55政党

[ 何を選ぶのか.. どうやって選ぶのか..   いや、それ以前に選ぶことができないことが問題だ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

モーニング娘を真剣に考える

モーニング娘ファンの間でしばしば真剣に考察されるのは、
「今一度、ラブマシーン~恋愛レボリューション21までのようなメガヒットを出すにはどうしたらいいか?」
「メンバーがよく分からないと言われるような没個性感をどうやって改善していけばいいのか?」
という内容が多い。

にわかファンの私もそれは感じるところであり、そんな“にわか”な距離感からそこを真剣に考えてみたい。


【1】ラブマシーン
まず、その大ヒット曲は大変に新しく、そして特異であった。
「ニッポンのみらいはウォウウォウウォウウォウウォウ」
こんな子らがニッポンの未来などと歌うこともなければ、文章にならないそれら掛け声的なもの、奇声的なものが中心になる歌もない。
そして何より祭的である。
これは氣志團~DJOZMAもそのような部分が重要であったろうと感じることが出来る。
そしてそんな祭的なものは、ハナっから参加する人が存在することを前提としているかのような、参加型パフォーマンスとなっている。

いずれにしろ、もう今となっては目新しくはなれないのだが・・ そうであっても現在のモーニング娘は、(猛烈なファン以外にとっては)参加するものではなく、見るものになっている。


【2】カンバン
当初のモーニング娘は、バラバラな個人を無理やりくっつける意味でユニットを組んでいる。
呉越同舟型の船だ。
ところが、ラブマ~恋愛21の大ヒット及びキャラクターの確定により、カンバンが一人で立つようになった。
強烈な個性を無理やりその船に乗っけて取り組むのではなく、その船に乗ること自体を強く願い、また、その船員にふさわしい人を選考していくようになる。
4期と呼ばれるメンバーがまさにその変節期にあたり、5期でその傾向は確定する。
徳川幕府で言えば、初期メンバーがいた時代が家康幕府、ヨッシー時代が秀忠幕府、現在は家光幕府となる(べきであろう)。カンバンが引き続き生き続けるのであれば、逆にそのうち綱吉的トンデモ幕府も生まれることとなるに違いない。


【3】個性
これは意外とシンプルな話しだ。
個人が先に在るか船(カンバン)が先に在るか・・ その違いが何より大きい。
船が先に在る以上、ここは考え方を変えていかなければならない。もう、初期メンバーにあった個性は帰ってこないと考えなければならない。
EXILEのイケメンなボーカル君... 彼も既にそのような傾向があるじゃないか...。
自分達がやっていること=EXILEなのは初期メンバーであって、どうやってEXILEになっていこうかが重要な後入りにとっては、既に存在している場所が違うのであろう。


【4】統制とパフォーマンス
スキャンダルの連続が響いていると捉えている人もいるようだが・・ そこまでのメンバーはスキャンダルが響かない人たちであろう。
既に確立したカンバン(船)とパフォーマンス、それを継続するということは積み上げていくということであり、レベルはアップしていく。また、船を知っていての乗組員は、そこに染まっていくことを望んでいる。
パフォーマンスへの要求度は上がり、統制は強化されていく。それはつまり没個性でもある。各個人を船(カンバン)に合わせる作業だ。
だがしかし、それはプロデュース側だけのせいではなく、メンバーもそのようなメンバーであるのだから、そこを修正すべきかどうかは難しいところだ。
現に、ライブ映像で見る現メンバーのパフォーマンスは素晴らしい。



【5】アイドル
初期メンバーから、一応“アイドル”というくくりで扱われているが・・ アイドルというのはつまり“ドール”のこと。キャラクターを演じきるのがアイドルだ。
その意味でのアイドルであれば、それはむしろ今始まったばかりなんだ。
ジャニーズを考えると、ぶっちゃけてもいい系アイドルというのはSMAPから始まっている。しかし、それでも明らかに範囲は限られており、演じきるアイドルの範囲が広がった(変わった)に過ぎない。
現在はアイドルを演じきるよりも、より自然体でもアイドルとしてやっていける人がアイドルをやっている。完全な“ドール”はとっくに時代遅れなのであろう。
SMAPの個性が生きるのは、前述のように・・ 初期メンバーだからであろう。(普通は初期メンバーしかない。ジャニーズの場合はハナっから歌が重要ではない。歌手ではなく、タレントだ。キムタクでさえシングル曲を出していない。)
モーニング娘に話しを戻そう。
今のメンバーは比較的容姿が整ってきていることも手伝って、アイドルとしての出発はむしろ現メンバーからであろう。
アイドルというのは、個性的なように見えて本来は、むしろ没個性なのである。

しかし、女性アイドルと呼べる存在は随分と昔に衰退している。
森高千里が最後か?松浦亜弥か....?
いずれにしろ、小室ファミリーの登場の頃から、女性アイドルとはむしろ女性から恥ずかしがられる存在となっているし、日本の場合特に、女性の性解放化の激流の最中にあることも関係しているのであろう。それでも女性アイドルは女性に好かれなければならない。女性がマネをしたがる存在こそが女性アイドルであろう。
現在の女性アイドルは、オタクだけのものとなった。再びメガヒットを飛ばすには、それ以外の層に買ってもらえなければならないのは言うまでもない。

【6】家光幕府化に向けて
ここからが真の船出である。
今までは、自分らがすっ飛ばしてきた船がモーニング娘号と呼ばれた。
これからは、モーニング娘号自体がまず“在る”んだ。
だからまずは、その船に旗を立てなければならない。


