7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

植草一秀さんの記事について 

私も一応ブログランキングに参加しているので・・ 政治部門の1位か2位に植草さんのブログがあることは知っている。
痴漢が冤罪だとか・・ そんなことは知ったこっちゃない... それが大事なのは、本来当人のみであろう。
特に、当人の知人や家族はとても重要に違いない。が、アカの他人にとって植草さんと関係している“線(関わり)”とは、その主張している内容なんであって、私がわざわざ主張するまでもなく、当り前のことだ。
そして私は、痴漢であろうとなかろうと・・ 記事の信頼性には関係がない。同じ文章を書いて、痴漢とそうでない人との解釈が変わるなんてあり得ない話しだ。

そして重要なこと... それはその人がそれまでに積み上げてきたことだ。私は、WBSで経済方面の解説として出ていた植草さんの意見をよく聞いていた。
だからこそ、現在の意見にも説得力があるハズだ。ところが現実は、あの当時のまともな見解とはほど遠くなってしまっている。
そここそが、当人にとっても真に深刻な部分であろう。


何が言いたいか・・
植草さんのブログは政治部門で現在1位だ。
果たして多くの方は、これをまともだと思って読んでいるのか・・ 醜態を面白がっているのか・・ ツッコミ所満載を楽しんでいるのか・・ 不安になるということ。
今日の記事を。
国政縮図の静岡県知事選と偽装CHANGE勢力 ---知られざる真実

“トンデモ”クラスなことは明白だ。
それに対して、関連リンクされてて構わない多くの方々がいる。
さらに、このブログの記事の批判を中々見つけられなかった。
正直・・ 「相手にしないのか?」と思えるんだが、それでも私はただの一般大衆・・ 当たり前でも「当たり前だ!」と声を上げておくべきだと思う。

まず、今回の鳩山由紀夫さんらの個人献金問題について、政治献金が多いこととは一切関係がないにも関わらず、平気でそのランキングを使って主張している。
かつての植草さんだったら、あり得ない発想だ。そんなでアナリストなど務まるわけがない。

次に、小泉陣営の官僚機構打破が信じられないのなら・・ この世に官僚機構打破勢力など存在しないに等しい。財務省に手をつけなかったことに関しては、江田さんなんかも言っているが、それにしても行革自体を疑っては、今の潮流などあり得ない話しだ。

次に、現行革勢力の民主党の二番煎じだが・・ そもそも行革は中曽根さんや橋龍さんのころから続く、自民にとって重要なテーマだ。民主党という政党が社会党の上に小沢軍団・細川軍団が乗っかっただけの政党であり、この人らは二大政党制を実現しさえすれば何をしてもいい方々なんだ。
行革などホントは重視していない。


これに対し、自分を「真実の側だ」と言っていいなんて・・ 正直、パロディだとしか思えない。
いや、多くの人はパロディだと思って楽しんでいるだけだと信じたい。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/153-5225ff41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。