7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
優先順位を巡ってしきりに話題になっている新型インフルエンザのワクチンだが・・
これを予防接種と呼んでいる人が結構いる。

新型インフルには、予防接種はできない。
これはあくまでも罹ってからの治療薬のことだ。

しかも、それら治療薬は、感染後2日以内に投与されなければ効果は薄くなる。

6000万~7000万人分ワクチン確保へ ---読売オンライン

恐らく、このようなニュースが出るから予防接種と勘違いするのかもしれない。
これは国民の半数相当が病気にかかった場合の治療薬の確保だ。
しかも48時間以内が望ましく、そして薬を飲んだ方がいいのか微妙という見解もある。

「慢性疾患の方々が重症になりやすい」とか、「妊婦から」とか「子供から」とかいろいろ言われているが・・ それは皆一斉に罹った場合の話しだ。
これは治療薬であり、早期拡大路線を防止するためにも前半戦が重要となることを考えると・・ 罹った人で48時間以内と思われる人に次から次へ処方していくよりしょうがなくないか?!!

大人の健常者(慢性疾患ナシ)が、「新型っぽい」と受診に行って・・ 「確かに新型です」となったとき、「あなたは優先順位が低いんで、処方しません」となるか?

特効薬とも言い切れず、その効果はまる2日以内の処方が望ましく、そして多くの人は軽い症状であることを考えるとき・・ 医師のジャッジに任せるよりない。

それであるならば、クスリにそんな話題を集中させず、日々日常の習慣や誤解を解く方向を流すべきだ。
●「ダックマスク(N95マスク)がいいらしい」という話しを聞くが、厚生労働省は推奨していない。
●口や鼻から入る範囲なら、目にだって入る。
●そして冒頭のように、予防接種と勘違いしている人も多い
●従来型の予防接種を受けておくことで、医療側の判断の選択肢が狭まり、判断が早くできるらしい。
※あくまでも従来型だと思われるが・・
【室温22℃で6時間後のウイルスの活動状態の実験】湿度20%→66% 湿度50%→4%

そもそもちょっと調べればすぐに分かることだが・・
一応、参考にしたサイトを出しておこう。
厚生労働省
東京海上日動リスクコンサルティング

スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/244-0aea6610
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。