7年経ちました

55政党というブログからの

脱・官僚政権樹立宣言 

我らが渡辺ヨッシー&江田さんが出版している本を買って読んでいる。

脱官僚

●自民党政治の終焉
●天下り
●総理官邸
●小泉改革
●財務省解体計画
●内閣人事局
ときて、まだまだ読み途中だが・・

ここまでの時点で総合的に分かったことがある。
それは、官僚さん達が「この国で一番頭が良くて、絶対に正しい」と確信していることにある。
大衆の代表である大先生方など発想が下品でどうしようもないから黙って座っててもらいたい・・・ ということ。

この発想が指し示すものは、能力主義のピラミッド構造だ。
これは私達一人一人が能力主義を信頼する限り消えることのない構造だ。
そしてその能力というもの... それは学歴獲得競争で決める。


私はそもそも「何が正しいか・・」「誰が正しいか・・」というような、“答えが必ずあって、それを目指していく”という発想自体を否定している。
さらに、その様な根底に流れる確信があるとして... それでは民主主義というものの理解が著しく欠落していることになる。
学校の勉強が日本一できる方々の集団だというのに、何故その様なことになるのだろう。


まあ、とりあえずこんなとこだ。
細部については読み終えた時点で書いていきたい。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

▲Page top