55政党

[ 何を選ぶのか.. どうやって選ぶのか..   いや、それ以前に選ぶことができないことが問題だ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時事ネタを久しぶりに..

私は、もうここ1年以上ろくにテレビを見ていない。
見た回数は数えられるほどだ。

そのおかげもあって、納得のいかない世論の盛り上がりを目の当たりにすることもなくなった。
ところがここ数日は、ネットのほうでも分かるトンデモが連発している。

①大学入試のカンニングに対する国家公安委員長の言及。
②前原さんの偽装or外務省圧力による辞任。
③そして今朝がた目にした日テレ会長の考え方。


①については、大騒ぎをすること、そして逮捕することよりもむしろ、私は国家公安委員長が言及したことを深刻だと捉えている。
日本では警察に多くの自治を預託しているが、その分その組織が独り歩きしないか、もしくは政治(国民サイド)からの要望などを盛るためのセクションがここにある。
そのようなポジションにありながらあまりに情緒的であり、短絡的な指示が出る。その深刻さは計り知れない。
受験生逮捕に関する政治サイドの責任は、国家公安委員長に帰する。

そしてこの件で日本が真剣に取り組まなければならないことは、入試よりも卒業クオリティを問う傾向にしていくことだ。本当に責めなければならないのは、大学の価値や意義にある。

ここにきて、ベンチャーを多く輩出することが出来るような大学などがあれば、とっても魅力的だろう。



②について。
これは、どういうわけだか外務省筋から多くの前原さんガセ情報がリーク(いや、ガセなんで本来はリークと呼べないが)されているという話しがあった。
なので、基本的には役人サイドからのNO!or政権撃沈へ向けたミサイルor自ら引くための舞台づくりの3択で考えるべきだろう。

ところが、これに対し「差別だ!」発言が湧いてくるところが、いかにも民主政権下的社会だ。
差別の多くは、それをわめく側自らが作っている。

それとも.. 実際にテレビなどでは、そっち方面の話題が盛り上がっているのだろうか..。



③について。
氏家齊一郎・日本テレビ会長――地上波テレビが強い日本では、ネットは脅威にならない
*****東洋経済

まず何よりも深刻なのは、この東洋経済サイドが付けているタイトル。
基本的に対立構造で考えているということが良くわかる。

その上で内容だが...
この方は日テレどころか民放連の会長もやっているようだが、あまりにも酷い。
話している内容が、どっかその辺の学校の教頭先生くらいのレベルだ。
テレビ局というのは、皆そこそこ優秀な大学を出ていて.. 昇進するにつれてどんどん頭が劣化していってしまうんだろうか。

ただ単に、硬直化そしてディフェンス意識重視でこのような発想に凝り固まっているのだとしたら..
それはもう、老害でしかない。
メディアというセクションが負うべき役目を束ねるものとして、不適切だ。
メディアというのは、新規参入しようが、手荒な手法で乗り込んで来ようが自由・・ そのような気質でなければ..。


ネットはインフラであり、テレビはコンテンツ。相対するどころか、それはネットに乗っけるべきものだ。
ネット視聴を簡易登録制(ログインして見るもの)にすれば、視聴率どころか、視聴回数・視聴人数・視聴者層まですべて一目瞭然。
さらに、ある程度残しておけるようしておけば、放送時間帯と視聴者層のギャップも埋められる。

広告主と視聴者にとって、何一つ損のない取り組みだ。
但し、テレビと録画機が売れなくなる。まあ今どきはHDD内臓型が多いので、テレビの売れ行きが下がる程度か..。


スマートフォンの拡大は「ネットを携帯で済ませる」層が拡大しているのではない。
携帯のネットも、通常のネットと同じものが必要だということだ。

いい加減、インターネットを道路や水道なみに必要なインフラであると認識しなければならない。

今必要とされているインフラは道路ではない。
光の道だ。だがしかし、相変わらず道路は作られ、光の道は開かない。
これから拡大していくのりしろを残す分野が妨害され、もう大していらない分野にのみ資本が投下されている。
だからこそ、経済が停滞・閉塞しているんだ。

そして余談だが、道路や鉄道というのは、あくまでも地方が都市部に吸い上げられていくメカニズムであって、地方を活性化させるものではない。
現実をただ素直に見るべきだ。道路や鉄道を敷いた結果、衰退していくのは地方のほうだ。



民主が今のこのタイミングからでも乗り切るには、大きな政策しかない。
大きな税制改革、大きな社会保障改革、大きな地方分権 そのいずれかを強く推し進めていくという明確な意思が感じられる行動を取るべきだ。

大きな政策には当然、抵抗勢力が現れ、今現状では自ら行動を起こさずオイシイところだけを得ようとしている層もむしろ、つぶしにかからざるを得ない。
そうなってからの統一地方選突入はむしろ、チャレンジャー的立場感が強まる。

そうは言っても、実際に成し遂げて欲しいわけだけれども。


スポンサーサイト
  1. 2011/03/08(火) 11:10:19|
  2. 今日のニュース・話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NTTはサイテーだ!!

