7年経ちました

55政党というブログからの

がしかし、行革支持派は票を入れる先がないんだ。

今回の泥仕合をいろいろな論点で語っているが、行革推進・地方主権が中心なのであって、その視点から見ていない論点には首をかしげる。

液状化する自民党が日本の空洞化を推進する ---日経BPネット(財部さん)

クビのすげ替え続きで今回の件を扱っているが・・ このままでは自分の意思を伝える大事な1票を入れる先がない人間はどうすればいいんだ?それは麻生さんではなく、改革推進派の方が総裁になるだけで叶えられることだ。
現在の自民とは、[行革推進派]と[国家・国益意識過剰派]のどちらかが旗を降ろさなければならない状況であるのに際し、[とにかく勝てるようにと願うだけ]の方々がうごめいていると解釈する。
国家・国益を強く意識しすぎる時点で、現状、ほかのどんな勢力にも明け渡すことはできない思いだろう。

その上で東国原知事の件を見るとき、今回の党役員人事がどうこうなど、そもそも関係ないことが分かるハズなんだが...。
キングメーカー森に逆らえぬ麻生首相の悲哀 ---永田町異聞

これは上記で言う[とにかく勝てるように願う]派の発想だ。
もっともらしく聞こえるが、それはそもそも当人の発想であろう。

しかし、[行革推進派]も方向を変えてきた。
(マニフェストなくして解散なし)政権選択とは「政策選択」のことである ---中川秀直さんのブログ

まず、私のような思いの人が描く現状として考えるならば、秀直さんは何が何でも衆院選挙前に決着をつけなければならない。
麻生総裁が入れ替えられないならば、マニュフェストに盛り込むことができれば、確かにそれは一部実現できる。
しかしこれは大きな方向転換だ。
一見いい案のように思えて.. その実、もっと大きな問題を連れてきてしまうタイプの一手だろう。“マニュフェストでの反映”作戦にするならば、国家・国益意識過剰も行革断行も・・ どっちも盛り込めてしまう。別にそれはそれで構わないが、結局それが信任されるようならば、ぼんやりと麻生政権も支持されたことになってしまうんだ。
まあ現実は、そのような“2種盛”マニュフェストを出す程度であれば、民主に交代が現実的なんだろうが...。
つまり、秀直さんのマニュフェスト作戦が、再度麻生総裁支持勢力を揺さぶるための戦場だと考えているのならOK、そうでないのなら残念・・ という主張だ。

ただ、[国家・国益意識過剰]派の方々が考えなければならないことは、[行革推進]派は何も国家・国益を考えていないわけではないということ。
すべてを自分らのとおりに描かなければならない発想であると、それでは官僚さんたちと何一つ変わらない・・・ 民主主義ですらない発想なんだ。「これが正しいんだよ」と心で思っていても、それは民主主義じゃないんだ。
ここはひとつ... “行革推進路線を支持する上で、安倍さんに交代”がベストではないか?
安倍さんなら、今さら「核武装」などというのがとんでもないことも分かっている。
行革も分かっている。

“握っている”のは・・ 森何某という人ではなく、安倍さんにある。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/146-b3767d9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top