7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
タイトルと関係ないんだが、このところで気になっていた件を先に触れておきたい。(いや、結局つながっていくのだが...。)

このところの尖閣問題で上がっていた話題の中に“外国に侵略されたら、あなたはどうしますか?”って世論調査を真剣にアゲているメジャーがあった。

あまりに小学生レベルな質問をホンキで行っているようで気になっていたんだが..
これはそもそも政府が定期的に行ってる調査の一部なようだ。

重要なのは、そのような質問をすること自体の未熟さにある。
そんなだからこの国の国防議論はいつまでもお子ちゃまなままなんだろう。

まあ一般市民の議論はしょうがないっちゃあしょうがないんだが...
一番に重要なのは、政府が未だにそのような程度の低い質問を公的に続けているということ。
まさか、政府がそのような息子のけんかと同程度の発想で取り組んでいるとは信じがたい。


この質問で一番難しいポイントは..
●何を以て“侵略”と呼ぶか
●どのような侵略を言っているか

にある。それも分からんで答えられるわけなどない。
そして、実際にはそんなに明確に侵略が分かるかどうか・・ こそが焦点になる。
まさか、おもいっきり軍事侵略をさしているのか?

それではこの世論調査は、愛国心(なるもの)の調査?
国防とは、そうならないためのカガクであって、そうなってからを聞いても何の意味もない。
あえていうなら、連絡網や非常時の行政体制の参考にするぐらいだ。

そして現実、そのようなことに触れる話題になると... とたんにそんな2択を迫る発想が湧いてくる。
いやいや、だから...。

そして弱腰だとか、そういうのでいいのか?議論は?

そっから何より残念なのは、そんな小学生議論で現実を動かしてしまうこと。制度なりルールなりをいじってしまうことだ。

今日気になったのは、2ちゃんねる関連。
【社会】 "ひどいサイトらしい" 2ちゃんねる、警察無視…破滅するまで2ちゃんユーザーは暴走やめず★3

私は“巡回”してなどいないが、ニュース速報+ナビのガジェットに上がってきていた。

元記事はZAKZAKという産経系の記事らしいから、まあそれほど公的機関が動いて言ってるわけではないだろうが.. 2ch記事内では、警察側が2chの体制に不満があるようではある。
警察自身、取り上げるメディア自身も分かっているように.. 2chの記事は別にみんなそれほど信じちゃあいない。なのにこのような意見が上がるということは、2chのせいで対応させられた側の“不満のぶつけ先”ということにあろう。

だがしかし、それは逆に多くの人に何かしら影響を与えている裏返しであり、市民権を得ている証でもある。
つまり、私たち自身が望んでいるからこそ発展しているわけで... そんな望まれているものを運営側に非難する姿勢は、あまりに短絡的だと言わざるを得ない。

この記事で私が気になったのはむしろ、『警察庁から業務委託された財団法人インターネット協会などによると』という部分だ。業務委託するなら、一般法人でいい。それができないなら、公法人のままでいい。なぜ、このようなグレーゾーンにいくのか。
警察組織が拡大し続けていることは以前雑誌の件で触れた。
しかし、このように公的な法人では、その規模に含めることはできない。


2ch記事中にもあるように、モバゲーやグリーにも相当問題が潜んでいる。
これが政治献金云々の差として表現されているが、大事なのは、結局使う側個々の問題であるということなんだ。
ある一定層に流行しているものであれば、それを狙った方々が参加してくるのは当たり前の流れであり、つまりは運営側やビジネスモデルを非難してもどうしようもない。
大事なのは、それを利用しようと狙ってくる・・ その個々にある。

ところが、そのような社会問題が増えてくると、この国ではそれを制度的にいじってくる。
55では何度でも主張している。
今まで破ってきた人は、制度を変えても作戦を変えるだけ。今まで守ってきた人は引き続き守っていくんで、一層住みづらくなっていく。

つまりは、そんな悪事をおこしている個々を.. 辻褄とか判例・前例など関係なく、キッチリ捕まえられるような制度設計にすることなんだ。
そしてさらに深刻なのが、行政が行政しやすい現状の方法論は.. 効果を発揮しない上に、善良な一般市民の利便を奪い、それなのに役割を拡大していってしまう。

このような特性をもったものは、何も一部だけではない。
言ってみれば、そんじょそっこら中そんなものだらけだ。

重要なのは、手を伸ばすべき個々をひとつひとつ丹念につぶしていくことだ。
警察や教師の買春やわいせつのニュースなど、もう日常茶飯事になっている。
警察という看板や教師という倫理が中身を担保してなどいない。

数はチカラだ。
これ以上、公務員や教育関係者のカズを増やすのは危険でさえある。
日本秩序のあり方も、シフトさせてかなきゃならない。

スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。