光の道は頓挫したようだ。
そして相変わらず池田信夫さんは、その頓挫を「それ見ろ」とばかりの態度を取っている。

だがしかし、それは大きな間違いだ。


使わない光になんちゃら・・
競争を阻害云々・・

違う。全部間違っている。
いや、大事なところだけ間違っている。


重要なのは、今の現状から誰一人損することもなく、企業自身にとっても単年黒字化する案を提示されて... 実質独占企業はそれを逃げたんだよ。

これは政策じゃああない。
いち企業にできることだ。

電波行政や無線分野の妨げになると危惧する.. あたかも自由主義陣営かのような物言いは、実際にはむしろ計画経済的発想なんだ。

誰にも、今より明るい未来が見える。
しかも、損する人などいない。
その現実を、現実を一発で打開する手段を、NTTは逃げたんだよ。

そんなどうしようもない企業に、私たちは引き続き独占されている。
なお一層、金など払いたくないじゃないか!


現状無線の通信料は高い。
しかし、ネットワークを持ち運べるし、家でも使える... などと自分に納得をさせて、実際にはそれほど利用頻度が高くないのにそっちを選択している理由は、有線は動くきっかけへの敷居が高い意識があるからだ。

現状無線方面が発達してきたのは、むしろ有線への敷居が高いことにある。
そして、そういったものを積極的に活用していこうとする層というのは、賃貸、引っ越しなど.. 自分の意志と金以外の懸案事項が存在しているため、工事を頼むことも大きなネックとなっている。

私はチャートを見るためだけにブックPCを買ったが、実際にはロクに使わない。
立ち上げ→接続→サイト で結構な時間を食う。だったらとりあえず携帯で見てしまった方が早く、ネットブックは分析など完全に普通のPC用途での代替にしか使えない。
そして、通信速度は上がっているが、常時接続じゃない。いちいち一度繋ぎに行く。
しかも、バッテリーが持たない。
なんだかんだ言ったって、ネットブックは大して使えないんだよ。
「軽くなった。」とは言うが、実際には重い。
ネットブックの隆盛は、実際には“端末100円”というお得感や敷居の低さでしかない。

そして実質、家で2日に1度小一時間程度しか使わないとして... それでも結局ネットブックよりは使っている。固定は、圧倒的に使われているんだ。

何だかんだ言ったって、モバイル機器の発展は... それは別物だ。
それは発展しているコンテンツで明白。
Youtubeだってツイッターだって2chだってブログだって、どれもホントはPC画面の方が良いに決まっている。そして操作が不得手だと思い込んでいる人もいるが、操作も実際にはPCのほうが明らかに簡単だ。


総務省は通信費云々で逃げたが、ホントに通信費が高いだけというのなら、今現状で既に有線のほうが安い。

光の道構想というのは、電気・ガス・水道の基本インフラの中に、光ファイバーも含めようということ。
確かに、理屈的にはそこだけ民間企業が行うことにすっきりしない部分があるが、それは今が既に独占なのでどっちみち理論的には不自然だ。(修正)やいや、水道以外みんな民間だったね。
そして、国庫も使わない。NTTは借金を増やすが単年は黒くなる。


そんな素敵でオイシい話しを、ディフェンスだけで逃げた企業... そしてそこに引き続き独占されている側の心情って分かるか?

どーしようもないんだよ、NTTは。
そして、偉そうに屁理屈くっちゃべってる側も、全然わかっていない。
今と比べて『やらないよりやったほうが良いもの』を、採用しない理由なんてないんだ。

固定電話だって、今じゃあお飾りだよ。
対外的な信頼のためにつなぎ続けているようなもの。
それでもそっちは.. インフラなんだよね?

