7年経ちました

55政党というブログからの

自由主義への勘違い 

いろいろブログ等を巡回しているが・・・
そのコメント等にて、ひとつ大きな勘違いをしているというか、思い込みや決め付けがある人が少なくないと感じる部分がある。

自由主義を金の亡者と決め付けている人たちが少なくない。

事実はそのまったく逆だ。
考え方の基本線として、自由主義陣営の方が、富への執着が少ない。

①幸福論的に、富の価値が低い(それを反対する方々の発想と比べればなお明らか)からこそ、貧富の差に拘る発想が少ない。
②第一、自由主義を主張する当人らの利益も守られない。
③基本的に、批判する側の主張とは、自分ら(国家)の財布の中身を問わず、自分らの利益を保護する発想が優先している。

人生における価値を「お金」だとしているのは、むしろ批判する方々だと感じているわけだ。

日本をあきらめる ---池田信夫blog

こちらのブログでのコメントには、一部決め付けている(思い込みによる)批判のコメントが出ている。そのような執着なら無自覚なだけであり、そのような人たちは気づいてくれればそれでいい。
問題なのは、それを意図的に煽っている方々がいるということだ。
そのような発想及び手段に何の正義もない。
大変に悪質な発想だ。
「金の亡者」じゃない人が、「金の亡者」に「金の亡者だ!」と非難されているわけだ。

だからこそ、そんな執着で無自覚に便乗させられている私たち大衆は気づかなければならない。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/187-bd234ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top