7年経ちました

55政党というブログからの

真の郵政民営化? 

ここのところJP西川さん関連が多くなっているが、ここでブックマークしている“アゴラ”内でも池田信夫さんが言っている。
民主党は「郵政国営化」を目指すのか

池田さんの意見にはまったく納得するばかりだが・・ このコメントが大変に気になる。

①民主党が訴えているのは、真の郵政民営化
②小泉郵政民営化はインチキ

今の西川社長罷免は、どこをどう取り上げて正当化されうるのか理解できないが、このような郵政民営化議論自体は、まだ理解はできる。

しかし、銀行業務は銀行に、配達業務は宅配に、保険業務は保険に、その他はその他一式に民営化することにしたのが小泉・竹中郵政民営化だ。
民営化に際してこれ以外の“真の民営化”などないだろう。
「それだと一部業務が儲からなくてやっていけない。」・・そんな意見があるにしても、そもそも民間はそんなくくりで事業をしている。ここを否定されることはつまり、民営化反対と同じ意味なんだ。
その他一式と配達業務をくっつけろ!という意見ならば分かる。それならそのように主張すればいいだけなんだが...。(総合物流と配達がくっつくのはいたって納得だ。しかし、「不動産等資産管理と運用に儲けを頼っている物流」となると・・ そんな企業はいずれ廃れるだろうことは目に見えている。本業をないがしろにする企業の末路は明白だ。)

一部に私物化とか収奪とか外資に売り渡すとか言う人はいるが、それは公的機関だった時の方が暗闇なんであり、民営化さらには株式上場こそがそこからむしろ一番遠い方向性だ。

不安への執着に取りつかれているのか、思い込みが激しすぎて冤罪を決めつけているのか、ただ単に反対勢力のデマなのか分からないが... まったく的を得ない。



話しが逸れるが、道路財源方面も見逃してはならない。
そして、ケアハウスで国交省とのからみを取り上げたが・・ 国交・農水・総務省が連携して医療・介護分野に社団法人やらを立ち上げている部分はまだまだ怪しいものがある。
そっちも引き続き注視していかなければならない。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/129-b12c46d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top