7年経ちました

55政党というブログからの

それでも構わないと言っているんだ 

今日目に付いたのは、「民主党の弱点を突いている」と思い込んでいる記事だ。

【争点再考 ’09衆院選】(中)憲法 迫る国民投票法の施行 ---MSN産経
(野党3党連立政権)「政権交代」とは民主党単独政権ではなく「3党連立政権」への交代である ---Today’s Eye(秀直さん)

国防や憲法改正方面は、確かに民主にとってウィークポイントだ。
がしかし、国民はそのことを分かっている上で「構わない」と言っているんだ。
そしてそれは、そこまでNO!と言われている自分達(自民達)のしてきたことをもうちょっと考えなければならない。
国民投票法は安倍さんががっつりと推し進めたものであるが・・ 国民の側に憲法改正論の機は熟していない。
大切なことなら、国会で議論をし、世論の話題に上げることだ。
郵政は・・ こんなことあってはならない。あれだけの支持を得た事項を差し戻すなんて(本来なら)とんでもないことだ。
が、民主は一応「戻すことはしない」と言っている。株式売却を凍結することは言っていて、100%株主のままじゃあ、確かに民営化じゃない。が.... 秀直さんがなんと言おうと、麻生自民だって後ろ向きだったわけで、そしてその麻生自民で行くと決めた以上、今の自民がそこを突けるわけがない。

ここの部分の必死さを見るにつけ、●各地にくまなく公的機関が存在することがよっぽど重要なのか... ●特定郵便局長さんの地元の意向とはとても強いものなのか... ●公務員の雇用を崩すことがとても大変なことなのか... などと思いを巡らす。

民主は、政策集INDEXにて公務員への労働基本権の付与を謳っている。これだけはせめて通してもらいたい。官公労組に支持してもらっている以上、民主が断行できるのは官僚機構のみだ、それは仕方がない。


消費税率なんだが・・ “数年間据え置き”が取り上げられ続けること自体に不信感を覚える。
民主は消費税を全額最低保障年金(一律7万円)に充てると言っている。ということは、消費税を上げるものなにも... それはこの最低保障年金をどう賄うか?という意味になるんだが...。
んだから消費税増税の話題は、今後は必ず、年金問題ということになる。


最後に、ちょっと逸れるんだが... 国防方面。
PAC3全国配備へ 北ミサイルの脅威、対応強化 防衛省拡大方針 ---MSN産経

防衛省というのは恐らく、細部のそっこら中に無駄な予算が使われている。
情報があるわけではないんだが・・ 防衛省の購買活動はかなりのどんぶり加減だ。これじゃあまさに、担当官&癒着企業天国... 各セクションの予算積み上げ型方式は防衛省には不向きではないのか?
第一、国防のことなのに、このような新たな取り組みを、こうやってわざわざオープンにしてPRして予算を勝ち取るようにしなけりゃなんないものなんだろうか?


民主には、そんな予算組みの流れ自体を変えることを期待したい。





スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/220-c491ffbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top