7年経ちました

55政党というブログからの

ユーラシアクロスロード 

麻生さんが以前から主張していた『自由と繁栄の弧』...
当時は、なんかしらキャッチ的なものでもつけたいのだろう・・ くらいにしか考えていなかったが、ここにきて(もう任期がない時になって)、新たに表明する姿を見るにつけ、これはきっと大変に重視していたのではないかと感じた。(つまり、サミット向けでもないという意味も含む。)

首相、「ユーラシア・クロスロード」構想を発表 ---MSN産経

帝王学を学んで育ってきたような人物たちは、壮大なプランが存在したりするものだ。
人の上に立つ宿命... 下々の皆様がステキな気持ちでついて行きたくなるよう、道を照らしていかなければならないのだろう。


日本の未来、そして日本がアジアに果たしてきた役割を強く意識し、多くの人にとって素晴らしいと感じられるような壮大な方向性... それは為政者にとって大事なことなのかもしれない。
そしてこのような方向性は、多くのトップクラスの官僚さんや政界のドン的な方々も支持しそうな構想であるかもしれない。
そう考えるならば... 麻生さんを支持し続けてきた多くの方々がいることも大変に納得はいく。

イランイラク戦争当時の日本・中曽根政権の時から既に、日本という国は中東にとって大切な国のひとつであったことがうかがえる。
ユーラシアクロスロード圏のアジア国家が健全に成長し、そしてそれに貢献していく日本の姿を思い描くとき、大好きなニッポンのあるべき姿を見るのだろう。

ここまで考えるならば、麻生世襲内閣がそのようなメンツになったのもうなずけなくはない。
これは“軍事ナンチャラ”程度ではない、深い愛国心を背景に感じるものだ。


がしかし、それを含めても、肯定されるかどうかは微妙だろう。
ちょうどアメリカでいうところの共和党的姿勢なんだと感じる。
個人主義と自由経済、豊かになってきた日本を考えるとき・・・ そっからもう一歩踏み出さなければならないように感じる。
それは、私で言うところの「自分大好き!」的人間性ではないかと捉える。

構想の中身自体は、大変に壮大で困難な道のりだ。
ここは中国・ロシアを絶対に避けては通れないものであろう。
ラオスあたりで日本が援助でセッセと作った道路を、今では中国がビジネスで使っているという話しをどっかで読んだ。ベトナムからペルシャまで・・ そこを繋ぐには中国との協力は必須だ。
そしてこれは、何代にも渡って各政権がリレー・継続していかなければならない。



....とこの話しは、そんな壮大なことばかり考えている方々の本意になど私は到底近づけるものではない。私は、麻生内閣がこんなで当人らが構わない理由をずっと考えてきたんだが、その答えの一部になるのでは?という妄想だ。


スポンサーサイト
CM: 2
TB: 0

コメント

質問なんですが。。。

55さんはよく優先順位の検討と言いますが
55さんが思う最優先事項は何ですか?

27 #Kkmu845U | URL | 2009/07/01 20:52 * edit *

おっと.. 27さん

率直に言って、まず私が思いつく最優先事項は浮かびませんし、分かりません。
但し.. 「それをするならあれが先だろう!」と思うことはあります。
日頃から確かに「優先順位を優先する」を大事に主張していますが、私に分かるのは、私が深くかかわっている分野についてです。政治は、全方位的に同時進行しているわけですので、それぞれに優先順位があります。
大雑把な話しですが・・
雇用を何とかするためには、経済が引っ込まなければならない... という事案があるとします。
ところが一方では、経済を何とかするために.. 雇用を引っ込めざるを得ないという事案もあります。
そこでそのどっちを優先するか?という発想はしないのです。それはそれで『目的のために手段を選ばない』に抵触してしまうことも多いはずです。(教育を優先するために食生活を犠牲にしていい理由はありません。学力を優先するために、アブノーマルを育てていい理由もありません。風が吹けば桶屋が儲かるわけで、総括しての優先順位は思いつかないわけです。)
雇用から見た視点と、経済から見た視点、社会から見た視点等これら視点は実質、人ベースで分かれていると言っていいでしょう。それらの視点が皆で集まって一つの問題点を話し合っていく。そしてその結果多くの合意が得られなければ、保留とすべきだという話しです。

まあ、あえて従事しているジャンルで言うなら、医療は病院よりも医院についてを検討していくべき。先端治療よりも予防・早期発見を重視していくべき。介護職は直近の所得UPよりも長期展望や従事形態(24H体制、定休日なし)を注目していくべき。といったところでしょうか....。

つまり日頃の主張とは、いち市民の側から、政治を見ていく上でのモノサシとなり得る発想だろうと思うんです。「何がいいのかは分からなくても、それがダメなのは分かる」的な....。

そんなところです!
しかも絶対的価値や答えを目指す姿勢も否定していますし~。
でわ~

55政党 #- | URL | 2009/07/02 01:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/142-dd81401f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top