  1. 2010/11/26(金) 11:09:44|
  2. 今日のニュース・話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディフェンシブ&ネガティブな話題や発想ばっかりなんで.. 気持ちいい

はてブのランキングに上がっている記事。
本当は凄い 日本の底力 ---現代ビジネス


このところホントにテンションを下げる系な発想ばかりが目立っていたので、大変に心地よい。
そもそも、株屋やビジネスマンの一部は「景気不景気は気の持ちよう。」だとホンキで思っている。

結局は、今の時点から攻めるか?守るか?しかない。
良かった時代を思い浮かべたって、寝つきが良くなる以上の何の効果もないんだ。
ということは、政治やメディアが取り組むべき大きな仕事として..
「なるべく攻めさせる。」ということが重要になってくる。

マイナス発想の巣窟政権は、どかがダメとか無能とか... そんな実際に実際に五十歩百歩でロクに使えない指針よりもまず、そのような発想法が大きくモノを言っているんだろう。



ちなみに..
ここ数日そっこら中でTPPTPPとうるさいが、これはそもそもアメリカが成長するアジアを同一経済圏とするための方策ではないのか?

日本が!日本が!言う前に、その枠組み自体の話題を聞きたいものだ。
第一『今回の交渉で盛り込める者などロクにない。』とも聞く。
今話題に乗っけても、何もかも手遅れだろう。
つまりこの話題もまた.. 菅内閣批判以外の何物でもないってことだ。


  1. 2010/11/10(水) 17:41:02|
  2. 今日のニュース・話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いやいやこれは真剣に... 日本を沈めようとしてる

今日も細かいニュースに触れる程度。

まず昨日からはてブのランキングに上がっている...
FXニートだけど質問ある?  ---あじゃじゃしたー

スキャルピングで1000万を50億に増やしたようだ。
なんだかんだ言ったって... 相当マメに働いてると思われる。

そして池田さんが投資の話しなど..
恐ろしいのは円高でもデフレでもない ---News Week

海外ファンドは、「1億預ければ年10%は確実に持ってくるところがある。」とかいろいろ聞くけれど... 池田さんの預託先はきっと手堅いんだろうと妄想する。
学者さんらしく、実効レートと名目レートの差から為替を占っているが.. であれば逆に、今までのギャップがその有用性を否定することになる。
マクロ的にはそうかもしれないが、実際に動いてる値段はまったく別世界の要因で動いているということだろう。

もしホントに「今が底」ならば.. この後もう一段の円高が来る。
それはFXでも原油でも不動産でもいいのだが...
市場を動かすリッチマンらが売り抜けるための動きは必ず存在している。

そもそも、上げる資金の循環が下げる資金の循環よりもわずかづつでも上回り続けている限り.. 値段は上がり続けていく。そのほんのわずかづつの差額が逆転するだけで... 下げに転じる。
なので実際は、そんなほんのわずかな何かによって流れは変わるんだ。

欧米にとって、今日本をつぶすのは早すぎる。
もうちょっと時間が必要だ。
逆に言うと.. 今はその体制のための準備期間でもある。

但し、「あと数年で、国債を外部に買ってもらわなきゃならなくなる。」については.. まだまだ妙案は隠れている気がする。
問題なのは、現行政府と行政がその危機感の上に立ってはいないことだろう。

政府債務のうちの結構な額は、実際には政府系組織が持っている。
これはつまり、相殺は不可能ではないということだろう。
JPは含めない。JPは国債利息で食ってる以上、そのタネ銭を取り上げるわけにはいかない。
それでもまだまだ十分。『特会の埋蔵金の正体は国債』というやつだ。

そしてそのメカニズムと民主党は相性が良い。
自民が作ってきた秩序は、その特会で作った市場と、それを橋渡しする部分から資金を吸い上げるメカニズムだ。
しかし民主は、それをそのまんま雇用に結び付ける。
その上、今度は契約社員をガチガチにしたいらしい。

ikeda1015_2.jpg

おっと、これは民主じゃなくて、厚労省だった。
公的機関はただでさえ契約社員を多く使っている。
批判の矢面に(事務の最前列)に立たされているのも契約社員、わざわざ古いシステムを使い、ミスが上層部に響かないよう.. 非常に回りくどく、穴がない事務手続きの流れを強化し、さらに人員を増やす。
それは55では行政府の行政回避といい.. 職務怠慢でしかない。
行政が、人間のジャッジによらず、誰にも公平な書類手続きでよいのならば本来は電子システムだけで済んでしまう。それを活用するための案内係として人間が必要なだけだ。

話しを戻す。
通せるのか通せないのか知らないが、とにかく民主はこの期に及んでさらに労働市場を膠着させ、そして公的セクションの拡大を志向している。

事業仕分けをしてるそばから、公機関拡大をしてどうするんだろうか?
民主は、どうやら本気で、日本を沈めようとしてる。
もしくは、ホンキで自分らの党の崩壊に向かわせている。

