7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

なるほど~ 大前さんの道路論 

本当の「高速無料化」と借金返済計画はこれだ ---日経BPネット

確かに道路公団民営化は、このように今言われてみると問題がある。
しかし、当時は有料道路がいずれは無料になるという建前を信じている人などいなかったろう。

私の場合は、京葉道路(幕張~小松川間)を最もよく使うんだが、この区間たったの200円... しかし京葉道路はとっくにタダになっていなければならないハズのものであるらしい。
そういう料金が結局ほかの道路に回されているのだから、高速道路は必要か?話しのほうが有効になってしまう。

そして、道路公団の寿命がそもそも20年だと言われても、それを真に受ける人などいなかった。
公団職員が皆公務員一般枠で採用され、いずれ“戻っていく”予定ならいざ知らず、専従職員が発生する時点でそれはあやしいものだ。


多くの知事さんは、自分のところに高速道路を作ってもらいたいから反対しているというが・・ 国民の多くが高速道路を作って欲しいのかどうかとはまったく別の話しだ。
地域の首長は地域復興のためにそれを望んでいる。一部の地権者は土地が売れるかもしれないし、ロクな価値もなかったハズの土地が高値で貸し出せる土地に化けるかもしれないが・・ それはごく一部だ。

プレート課税についても、法人及び使用頻度の高い人はそれで構わないかもしれないが・・ 多くの一般個人は、その都度払いを採用するのが目に見えている。毎年度徴収にすると行政の増加が発生してしまうので、車検毎と考えるのが普通なんだろうが・・ 3年分一括を採用する一般市民はあまりいないだろう。それを回避するにはプレート課税料金をかなり魅力的な額に設定しなければならず、そうなってくると収支ラインが微妙になってくるんだろう。


過去を振り返っての現在からみれば、確かに道路公団の民営化は早計だ。しかし当時では、運営費の効率化や道路特定財源にメスを入れることに主眼があり、であるからこそ、今こうしてより細部を検討していける環境になってきているのであろう。

スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/293-2d905039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。