7年経ちました

55政党というブログからの

雇用の話し、そして公務員の話し、もしくは年金や世代間格差の話しでは...
皆当たり前に60歳と出してくるんだが、求人広告打てば一発で人が集まるようなメジャー、新卒で基本賄う大企業のようにはいかない中小企業は、職安に求人募集を出すたびに、毎回定年を65歳にするよう指導を受けている。

つまりはホントは法的には65歳定年でいくべきなんだろう。

ところが、公務員は60歳定年のままというじゃないか..
60歳定年の組織に、65歳以上にせよと指導を受けているのか?中小は。

まあ、そうか。公務員の場合は、高い年金負担も給与負担も公金。
んなら給与より年金のほうが負担は低い。



大事なことは、まともな業界団体も労働組合も公権力も持たない、中小零細個人事業主を中心に考えていこう!
ということだ。

ネット界隈で語っている方々の多くは、そんな組織に属していない人が多いのだろう。
ではなぜ、大企業を語り続けるのだろう。
図式が分かり辛いからだろうか?

話題に入るためには、やっぱりそのようなラインを作るのが先なんだろうか..。
結構するどく語られている方々は、あくまでも日本全体としてとらえ、一部受益者の代弁などしてはいない。
なのに... どういじろうと、今現状で十分満たされている分野が世界のすべてかのように語られている。

そこを強く意識するとき... やはり政治というのは、既得権益を保護するメカニズムなんだと感じる。


まあ、中小零細と言っても.. 土建業方面の労組は、あれはかなり新しい建物も目立つし勢いを感じるから、土建系はもしかしたら今やそういったラインを持っているのかもしれないが。


率直な話し.. 私は明治だ。就活当時はちょうどバブル崩壊直後だった世代なんだが、一応当時でも明治は“まあまあ”な評価だった。だけど.. 就活のザックリとしたラインは1部並~2部上くらいがストライクだった。
金融は、「銀行はほぼ無理だから生損保を行け!」ってのが基本だった。

世の中には明治より評価の低い大学など腐るほどある。
今語られている雇用や社会保障の世界観に入るような大企業に勤めている人は.. いったいどれくらいいるというんだろうか?
テレビ世論に動かされているらしいお茶の間の方々は、じゃあ自分の旦那も.. そのような大企業に勤めているのか?

※学歴ヒエラルキは55では批判している。ただ、当時はそういう世界だったんで、こう表現している。


大企業vs連合vs弱者保護!陣営の戦い...

みんなちょっともう、無理があると薄々感じてるんじゃないのか?
その世界観を全体に適用しないでくれ。
中小零細は、そもそも人手不足だ。
もしくは、ファミリー(広い意味)で必死に小さく粘り続けている。

派遣社員とか契約社員とか、高給取りが居座るとか... 関係ないし。
あえていうなら、中小零細こそ人材派遣は武器になっていたかもしれない。
ただ.. そんな企業は連合(系労組)からお声もかからない。
その世界は、政治チャンネルに届かないんだ。

では、そんな中小零細に勤める方々の世論は?
テレビで語られる内容は、自分と関係ない世界じゃないのか?
なのに、乗っかる?!!


景気不景気の調整弁(吸収弁)は、中小零細個人。
そして従事人口も恐らく、圧倒的に多い。
なのに取られる施策は.. 大企業や公機関周辺。

だったらせめて、世論とやらに安易に乗っからないことだ。


地銀はそんな小さな個々に横のつながりを設け、大企業でない小さな個々のネットワークとして束ねて、地域の発展を目指していくべきだ。

さらに、観光だ農業だサービス産業だと言われている分野の多くは、中小零細個人。
観光と農業は、現状地方政治と密着している。
これからは、そこを離れていかなきゃならない。が.. 公的法人の乗り込みには目を光らせていかなければならない。
彼らは常に自分らを正しいと思っているが、結局うまくいっていることなんてロクにない。


おっと.. 話しが逸れていくようだ。
とにかく、テレビで問われていることが、自分らの世界と関係がないんだから、安易に乗らないことだ。
小さくてバラバラな一般大衆には、世論とやらにしかチャンネルが残っていない。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

新卒後3年以内てぇ.. 

