7年経ちました

55政党というブログからの

国民運動体「日本の夜明け」 

私が支持する渡辺喜美陣営「国民運動体」の名称が決定したようだ。
国民の手に政治を奪還する「国民運動体 日本の夜明け」


あえて言うならば、官僚内閣制打倒・道州制推進・自由主義・小さな政府を支持する面々だ。
※私は日本における自由主義の正しい理解として、「小さな政府」という概念は必要がないと考えている。が、池田信夫さんが今さらわざわざ「大きな政府-小さな政府」という対立軸を持ち出してきたということは、それを「議論の対立軸」として議論していくことが現実的な次の1歩なんだろうと思い、記載するようにした。私の意見では、今の日本においては自由主義よりもずっと個人主義についてを焦点に当てていろいろ考えていかなければならないように考えている。


「日本の夜明け」サイト内にある“メンバー登録”というもの.... これは特に何かするものではない。私はこれが立ち上がった早々に登録しているが、ヨッシーか江田さんがテレビに出演することが決まったときなどに番組を知らせるメールが届くくらいだ。

たったの一人一人が、その様に賛意を示すだけで十分にチカラになるんだろうと思う。
「気になってはいた」ような方がいれば、是非「自分一人分の声」を届けてみてはいかがでしょうか...。



(以降は余談)
現状を二大政党制&マニュフェスト政治が実現されているという世界観で判断されている方々にとって、ヨッシー陣営は評価をしづらい存在なのかもしれない。
私もかつては二大政党制を支持していた。
今はもう特に支持することはない。
共産系も婦人運動系も労組系も.... 思想や理想云々ではなく、現実面(利害関係者)が実質しっかりと大地に根を下している存在である以上、その政党を無視することはできない。真の深刻であり、明らかな問題は公明党にしかない。創価学会を宗教団体から取り下げるか、公明党を政党から取り下げるか、どちらかを選べないようではこの国の政治は問題があるということだ。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/24-40e787e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top