7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

報道ステーション、寺島さんのご意見 

先ほど報道ステーションを見ていた。
日本総合研究所の寺島さんが解説をしていた話し... さすがの説得力なんだが、地方分権絡みの今日の動きに関して「4年前を思い出さなければならない。問題を単純化させて、安易に世論を盛り上げることは、メディアは慎重にすべきだ。」的な話しをしていた部分に納得がいかなかった。

ここそが説得力の見せ場ではあったので、ここの説得力がなければ、話全体に説得力などないのだが・・ そこ周辺の話しの流れとして、「地方分権は分かるが国政とはもっと重いものであり、日本の国力・団結・国防・世界に求められている日本の方向性など慎重に考えて行動していくべき、そして功名心なのか腹をくくっているのか見極めるべき」と言っていた部分、それが現政権では実現できているかのような話しになってしまっている。

ここはそのような考えを支持するか否か・・ ではなく、現行勢力との対比で判断しなければならない。
今の自民党、今後の民主党、地方分権推進派の... “差”に解を求めなければならないのであって、それが果たして地方分権推進派には無いのであろうか?
一見シッカリしているかのように見えて、麻生さんや笹川さんなど... 一番に世論に日和っているではないか。自身の貫くべきを貫いたのは、むしろ小泉さんや安倍さんであろう。


確かに、日本の総合商社こそが、国力を上げて奪い合う... まさに戦争以上に戦争な状態であり、そのような世界で戦ってきた人にとって、そのボディである自国の団結や国力や政治との足並みが重要であることは分かる。

しかしそれは、過去の発想なんだ。
もちろん、奪わなければ奪われてしまう・・ のは分かる。しかし、計画統制国家体制はもう実現などできないし、第一資本はもう世界上でこんがらがってしまっている。
現実をシビアに見つめ、結局実現などできない形を目指し続けることを否定しているんだ。

寺島さんの主張こそが、世界と戦う最前線のビジネスリーダーと官僚機構が意を同じくする現在の世界観であろう。



話しはそんな話題の震源地になっているニュースに逆戻りする。
中川氏が首相退陣要求 「名誉ある決断を」---MSN産経
橋下知事グループに「喜んで参加」=政党支持表明は否定的-石原都知事---時事ドットコム

石原都知事は大きい。
考えてみれば、官僚機構打破の本丸である猪瀬さんを都政へ迎え入れたのはこの人だったんだ。
秀直さんも頑張っているようだ。

国民新党や社民党と連携を強化しているような民主党では到底無理だ。
選挙前に麻生総理が入れ替わらなければ、いよいよ私の入れる先がない。

選挙後再編はダメだ。
前に動いてくれ。






スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/130-17918555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。