には予測が外れてるってことなんで、万が一読みが外れた時は直ぐに決済してしまうのが無難だ。
...と、そのように、適当に張っていては中々儲けが出ない。
大事なのは、確実なところでヤることだ。
そしてそんな機会は、1カ月に1度や2度ではない。そのうちのさらに1回だけでいいのだから.. それ程難しいことではない。

30銭の件と掛け合わせて考えると、つまりは確実に思える1円のチャンスは.. 自分にとっては確実に50銭取れるチャンスだと思っておけばいい。(複利なんで。)


元手の100万円はそんなに難しいことではないだろう。
プーが今から月収50万の仕事に就くのは、猛烈に難しい。しかし、100万貯めるのはアルバイトでも十分可能だ。
但し、貯めるのに今から1年かかっていては.. もうレバレッジ50倍は間に合わない。
そんな人は、7月まではレバレッジの規制はないので(言っても100倍200倍がせいぜいだろう.. )そのほんの1.2カ月を練習代わりに、元手資金を膨らますバクチのような機会に充ててもいいかもしれない。

株で暮らしてる人は実際結構いる。だけどその人らだって、信用取引は通常3倍で.. 1000万の資金で月たったの3%を確実に取るようなことをしている。3000万の3%なんで、月収90万。それが実体だ。
なのでメカニズム的には大して変りがない。

実際にそのように私が取り組んでいれば.. もっと胸を張って主張できるんだが、とりあえず「私がやってるわけじゃない」と答えておこう。




最後に.. これは既にFXやってる人向けの話しで、疑問に思ってる人結構いるんじゃないかと思うけど..
USD-JPYなり、EUR-USDなり、EUR-JPYなり.. それぞれにそれぞれのチャートなり材料なり値動きなり追って、売り買いしてるとして...
じゃあ、ユーロでドル買って、そのドルで円買ったら差額が出ないのか?って思いませんか?
週末の終値&標準の手数料(スプレッド)で計算してみると、
1万ユーロ→1.2366ドル→114万3千円
だけど、1万ユーロは1,142,920円だ。差額はわずか80円程度だけど..。

FXでは、買ったドルなりユーロでまた別の通貨を買うことはできない。
しかし、メカニズム的にはそれが出来ないわけがない。
つまり、システム的に自動でやり取りしているような金融機関などでは、何も値段に指さなくたって.. その差益だけ自動で拾っていけば利益が出る。
というか.. それぞれ1対1で取引されてるのに、相対的にどれもほぼ同じ(整合性が取れる)値段に落ち着くのはおかしい。(“その差分を埋めるであろう”狙いで差額が埋まることはもちろんあるだろうけど..。)つまり、実際にはそうやられているんだと思うんだが.. どうですか?



CM: 1
TB: 0

▲Page top