7年経ちました

55政党というブログからの

政官財癒着構造の破壊は進んでいる。
空港特別会計、抜本見直しへ「不採算生む要因」 ---読売オンライン
ダム中止の阻止にうごめく天下りOB ---永田町異聞


利権構造の破壊はじゃんじゃん進めていってもらうとして・・
こうなってくると、入札メカニズムの改善も行っていかなければならない。

入札は、値段で決まる。
予算決めの前に、事業実施が決まっているのであれば・・ 
公的機関からの概要説明 → 企業からのプラン提示 → 企業も一斉に参加しての協議 → 案件の仕様書確定 → 入札 という流れにするとか....。

現状では、無茶な業者がとんでもない値段で落札してしまったり、できもしない業者が落札してしまったりとか、予算が先に決まっているからこそ予算枠ギリギリで構わない発注者側の問題があったりしている。

当該事案自体については、運営者が詳しい。しかし発注分野個々は各事業者が詳しい。
どのような形にしていくか・・ から一般入札的参加形態で多くに参加してもらうことで、値段だけで決まることがなくなるし、無茶な業者の参加&落札も減る。そして予算枠が先に決まらないことも魅力だ。


“官と民の間にあるもの”については、現状良いニュースが多いが、民主サイドにも引き続き監視が必要だ。ここの新しい秩序づくりに注目していかなければならない。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/286-8a07b69e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top