さらに輪をかけて、大衆世論とやらが.. 自分らのほんのちょっとした正義心がそれを支援していることに気付いていない。

もういっそのこと....
金利を本当にマイナスにしたらどうだ?
なので銀行はみんな信託銀行にしなきゃいけないが。そして普通に決済のための口座は当座預金として金利なしにする。そして保護する。

何かしら投資に向かわなきゃならない預金は、みんな新興国ファンドとか開発研究ファンドみたいなものに引っ越し... 政府で食ってく体質を自ら撤退していけばいい。
そうすれば、国が破たんしても国民は新興国や先端技術で食っていける。


大インフレが来るまで、借金しまくってせっせとモノを買い占めておかなきゃね。
そのサインは何だろう...
政府が国債引受先を真剣に工面する頃だろうか.. ちょっと考えよう。


それとかなり余談だが...
香川「四国の乱」 53P乱交パーティーはこんなにエロかった (ゲンダイネット)

こういうの逮捕してどうすんの?
見せしめ行政の典型か?
これって犯罪?

そんなことしてる暇があるなら、援交をひとりひとりせっせと捕まえていけ!
あ、買う方のみね。
おとりをアリにして...。

  1. 2010/10/15(金) 13:26:46|
  2. 今日のニュース・話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JPエクスプレス、FD検事ほか

まず.. 一晩明けてもJPエクスプレスの記事は見当たらない。
『特別清算』というのは、大したものではないのか?

この記事が出ないということに不信感を覚える。


そして相変わらずFD検事の話題が上がり続けているが..
FDの返却理由、前田元検事「公判に出さないと考えた」 ---朝日

公判に云々とある。
この公判での注目点はあくまでも、『倉沢という人物と民主・石井さんとが接触していないことを調べていたにも関わらず、調べてない体でつながりがあることを匂わせたまま話しを進めた検察』にある。

そっちは.. 話題にならない。
まあ、確たる証拠があるわけでなし...。


それと、池田さんがアツい。
まずツイッター。

ikeda1015.jpg

「世の中には闇に葬られる事件が立件される事件の100倍くらいあり・・」
ん゛ん゛~ そして記事も。
MIAU「後見人」になった公文俊平の正体 ---池田信夫

まあ、今の流れで“特捜”なるものの手足が縛られる方向へ危惧している。
実際には、制度云々の前に... 目的のために手段を捻じ曲げる当人らが悪いんであり、そしてそのように法律の隙間をのさばり続ける当人が悪いわけだ。

制度を変えるならば、まずはそのような各個々に手が伸びるような制度に変えていかないと..。
現にこの公文という人は現在まで影響力を行使できていたわけだ。

制度や組織に目が行くこと自体が問題を産んでいる。
確かに、必要なところにこそ手を伸ばすシステムだと、冤罪を産みやすい。
しかし、今は国民目線でおかしいと感じるものは... 強制的に裁判ができるんだよね?確か。
ならばオープンにしてきさえすればいいわけだ。


とりあえず、政治はいろんなところに公金を流し込む作業...  NHKに限らず、公金を入れるならば、国民が知ることができる権利をセットでつけるようにしよう。大学とかも。

そしてそのような先が起こした不利益は.. 
“国民の代表”なる人が訴えることができるんだよね?確か。
ならばオープンにしておきさえすればいい。


ネットでは... 白黒確定しない段階から話題に上げ、議論することができる。
既存メディアは公権力なので、そのような動きはし辛い。



  1. 2010/10/14(木) 09:51:32|
  2. 今日のニュース・話題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

55政党

Author:55政党
【一般市民の側から政治を考える】
政治家や専門家を向こうに回し、あくまでもそのシビアな内容に切り込むことを目指します。

フリーエリア

ランキングに参加してみました。たまにでも押してやって下さい!

人気ブログランキングへ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
お知らせ (1)
今日のニュース・話題 (82)
外交・世界 (20)
経済・財政 (45)
教育 (14)
雇用・労働・人事 (20)
行政・地方 (14)
国会・立法・政府 (18)
法律・司法 (6)
官僚・公務員・公的法人 (30)
世論・識者・議論 (104)
市民・国民・大衆 (18)
民主主義 (25)
日本大好き陣営 (4)
安全・安心・人権・平等 (11)
自由主義 (7)
政党・権力 (49)
政治家 (10)
成長・失敗・葛藤 (5)
目的と手段・心理学・アイデンティティ (7)
価値観・倫理・道徳・宗教 (5)
人生方面 (16)
日本スタイル (20)
存在・時間・機会 (4)
モーニング娘 (12)
映画ほか (9)
医療・介護 (6)
メディア (25)
企業・事業・ビジネス (18)

RSSリンクの表示

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。