今日のランチで朝日を読んだときにトップで出ていた。
新卒・既卒の雇用対策、政府特命チームが緊急政策を決定 ---朝日

発想の根本が間違っているが、もうちょっと掘り下げると..

卒業後3年以内の人を支援することで、卒業後4年の人は一層厳しくなる。
国政は、しょせんボリュームを稼げればそれでいい。
卒業後4年の自分が切実なのは.. 自分しかいないんだ。
自由主義の教科書には、「保護はあらたな既得権益を作っているだけ。」と出ている。
弱者保護的発想をする人間が間違う典型なパターンのひとつだ。

日本経済は、若者の雇用と消費が上がればそれでいい。
結局国は他人事だ。自分の身を真剣に案じているもしくは、大学出たら何が何でも働かなきゃいけない学生は、早くから自力で対策を練っているでしょう?!それこそが、真の現実の姿。それ以外のその他大勢は、別に働かなくても何とかなるか、“今を生きて”いるんだろう。果たして、そこに手を差し伸べるのが政治の役割か?

また、ジョブサポーターだキャリアカウンセラーだかが.. 自分らの周りで一体どれだけ役に立ったというんだろう..。
みんな、裏口からでも自分だけは入りたいんだよ。公的な立場に一体何が出来ると言うのか?


ここでは何度も言っている。
大学出て就職できないようじゃあ.. 就職できる教育をせよ!っつうことだ。
それでもなおこぼれるときは、初めて学生自身や企業の環境に手を入れるべきだ。
そこを直していかなきゃ、いつまでたっても日本の人材は枯れっぱなし。
企業に問題があるんだと確信しているならば、自分が“そうはならない企業”を作っていけばいい。

歴史は日々重なっていく。当然、社会は積み上げた経験や新たな学説を元に、教えていく内容を更新していかなければ話しが合わない。
実際の講義は... まさか今まで通り、全部古典ではないだろうねぇ。
今では、BIS規制だって、ISOだって、IT方面だって... いくらでも大学時点で教え込むことが出来る。
何ならフランチャイズだって、中国進出だって、コンプライアンスだって、Pマークだって。
今はマネジメントやオペレーションがいちいち規格統一されてパッケージになってる。

これから学んでおいて、自分の職業に活かせる知識を身に付けられるようになるのが、本来の大学だ。
教育分野の消費を縮めないために存在してるんじゃないんだよ。
しかも、雇用も企業も家計も.. みんな切りつめて取り組んでいる。教育分野だけ質が問われない上に、資金が流され続けるのは... どう見てもおかしいでしょう?!!



※字を間違えまくりなので、気付いた時点で直してってます。



CM: 1
TB: 0

看護師から始まる短時間正社員 

日本看護協会は、短時間正社員導入を強力に推進していているようだ。
元ネタは... ない。
が、医療寄りな私が肌で感じているような情報。

実際に導入している病院は知らないが..
管理者クラスの研修・講習では、かなり導入を進めている。


内容的には.. 事前に想像が付いていたような範囲。
●時短でも、日数少なくでも、どっちもOK
●無期雇用、退職金あり、育児休暇あり、昇進あり

ただ.. 眠っている人材を掘り起こすのはいいけど、こんな現状だからこそ何とかフル勤務に踏みとどまっている人らをそっちに向かせてしまうのではないだろうか..。
まあ、それが例えば人員(稼働)的に±ゼロであったとしても、ナース個々のワークライフバランス自体は向上する。
それが好循環を生むのであれば、中期的に見てプラス側だろう。


