7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

高速道路無料化の議論の軸 

引き続き高速道路無料化について。
今日は内容よりも議論される姿勢というか、議論の軸を注目していきたい。

高速無料化、虚偽の説明は訂正すべきだ ---日経BPネット

まず、「約束と違う」系はあまり重視すべきではない。
マニフェスト政治の勘違いしやすい部分だが・・ たとえそれを公約していようとなんだろうと、それを細部検討し皆で議論したときによりよい答えがでるのであれば、それは誰もが歓迎すべき事項だ。
「それをするというから投票したのに.. それをしないんじゃあ話しにならない。」というのは気持ちとしては分かるが・・ それでは大変に浅はかな世の中だ。

次に、今回取り上げた記事を読むと、民主がどうして高速道路無料化を主張しているのかまったく見えなくなってしまった。
「何故、無料化するのか?」という根本を、今一度主張してもらいたいものだ。

そして、環境面の試算だとか経済効果試算とかもよく出てくるが・・・ 試算はあまり鵜呑みにはできない。
高速の周りが栄えたとして・・ 一般道の周りはその分減る。
一般道周りの受益者から、高速回りの(つまりJHとか国とか)受益者に富が移るだけだ。
インター付近がより栄えやすいとして、途中は皆飛ばされる。
地方のみが無料化されるとして・・ そもそも高速は地方都市同士を結ぶというより都市部と結ぶものばかりだから、①都市部が混むだけ ②経済効果に疑問 となるように妄想するのはそれほど外れていないハズだ。
経済効果vsCO2排出 の議論が多いことを考えると、結局キッカケを与えて消費を煽りたいという程度の経済効果なんだろうけど...。


まあとにかく、「約束と違う!」系な姿勢は、非難する方もされる方も却下して、より建設的なほうへ議論を進めていくべきだ。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/270-0876d8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。