55政党

[ 何を選ぶのか.. どうやって選ぶのか..   いや、それ以前に選ぶことができないことが問題だ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プーチンさん会談終了

プーチンさん会談が終了した。

MSN産経が特に厚い。
【日露】会見詳報(1)麻生首相「日露関係を高い次元に引き上げる重要な一歩」(12日夜)
【日露】会見詳報(2)麻生首相「領土問題解決に有意義」(12日夜)
【日露】会見詳報(3)完 プーチン首相「平和条約のために経済交流発展を」(12日夜)

毎日、読売は概要・要旨にとどまっている。

それにしてもこの内容ではあまりにリップサービスだ。訳者のせいなのか知らないが・・ 言葉づかいもあまりにへりくだり過ぎてむしろ恐怖すら覚える。
これだけ全面的に日本の意思を汲んでくれるということは、それだけの見返りがあるということだが・・

記事から読み取れるのは第一に原子力発電方面だ。
発電所建設協力と具体的に出てはいるが... 全体から読み取れるのはむしろプルサーマルまで視野に入れていると取れる。
また、ウラン自体はカザフスタンとモンゴルが資源国であり、その周辺国であるロシアにも大量に眠っているように妄想するから、その辺も何か関係しているのかもしれない。
いずれにしろ、この原子力方面は十分に厚くなっており、「双方タッグを組むことで次の時代をリードしていける。」と明確に語っているように解釈する。

そして、麻生さんが言う「アジア太平洋地域での重要なパートナー」というニュアンスと、プーチンさんが言う「安全保障の面でも重要」というニュアンス・・ これが私には何を言っているのかまったく分からない。米-ロ関係などもう大して深刻はない。そこを考えるとき、思い当たるのはせいぜい中国だ。もしかしてただ単に、日本の「4島!」「4島!」というスタンスに対する、「そう敵視しないで~」ということなんだろうか..。
そして、ロシアとはどう考えてもEU諸国だ。「アジア太平洋地域での」という意味はいったい何を言っているのだろう...。


そして大変に面白いニュアンスがある。
■■□
私たちは経済交流を拡大するために、平和条約を締結しようとしているわけではなく、平和条約を締結するために経済交流を発展させようとしております。(プーチンさん)
□■■

私の解釈では逆だ。しかしこれを「安全保障重視」と解釈するのではなく、「パートナーシップ重視」と解釈すれば、どっちが先とも後とも言えない解釈ができる。第一、日本にわざわざ安全保障を求めることが重要だとは思えない。
記事にあるように両国には、「イノベーション分野、エネルギー分野、テレコミュニケーション、ナノテクノロジー、省エネルギー、宇宙開発、運輸などの分野における両国間の協力のための可能性」があるのであり、これはパートナーシップと解釈できる。


それにしても、次の落とし所をサミットに持っていくのが何かのポイントであるのだろう。つまり、ロシアにとってはこの会談はサミットに向けた何かの準備でもあると解釈できる。
そうなってくると、ロシア-EU間に眠る何らかの難しい部分に対し、日本との協力でそれを打開できるということなのかもしれない。
メドベさんの顔を立てるだけならば、もうちょっとあとの出番でもいいハズだし。



結局、私になど何の情報もないので・・ 妄想しているだけのような話しになっている。
しかし、私の場合は分からないなりに妄想をし、その答え同士で検証をする。
頭の中で考えておくだけにとどめておくと、結局見えてきた答えにもなんとなく頷けてしまうものであり、違和感すら拾えない。

最後に、麻生さん会談の前に民主小沢さんと鳩山さんとの会談が組まれていることに触れたい。
55政党では以前に雑誌「選択」関連で取り上げたことだが・・ 「外務官僚もロシアも鳩山由紀夫外務大臣を望んでいるのでは」という話しがあったように、鳩山さんの対ロ効果は期待されているようだ。どこの記事だか見失ったが、今日の記事の中にも父鳩山総理の話題に触れているものがあったし、その記事内には「今も鳩山由紀夫さんはロシア方面で尽力している」と出ている。

確かに、諸外国にとって今の日本は何を決めようにも、どっちが政権与党になるのか分からない部分が接しづらいところだろう。ひょっとしたらプーチンさんは、今回の会談の相手は小沢さんだと思っていたのかもしれないし...。


いずれにしろ、私がこのようにわざわざロシアを取り上げるのは、日本の経済方面にとってロシアこそ大変に重要な可能性を秘めていると考えるからであり、またロシアが今の路線で真にEU諸国として着地することに対して日本が大いに貢献できるのではないかと思うからだ。

次はイタリアサミット。





スポンサーサイト

テーマ:ロシア - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/05/13(水) 01:46:31|
  2. 外交・世界
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<医薬品のネット販売について | ホーム | 選挙に勝てる党首>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/22-db262e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

55政党

Author:55政党
【一般市民の側から政治を考える】
政治家や専門家を向こうに回し、あくまでもそのシビアな内容に切り込むことを目指します。

フリーエリア

ランキングに参加してみました。たまにでも押してやって下さい!

人気ブログランキングへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
お知らせ (1)
今日のニュース・話題 (82)
外交・世界 (20)
経済・財政 (45)
教育 (14)
雇用・労働・人事 (20)
行政・地方 (14)
国会・立法・政府 (18)
法律・司法 (6)
官僚・公務員・公的法人 (30)
世論・識者・議論 (104)
市民・国民・大衆 (18)
民主主義 (25)
日本大好き陣営 (4)
安全・安心・人権・平等 (11)
自由主義 (7)
政党・権力 (49)
政治家 (10)
成長・失敗・葛藤 (5)
目的と手段・心理学・アイデンティティ (7)
価値観・倫理・道徳・宗教 (5)
人生方面 (16)
日本スタイル (20)
存在・時間・機会 (4)
モーニング娘 (12)
映画ほか (9)
医療・介護 (6)
メディア (25)
企業・事業・ビジネス (18)

RSSリンクの表示

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。