7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

とんでもない世論の総括だ 

先ほど、2時過ぎだったか... 古賀さんが選対委員長辞任というのがテレビで流れているんで見ていると、またまた『ミヤネ屋』じゃないか...。
昼過ぎにニュース的なものをやっているのはこれだけっぽいんで・・ しょうがないんだが、これもブラック番組に指定して意識的に見ないようにしなければならないのかもしれない。

都議選結果を振り返った今の世論の総括的なものが・・
①自民党内のゴタゴタ・まとまりのなさが原因
②東国原さんの擁立が大批判
③小泉改革の後始末が尾を引いた。(小泉チルドレンは全滅するんじゃないか...。)

ホントか?
この番組は完全に意図的にやっているとしか考えられない。
それともやはり、多くの大衆はその程度にしか政治を見ていないということなのか...。

自民党内は、本来[政官癒着の現状踏襲路線]か[行革断行路線]かの対立しかない。
「なにやらゴタゴタ....」ではないんだ、あまりも明快じゃないか。
東さんだって、行革路線、小泉路線だって行革断行サイドだ。

この世論の総括とは、あまりにも明快だった行革路線を、なにやらゴタゴタと訳わからなくしている。最悪、政治になど興味のない方々が言っているんであれば分かる。しかし、番組に出ている人がそれを分かっていないわけがない。
上記①~③はすべてそこに結びついているんだ。それに対し、かりにもそのようなことを取り扱うことでサラリーを得ているような人らが、そのことに(いや、その単語にすら)一切触れないとは、どう考えたって意図的にやっているとしか考えられない。

そうは言っても、ここまでの動きが官僚だけのチカラで成せるとも思えない。
麻生政権のこの惨状で、「このままで国民に信を問いたい」などと... いくらなんでもホンキで思っているなんてありえない。自民の中に、2大政党制実現を目指して手段を反故にする勢力でもあるんだろう。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/171-7ea7771b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。