7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

為替の件、普天間の件 

今日のニュースから。

まず、例の株&為替暴落関連。
ソニー・トヨタなど輸出企業に痛手…ユーロ安 ---読売オンライン

一昔前(いや、二昔前か?)なら.. 円高ニュースは「輸入品が安くなるゾー」的なニュースが多く流れていた。
以前はザックリと1ユーロ150円だった。EUDは今や116円... 高級ブランドは安くなってるのだろうか?(知らないけど。)

メディアが国民の関心事に敏感だと考えるならば.. 一昔前は、そういう購買意欲にあふれていて、今は皆で金融投資をしているということになる。もしくはマイナス面ばかりを気にするようになったか...。
それとも政治行政の代弁者だとするなら、それらの意思が自分らに都合のいい解釈を述べることで暗にそのような好都合な視点がメディアで流されてしまう.. という可能性もあるか。


それにしても納得がいかないのは株式のほうだ。
現物であれば、間違った大売りでも買いが入らなきゃあ値段は付かない。先物や借株があるからこうなることは間違いない。ホントかウソか知らないが.. ミリオンとビリオンを間違って発注してしまったとして、それでは初めから大底の値段でウリを入れるか、全額成り行きで指してなければ話しが合わない。初めっから大底で入れる人なんているわけがないので・・ 成り行きってことになるが、それだと即取引停止をしていることと話しが合わない。

為替のほうは、急激な暴落はおかしいにしても.. 値段のほうはおかしいほどではない。EUD/USDにしてもEUD/JPYにしても.. 長中期的には十分あり得る数字だった。
現に、それほど戻っていない。

話し戻って.. 輸入品。高級ブランドなどは、対円だけが安くなってしまうのなら、海外ブランドは無理して値下げすることをしないだろう。大体.. 日本にいたって中国人向けコーナーがある。対人民元がそれほど下げていないならば(もちろん、対ドルも下げたんで同じように下げているけど)、中国にシフトしていけばいいと思うだろう。
※そもそも人民元自体が不当に安い。しかし、輸入業者はそれならそれなりの値段を付ければいいだけで.. 重要なのは値動きのほうだ。人民元はこれから上げていかざるを得ない。購買力が上がるのに.. ホントは元値は下がっている。値段は据え置きのままで十分にオイシい。

とりあえず、有事の円とスイスフランの強さは.. まだ生きているようだ。


次に、普天間関連で興味深い記事がはてブで上がっている。
元CIA顧問の大物政治学者が緊急提言「米軍に普天間基地の代替施設は必要ない!日本は結束して無条件の閉鎖を求めよ」 独占インタビュー チャルマーズ・ジョンソン 日本政策研究所(JPRI)所長 ---ダイヤモンドオンライン

何と、そもそも普天間の軍事力自体がいらないらしい。
このような記事自体、コメントやブックマークを設けてくれればいいのに... 反対意見等、ツイッターなりブログなりで追うのは大変だ。

その核心部分の実際は私には分からない。
しかし、55政党が主張していた国防方面、パワーの世界秩序の実際部分について、大きく同意できる意見が散りばめられている。リンクを貼っときながらの文章コピーなんだが... この辺↓。
■□

すべては米国の膨大な防衛予算を正当化し、軍需産業に利益をもたらすため

残念ながら、その動きはない。米国は世界800カ所に軍事基地を持つが、こんなに必要ない。世界のパワーバランス(勢力均衡)を維持するためなら、せいぜい35~40の基地で十分だ。

日本にはすでに十分すぎる米軍基地があり、他国から攻撃を受ける恐れはない。もし中国が日本を攻撃すれば、それは中国にこれ以上ない悲劇的結果をもたらすだろう。中国に関するあらゆる情報を分析すれば、中国は自ら戦争を起こす意思はないことがわかる。中国の脅威などは存在しない。それは国防総省や軍関係者などが年間1兆ドル以上の安全保障関連予算を正当化するために作り出したプロパガンダである。過去60年間をみても、中国の脅威などは現実に存在しなかった。

 北朝鮮は攻撃の意思はあるかもしれないが、それは「自殺行為」になることもわかっていると思うので、懸念の必要はない。確かに北朝鮮の戦闘的で挑発的な行動がよく報道されるが、これはメディアが冷戦時代の古い発想から抜け出せずにうまく利用されている側面もある。

□■

何の情報もない私のようなただの会社員が肌で感じている内容と見事に一致する。
ニッポン大好き陣営も.. 少しは反論なりしてみて欲しい。
片側だけの意見じゃあ、何も見えない。





スポンサーサイト
CM: 2
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。