7年経ちました

55政党というブログからの

55政党では、法律や政治に関して考える中で、何度か「結局は人間性の問題なんじゃないか!」と言ってきているが・・ 昨日の加藤さん論を読んで、その思いに自信がついた。

誰かを悪人に仕立て上げることで、あたかも自身が善人か正義の味方であるかのように感じれる・・・ そんなどうしようもない大人が主張するような“こどもの権利条例”等のとんでもない法律を、どれだけ減らしていけるか?こそが、私たちの国家に試されている。

自身の人生のエッセンスに加えるために平気で不特定多数を貶めるような人間が作る法律がどれだけ少ないか・・ まさにそれこそが、これからの日本国(人)に試されている事項だ。(リピート気味だが...。)


そのような自己認識の著しく劣っている発想から、脱皮しなければならない。
世界はそれぞれが自分を中心に考えるしかないとして・・ それでも、自分から見た世界と、世界から見た自分が存在する。
自我とは、ここで言う“自分から見た世界”の世界であり、超自我とは結局のところ“世界から見た自分”のことだ。時と場合によって、ここで言う“世界”というのは認識を変える。
学校にて考える場合は、ククラスメイトとして・・ だったり、生徒として・・ だったり。
街中で考える場合は、若者として・・ だったり、地域の住民として・・ だったり。
つまり、世界から見た自分を意識することで、それは他律が発生することになる。そんな自らを律するチカラを通常は超自我と呼び、それは結局そういうことだ。
そんな超自我を自我の中に取り込んで統合させることを自己同一性(アイデンティティの確立)と呼び、多くの状況下において、自分から見た世界と世界から見た自分を同時に認識することを可能にする。

冒頭のような、幸せなくらいの勘違いっぷりを展開する方々は、そのような意味で“自己への認識の足らなさ加減”と繋がるわけだ。

片方の方向が存在する時点で、それは必ず反対側からの方向が存在する。
それは日々のコミュニケーションも同じことで・・ 自身が発信しているハズが、同時に何かを受信している。自身が影響を与えているつもりが・・ 自身も影響を受けている。


人間は、種の保存本能がある時点ですでに、社会性が組み込まれている(両性具有ではないから...)。但し、自己以外は基本的に自己がコントロールできない。自己と自己以外との関わりを、自身はコントロール出来ないということだ。
そのような中にあって、自己と自己以外が影響しあうことを認識(確認)できるような機会とは・・ 大変に素晴らしいものであろう。
そしてそれが素晴らしいものだからといって・・ それを“目指すべき”なのではない。それは成し遂げられたものが素晴らしいというだけの話しであり、合理性的に目指すこととは一切関係がない。

本来、合理的(もしくは経済的、もしくは効率的、もしくは合理性的)というメカニズムは、本能を満たすために存在する。理性は、本能を抑えるために存在するのではなく、結果的にそれを満たせるよう・・ 論理的に、計画的に実践するために編み出されたものであり、つまりそれが合理性的ということになる。
そして仕事や勉強どころか・・ 私たちは日々のちょっとしたことにも効率性(つまり経済性)を意識する。生きることとはほぼ経済性の追求の日々と言ってよく、そしてそのメカニズムの持つ本来の意味(本能を満たす)ことと分離して活用され始めるからこそ、精神に支障をきたすのであろう。









影響を与えることで影響を受ける例を、本日もモーニング娘で表す。

●雨の降らない星では愛せないだろう


出だしはリーダーである高橋愛ちゃん、そして次にサブリーダーである新垣里沙さん、そして次は亀井絵里リン.... とここで次に流れていこうとしたカメラがピタっと止まる。
日頃は、おちゃらけキャラで、そして自分に甘いキャラである亀井えりりんが泣いている。
この子はあまり自己以外の世界から影響を真に受ける印象のない子だ。自分が好調なら飛ばし・・ 自分が感傷的なら泣く・・ そんなイメージの子だ。

歌の歌い終わりと同時に... 3:45あたりで、ガキさん(新垣)は観客というかその空間に向かってとても小さな拍手をしている。そしてその直後の愛ちゃん(高橋)は、ブルブルっとなっている。

このような姿は、モーニング娘のライブ映像を見ていてとても珍しいものなんだと思う。(私は全部見ているわけではないので...。)
このツアーについて、全日程終了した後日にBAYFMで語っているものをやはりYouTubeで発見した。ガキさんが「みんなも歌ってください」と言ってこの曲がスタートしているそうなんだが・・ その時の観客の合唱がとてつもなく、鳥肌が立ったと語っている。
それはきっとこのライブ自体が大変に素晴らしかったからこそ、観客がそのような状態になっている。そしてその合唱に影響されて、きっと亀井ほかがそんな状態になっているのだろう。

そのようなことを当然知っているヲタさんなんだろうか・・・ 上の動画がどうやら売られているDVDのものと近いんだと思うが・・ 観客の声を強調加工した(むしろ本当の状態に戻した?)画像も発見した。
是非見比べてみて頂きたいところだが・・ “埋め込み禁止”となっているためにリンクを張った。
●雨の降らない星では愛せないだろう

機会とは、素晴らしいものだ。
そしてただそれだけのことだ。



【10月4日 追加】
雨の降らない~ でまた別の映像を見つけた。
映像の最後の最後... 4:30過ぎの青い子は、感極まって泣くのをこらえている。
これはまだ、ライブが始まったばかりだ。



偽善じみた歌詞に嫌悪感を覚える人もいるんだろうが.... 世界という横の繋がり、タスキを渡す使命という縦の繋がり、そしてそんな時空の中で今ここに立っている自分を感じるとても素晴らしい曲だと思う。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/294-0985a146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top