ここで看護師に限らず、全般的なことを考えていくときに問題となるのが...
年俸制の導入で既に退職金制度を廃止している企業が増えてきていること、そして社会保険の問題がある。

それと.. これはプロフェッショナルであるから実現し易い。
先日、『イギリスなんかだと労働時間を半分に減らしても(正社員からパートに切り替えても)サラリーも半分になるだけ。その待遇の割合が労働時間以上に落ちる環境が理解できない。』という記事を読んだ。
この同一労働同一賃金的、もしくはオール契約社員的発想、プロフェッショナルの世界の人材派遣が定着しているような環境.. そのような下地がないと難しいように感じる。
さらにはつまり、総人件費をそのままオンタイムで払ってしまえる環境があることも重要だ。


代替が効くような労働力と、その相場に見合った賃金であることに手を加えるのも得策ではない。
第一まず、日本では権利ばかりを主張するような勢力(もしくは“方々”)に、ワークライフバランスや同一労働同一賃金の主張が多い。ところが.. この雇用形態で見合う層というのは、プロフェショナルな仕事だろう。そのような方々は、ワークライフバランス云々を犠牲にする環境がある。そしてそんな方々のアルバイトや派遣は.. そもそも正規雇用と時間当たりの給与が変わらない。
(まあそれも実のところ.. 市場価値に見合った単価であるからだろうけど。)
また、プロとは言えないまでも.. 中々やってくれる人間を引っ張り上げてきやすい環境があれば、それはいくらか可能で.. つまりは、雇用を法律ガチガチで縛るんではなく流動性を確保しておくことが重要だ。

この矛盾する環境がコトを進展させない原因であるのだろう。
(主張する側に見合わず、主張しない層に見合う内容。)


そのような状況において、プロフェショナルな職種から始める短時間正社員は中々の好手だ。
そして、年金の徴収をなくす社会保障制度が望ましい。(短時間正社員はここが難しい部分になる。)
退職金は、再出発と住宅ローンなんかに絡む。
そこを考えるとき.. 機関投資家の無能力と怠慢がにわかに頭をよぎる。
話しは巡り巡って.. 思いがけず生保だ。(自分でも考えてもみなかった。)
まあ、銀行や投信でもいいか。

日本では、どうしても底辺層へのケアに発想が行ってしまう。
しかし、ここで話しを進めていくにつれ.. 問題なのは、優秀な層がその能力を生かし切れていないことがコトの発端になっているように思えてくる。

そういう意味でも、官僚や金融機関の作る秩序は、一旦壊さなければならない。
そして底辺層へのケアについても、日本では世界に比べ特にこの層にも生きがいが多いのは間違いない。日本でモラルが低いのは.. 底辺層とはいいきれない。その辺こそが、日本人というものが人種的に評価されている部分だ。
但し社会保障制度は、実はそんな民族性に支えられた.. 大変不適正なものだ。日本では、“まとも”にやっている人は救われない。

なので、社会保障も最低所得保障で間違いない。
日本では、まともな人らに政治的チャンネルが存在しないために.. そこを推進するチカラが働かないんだ。

私たち一般大衆は、下らない世論に踊らされていないで.. ちょっとはまともに考えるべきだ。
そして今の世は、なまじっか政治に興味を持つ人が増え、無党派層が第一党... つまり、利害云々にとらわれることなく、本質的なことをまともに改善していくまたとないチャンスな時期でもあろう。
このような時代がいつまで続くのか分からない。
出来るうちに、やっていこうよ。


CM: 0
TB: 0
先ほど新卒の件を取り上げていて思ったんだが・・
近頃また目に耳にするようになったオランダ型雇用対策.. 要は短時間正社員、これは雇用対策というよりも、サービス産業分野に限ってはむしろかなり歓迎すべき形態なのではないだろうか?

