7年経ちました

55政党というブログからの

二大政党制 

朝は小沢さんの話題にちょっと触れた。
それでちょっと思い出した事がある。

小沢さんはきっと、「日本で二大政党制を作り上げた男」になるために、政治家人生の集大成の心づもりで臨んでいるのだろう。
それはつまり、政策の中身よりもそのことを優先するということで、政策の中身は手段にしかなれない。
だがしかし、それを以て小沢さんをどうこうというのではない。
あくまでも私たちは、政策の中身をこだわっていけばいい話しであり、同じように姿勢だスタンスだを問うのはお門違いなわけだ。


二大政党制実現は、恐らく今よりは良い状態であろう。
つまり55政党的手法でいけば、やっといて損は無いもの=即採用になる。
しかし、それは結果のカタチでしかなく.. 先にどうこういじくるものとは、そもそも種類が違う。
昨日はここで地域主権型道州制を目指すべき!としたが・・ これはあくまでも形態の変更であり、当然ながら今日の話しとはまったく矛盾しない。

“今よりはマシだろう”程度でしかない理由.. それは、数日前に取り上げたように、日本の議会制民主主義は多数決で奪い合いをしているに過ぎず、国会で議論をし、両サイドが納得できるところに着地させるという.. 最低限の姿勢が身についていないことが一番の深刻だ。
繰り返すが、新自由主義を「拝金主義だ!」「弱肉強食だ!」などとくだらない事を言う前に、“法治”の部分をまずはそこから学ぶべきだろう。
アメリカのように二大政党がほぼ半々である場合、一体『多数決奪い合いシステム』で何が生まれよう。
両者の違いは背負っている者(視点)の違いでしかなく、その国の現状から何かを改善していこうということ自体は変わりがないんだ。同じ国民が、同じ国家について語る時・・ 多数決というのはあまりにも情けない手段であり、本来であれば政治の敗北であろう。

日本の現状にとっては、政治の話題の中心が今のような“姿勢”なんちゃらではなく、法案の中身にややシフトするであろうことが期待できる。そのことが“今よりは良い”の説明だ。




小沢さんがそれを目指すのならそれでいい.. 但し、私たちは政策の中身を問うていく。そういう話しだ。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

▲Page top