DragonAshに『ユリの紋章』があるように... モーニング娘にも旗印が必要だ。
この青い旗もいい感じだが、衣装のターコイズブルーの旗なんてよりイイんじゃないか..。

そして結局何より重要なのは楽曲なんだが・・
その旗印に求められているのは“観賞型”ではなく“参加型”であろう。

私が今さらにわかファンとなったのは、YouTubeで見るライブ映像と、バックステージの無邪気可愛いさにある。そしてライブ映像で重要なのは、オタク芸やその一体となった盛り上がりにある。
とにかく何か楽しいことになっているのが重要で、やはり“祭”感は重要な要素であろう。
そして、今のメンバーの特性を無視することも出来ない。
この子らが一番得意とするのは、きっと“ぶっりぶり”なものであろう... しかし、統制されたダンスパフォーマンスも素晴らしい。それらを融合したものをとりあえず見てみたいものだ。

そのような葛藤中であるのだろうか...。
ただ、「ちょいエロ」という単語の似合わなさはかなり不愉快だな。



【9/20追加】
実はライブに行ってきました。
ファミリー席とやらがあまっているということでローソンで購入...
今日、9/20に松戸市民の森文化ホールに行ってきたんです。

私はホント、にわかファン。
ファミリー席というものの性質や恐怖のモーヲタ情報などを調べていたら、9/16(ほんの水曜)にベイエフエムで次のシングルがお披露目されるのを知った。
そんなわけで本文に載せているが・・ 早速その存在を知っているのでYoutubeに取りに行けたわけだ。
そして昨日(9/19)は何と、久住小春さんが今回のライブツアー終了と同時に卒業するというニュースが飛び込んできた。
巡回して情報を集めていた先のブログさん方々も、「このメンバーは長かった分ショックが大きい」と言いう意見が多かった。
私にとっても、初めてのライブ参加の前日でのニュースだ。
今日の朝にはその発表がなされた9/19のツアー初日のレポートまで幾人かのヲタさんが書き込んでいる。「よし、では私はとりあえず、久住小春色のTシャツを現地で買ってエールを送ろう。」などと思い、出発した。
強く興味を持ち始めてホンノ1カ月足らず...。いやいや何とも慌ただしい。

ライブについて・・・
いやいや、とんでもない盛り上がりようだった。
会場が小さいせいか、大音量で演奏されているように感じるんだが・・ それであっても、ヲタさんらの声援で歌が良く聞こえない時もあるほどだった。
私は3階席で、そして事前の勉強ではファミリー席というのは“家族やお子さんも安心して見られるように着席して見る席”なハズだったのだが・・・ いやいや皆しょっぱなから立ちあがっている。
そして皆同じ所で同じようにジャンプするその振動がすごく... 若干3階席自体を心配するほどだった。

そしてまずは本文の新曲『気まぐれプリンセス』への印象を大きく修正しなければならない。
ハンパでなく盛り上がっている。
皆ほんの水曜に初めて聴いたばかりのハズだというのに.... 声援や掛け声的なものが猛烈にそろっているじゃないか....。
モーニング娘のYouTube映像を見ていると、「何よりの出演者は、お客さんだ。」的コメントをメンバーがしているのがあるが・・ これはきれい事ではなく、まさしくその通りだった。
お客さんの掛け声や声援がハナっからセットで組み込まれていると考えなければならない。“それ付き”でようやっと完成される。そしてそれはとても素晴らしいものだ。

私ももうちょっと曲を知っていればなお一層盛り上がれたんだが・・ そんなのは気にならないくらい一緒になって(やや遅れて)盛り上がってれば十分に楽しい。
いや、正直... サマソニよりもっと楽しい。かつて「気持ち悪い」と言われたであろうこの一体感は決してそんな印象ではなかった。

一番に盛り上がったのは、リゾナントブルー そして新曲気まぐれプリンセスなように思うが・・ 始めて聞いてとても印象に残ったものを自分のメモ代わりに残しておこう。




不思議なものだ。
ヲタ芸付きのモーニング娘を観戦する感じ... これが実にイイものだった。
東京厚生年金会館も行ってみたい気持ちがいっぱいになった。



スポンサーサイト
  1. 2009/09/19(土) 13:58:19|
  2. モーニング娘
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<民主内閣のスタート | ホーム | 建設的もクソもない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/272-f411de4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

55政党

Author:55政党
【一般市民の側から政治を考える】
政治家や専門家を向こうに回し、あくまでもそのシビアな内容に切り込むことを目指します。

フリーエリア

ランキングに参加してみました。たまにでも押してやって下さい!

人気ブログランキングへ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
お知らせ (1)
今日のニュース・話題 (82)
外交・世界 (20)
経済・財政 (45)
教育 (14)
雇用・労働・人事 (20)
行政・地方 (14)
国会・立法・政府 (18)
法律・司法 (6)
官僚・公務員・公的法人 (30)
世論・識者・議論 (104)
市民・国民・大衆 (18)
民主主義 (25)
日本大好き陣営 (4)
安全・安心・人権・平等 (11)
自由主義 (7)
政党・権力 (49)
政治家 (10)
成長・失敗・葛藤 (5)
目的と手段・心理学・アイデンティティ (7)
価値観・倫理・道徳・宗教 (5)
人生方面 (16)
日本スタイル (20)
存在・時間・機会 (4)
モーニング娘 (12)
映画ほか (9)
医療・介護 (6)
メディア (25)
企業・事業・ビジネス (18)

RSSリンクの表示

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。