7年経ちました

55政党というブログからの

実力主義な世界 

このところ批判している雇用・人事方面の「実力主義・実績主義」について掘り下げたい。

以前と比べて、近頃のサラリーマンに感じる姿勢は・・
面倒なことはとりあえず逃げつつ... 手柄や結果や自己へ評価のUPに繋がる美味しいネタを拾い上げることには目ざとい。ということだ。

かたや取り組むべきことに取り組んできた真っ当な方々は、ただ単にその結果を評価されるハズ... なんだが、実際は得てしてそのようなまともな方々は面倒な話を持ってくる場合が多く、それを何とかかわすことで、まともに取り組む人間に障害を与えている。

そしてそれがひとたび良い評価に結びつくようなカタチが見え出すと・・ 今度は後から“上乗っかり”で手柄を持っていく。
しまいには、後から上乗っかりであるにも関わらず、最終仕上げのちょっとした意見の相違程度でその人を飛ばし、完全に手柄を独り占めしてしまう豪腕もいる。


そのような人が評価され、人事等級が上がっていくシステムこそが実力主義(実績主義)だ。
実績主義とは、実績だけ欲しい人により点数が付き易い。
強く望む人がそれを得やすいのと同じことだ。

従事している当人らは、お互いをよく分かっている。
つまり真っ当なことを真っ当に取り組んでいるのが誰なのか分かっている。
わざわざ人事を実績主義などといってルールに当てはめる必要など・・ そもそも部外者や株主にしかないんだ。

そこを上から引っ張り上げることの出来る上層部であることこそが、その企業の未来を表している。


企業側も連合と結託して中高年正規雇用を守っているという主張を見るが、解雇規制等を外せばそれをしなくなるであろう..... であれば、それは結託しているとは言えない。
このような類の主張は、「自分こそ労働者の味方陣営である!」と表明しているだけの主張だ。

労働者が、企業の成長や従事事項の発展に取り組むよりも、自己の雇用・待遇が維持されることを優先に取り組む時点で、その企業は衰退に向かっている。
それを食い止めたいのは当該企業なんであり、雇用とは全く別の話しだ。

そして読んでいただけたら分かる通り・・ これもまた、人間性の問題でしかない。
皆で左翼的発想を非難しているようでいて・・ 既に議論の軸が左寄りになっている。




スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/297-0e88d786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top