7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

早速投機関連が膨らみ始めている 

ちょっとニュースは見つけられなかったが・・
“100年に1度の恐慌”と言われ、世界中でジャブジャブと国の借金が今に流し込まれているが、投機マネーは早速膨らみ始めている。

持っている人たちが資金を一旦引き揚げたからこそ、不況になる。
持っている人たちは元本保証の安定利回りを欲しているから・・ そのようなマーケットがあればまたそこに資金は集まる。
この世から消えた現ナマとは、債権放棄や破産・倒産の焦げ付きだけ。それに対して未来のお金が今に流し込まれた。利息も世界中、低いままのジャブジャブ状態だ。

何が言いたいか... それは、金で金を増やす仕組みをどうにかしなければ、何をどう頑張ってもそっちに資金が偏るだけだということだ。
投資が、産業に向かざるを得なければ、産業に資金は流れる。(ゴアさんが無理やり流行らせたグリーンニューディールとは、つまりそんな正義があるのだろう。)ところが、世界中の小口で集めた資金はリスクを取れない。つまり、安定利回りさえ出れば、何でもいいんだ。

不況!不況!と言って回っている私たち一般大衆がしなければならないことは、未来のお金を今に流し込んで養ってもらうことじゃない。
中国ファンドだ投信だ言ってるような、元本保証安定利回りの現状維持人生なブルジョアが言って回っている「安全・安心」にノラないことだ。
私たちがすべきことは、投資が事業に向かざるを得ないようにすることだ。
大口の少数が多くを握っている場合、そのような世界は訪れない。大口は今さら元本保証の安定利回りなどいらないから、自身が社会に存在する理由を求め、より有意義でリスクのあることに資金を流す。ところが、小口をかき集め、そして専門の運用者に預託する場合はそうはいかない。

今のままでは、いっそ陰謀論に出てくる方々に世界を牛耳られていたほうがよっぽどマシだ。ということになる。

リスクや葛藤と常に向き合わなければならないのが人間だということが見直されなければならないように思う。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/159-25e5abaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。