7年経ちました

55政党というブログからの

私立でカンパか・・ 

不況…教え子救いたい 教員ら、奨学金支給へ事業団次々 ---Asahi.com

大変に不信感を抱く記事だが・・ 教師や生徒が勝手に活動することに文句は言えない。
ただ... この記事“次々と”となっていて、あたかもここのところ顕著な動きなのか?と思ってしまうが、具体例は今年3月と6月、1976年の設立のものが上がっていて、今のタイミングで“次々と”というのはどうか...。

教師個人が金を貸したり、生徒がカンパを募ったり、企業が名乗りを上げるんじゃあ.... そもそも学校自身が何かすべきではないのか?

このような理由での退学者は28都道府県で513人。去年が407人だという。
んだからざっと均すといち都道府県あたり20名。
そして北海道では現行の制度では“対応しきれていない”という。ということは対応できている場合もあるということだ。
そして、その中で公立に転校した人はいないのだろうか?

それに対し、熊本では250万円既に集まったというが・・ いったい何人を救おうというのだろうか?

また、高校3年生の「親の病気やリストラで学ぶ権利を奪ってもいいのか」という声だが・・ そういう理由でハナっからあきらめている子供もいる。そういう理由でハナっから公立を通す子供もいる。
中高私立一貫の6年間で「何人かいた」という子含め、わざわざ名前まで出されているが・・ ちょっとかわいそうな気がする。

世論のために利用されているだけだとしたら、それを利用する大人たちがまずは何よりも却下されなければならない。(これに対し、間違っても「本人たちが望んだ」などと言うなよ。)



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/221-ffc3ca94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top