7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
民主マニフェストへの評価は、ボリューム自体は少ないんだと感じる。
んだからある程度評価されているんだろう。

その多くない意見の中で見受けられるのは「ばらまき」という主張だ。
私はこれを「行革一本槍」と呼んだように、まるっきり見解が異なる。

今回のマニフェストで最も重要な部分とは、『ばらまこうにも、行革をしなきゃあ財源が確保できない』という順番にある。

その最も重要な部分を無視して猛烈に「ばらまき批判」をしている今回の大前さんの意見にはまったく納得ができない。
総選挙前に「みっともない」姿をさらす人々 ---日経BPネット

大前さんは私たちのようなただの一般市民ではない。確かかつては政党を作って国政に打って出た人だ。完成品の多くを持っていようと・・ そもそも政治はそうではない。
地方分権だって、そんなことは私でも分かっている。ただし、これでようやっと「そのような競技がある」という認知が広がっただけであってスタートさえ切れていないのが現状だ。その現状からのベクトルに作用したという意味で東国原さんの行動は大きい。
橋下さんの動きなどはまさに大阪のことしか本来は考えていないものであり、地方分権はその便乗だ。(大阪府知事なんだから、それでいいんだけど。)



そして秀直さんなんだが... 言ってることは今まで通りだが、そもそもそれを今の自民が批判できる立場にないということが全く欠落している。
(民主党の「脱・脱官僚」)民主党の「脱官僚」への期待がバブルであったことが明らかになるであろう ---中川秀直TODAY'S EYE

解散前まで自民の混乱をあおる世論があったが、脱・脱官僚&成長戦略のなさこそが麻生政権への何よりの批判事項だ。その路線でまとまった以上、今さら秀直さんがそんなことを言ったところでどうにもしようもない。
麻生内閣はあそこまで突っ張ったんだから・・ 政官癒着&成長なきばらまき戦略路線で行かなければならない。
そのことを皆分かっているからこそ、秀直さんだってあそこまで頑張ったんじゃないか・・ それが成らなかった以上、もう“ひとつの自民”で行くしかないんだ。(それに対しての世論の「自民内部の混乱」という批判はヒドかった。サイテーだ。それを分かっていてやっている人の勝利... ということだ。)
“可決した以上は自分が例え反対だっとしても必ず承認する” ・・・これは民主主義として大大前提となる姿勢だ。

公務員改革の何よりの本丸は、労働基本権の付与にある。
こここそが、何よりのスタート号砲である。
民主のマニフェストには謳われていないので、約束されてはいない。
ただ、政策集には載っているので期待したい。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/194-8e7e0f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。