自分で言ったように、サービス産業分野の現状は.. 倒れるまで働く。少ない正社員、多くのパート・アルバイトで賄い、つまりその穴埋めは社員が行う。
この残業が支払われているかいないかは私は知らないが、

①もし払われているとするなら、わざわざ割増を払うより1人雇った方が割安なのは明白だ。
②また、そのようにシフトの調整を社員で行うなら頭数が多い方がやり易い。
③そもそもこの分野は営業時間・稼働日が多いために、シフトで稼働するよりない。
④そしてファッションセンターしまむらの成功事例に限らず、パート店長状態のところも少なくない。

どう考えても.. 短時間正社員の活用は相性が良い。
但し、パート店長を正社員に引き上げるとすると.. 結局その店舗と共にしか雇用が成り立たない部分はリスクとなるので・・ そこへの対策は必要だ。
なので新卒やレギュラーバイト層が一番合致する。しかしそれだと頭数を増やす分寮費負担が増えるが・・ 初期費用さえクリアすれば、あとは精々月5万だ。

例えば週休3日で変則なシフトであっても、1日の拘束を短くする代わりに週6日勤務になる時もあるでもなんでもいい。
労働環境の改善、自由な時間の増大、目先の目標が明確、名のある企業である... そのような要素は新卒やレギュラーバイトの方々こそ相性がいい。
あとは「実際には猛烈に働かされる」という風評を取り払えればいいわけだ。

その代わり給料を減らす。
正社員を2種類に分け、そのような時短社員の上に今までのような正社員を配置する。
そうすれば、そこにモチベーションが発生する。
そっから先は、業態変更分野への進出なのか、FCとして独立させるのか.. それは知らない。


特に飲食チェーンほか接客分野においては、マニュアル運営&本部指令によって、とんでもなくレベルが低い。
恐らく.. サービス業のカガクを用いてないことが原因だろう。このような分野のカガクの多くは、製造工場のカガクだ。上層部は恐らく、サービス業とは?ということすら理解していないだろう。

外食産業は萎んできているような記事を読んだこともあるが・・ 家族がどんどんバラバラになっている以上、頭数の絶対数は減っても割合は増えている。
昨日はホテルのサービスについてちっとも分かっていない経営者のブログにコメントを入れたが.. そのように、日本ではまだまだサービス業のカガクが足りていない。

ここに若者の作るべき未来はある。

とりあえずしょうがないので何が分かっていないのか一部紹介しておこう。
今どきのサービス業とは、「こんな部分が足りないからこんな活動をしよう」「お客様第一主義にしていこう」とか.. 上から一律で指令が下ること自体に問題がある。
それこそが、サービスを提供する側(つまり自分たち側)目線でしかない。言ってる内容が“お客様目線を!”で、やってること自体が自分たち目線なんだ。

お客さんというのは、そこの商品が大変気に入っているからくるだけの人もいれば、雰囲気を気に入っている人もいる。静かに過ごしたい人もいれば、話しかけて欲しい人もいる。または、そういう気分でないときもある。
利便性のみできている人もいる。捨ててしまうハンバーガーを半値で売って欲しい人もいれば、でき立てしか好まない人もいる。
本部と言うのは、それをわざわざ客層もしくは性質をピックアップして、効果の大きそうな部分に対策を施す。
...だから、「理由は皆それぞれ何だって!」って話しだ。「何故押しつける?」そういう話しだ。
立地条件を重視する以上、固定客の獲得を無視できない。であるならば、答えは現場にあるんだ。

一律の商品を提供する。どこに行っても安心.. それらは製造工場のカガク。
第一、今どきの日本で安心・安全面を心配して外食などしていない。そりゃあゴキブリくらいいるだろう... それは分かっていたって、実際にはそんなこと気にしていない。それは、運営する当人ら自身がその辺を心配になる手続きを踏んでいるから、そこを意識した主張になってしまう。
要は.. 自意識過剰なんだ。

近頃は、無農薬野菜だとか有機農法だとかをありがたがる傾向が高いが・・ それは過剰に食品の安全を叫ぶ姿勢と相反している。小規模事業者の多くは、そのような面で対策など打っていない。
小規模事業者は、評価が即跳ね返ってくる。そしてひとりひとりの重要度が違うから、何がリスクか分かっている。要は本当のラインを分かっている人が直接手を下している。
大規模事業者は、一部の不評で全体に影響を及ぼしてしまう。なのでリスクマネジメントは小規模事業者とは比べ物にならないくらい行き届いている。但しシロウトが安易に判断することも多いので一律の統制を効かせなければならない。

いずれにしろ、問題は目的のための手段の選択にしか係っていない。
“大きくしたい”という強い意志があるせいで、ろくでもない手段を選択したりする。
...そんな話しだ。

サービス業の現場個々のカガクの第一は、まずはそのような顧客の望みを“察する”ことにある。
そして次に、こちらからアクションすることにある。
つまり洞察力を磨くことと、アクションの仕方を考えるということだ。
運営側のカガクとしては、確かに全国一律で良いものを安く提供する!などとなるだろう.. それは分かるが、そこまででは実際は製造工場のカガクでしかない。
サービス業に踏み込むならば、顧客満足ではなく、個人満足に踏み込んでいかなければならない。

「うちのモットーは明るく元気に!なんです」といって、売ってるものは明るさでも元気でもない。その商品だ。そのような雰囲気が好きな人もいるだろう.. しかし、それが売り物なのではない以上、売り物を求めてくる人の中には当然、そのような雰囲気をうるさいと感じる人もいる。普段は好むんだが、今日は静かにしてて欲しい・・ な人もいる。


長くなってしまったのでこの辺で切り上げる。
とりあえず、マンガ『ソムリエ』を熟読することをお勧めする。主人公のジョーが、なんでそんな回りくどい手続きを踏むのか.. よく考えることだ。
おっと、本題にちょっと触れておくが、介護分野だってサービス産業だ。

CM: 0
TB: 0
今朝は日経BPから。
第1話/「私を採らない企業なんて、大キライ!」

名のある企業に入りたい気持ちは分かるが・・ 北大ほどの学力があれば、世の中には採用したい企業など腐るほどある。それが“地元で~”となると私は知らないが..。

このようなデモなどやると、そのうち話題になって企業が採用活動を考え直すとでも?
そんなわけがない。企業がそんなヌルいわけがない。

じゃあ就職口はどこにある?
それは、今募集をしているところにある。
中には怪しい会社もあるし、使い捨て営業マンだったり、ワークライフバランスなどと言ってられないサービス産業分野も多いだろう。


今大企業にしがみつく大人たちに文句を言うならば・・
じゃあ自分らは何で一生居続けられそうな企業を狙う?

今既にそのような状態の企業とは、既に衰退が始まっている企業もしくはジャンルだ。
今募集をしている企業もしくはジャンルが成長していくところなんだ。

国や事業分野の変化に伴って産業構造も変化していかなきゃ成長はとまる。
そしてでは、そのように雇用も質も移動していかなきゃ・・ 成長が出来ない。
今の今まで成長してきた企業や分野が雇用を止める。そのせいでまだ成長しきれていない企業や分野に雇用が流れる。それによってその分野や企業が成長していく。

2010年度に就職できなかったという16~7万人の学生.. こいつらは、別に就職しなくてもかまわなかったんだろう。
これは悲しい話しだ。このような情けない若者を生むとは・・ 国家の敗北だ。
日本型雇用反対!と言ったところで.. 入ってくる学生がこれじゃあどうしようもないじゃないか...。


せめて、そのような活動が決して実を結ばないことを理解し、そしてそこに安易に参加する自己の矛盾に気づくほどの鍛練は積んでおくべきだったろう。
※別に.. そういうお祭りや息抜き程度の感覚なら構わないけど。それくらい、必要だろう。



CM: 0
TB: 0

▲Page top