7年経ちました

55政党というブログからの

全く理解していないシロウトの妄想だが・・
外貨準備金のドル札は、そのまま貸し出すことは不可能なんだろうか?

麻生さんはそこからIMFに貸し出したハズだ。

ドル崩壊の噂話は広がっている。
田中宇の国際ニュース解説
「東アジア共同体」構想、日中韓で目標共有
「出口戦略」は失敗する
ドル崩壊へのカウントダウン

まあ崩壊といっても、ドルの価値が下がり、基軸通貨が多極化するという話しのようだが...。



現在の日本の外貨準備高は約120兆円。
それを米国債で運用しているらしく、その運用益は年3兆円らしい。

ドルを売ることが出来ないにしても、ドル札をそのまんま融資に使えればいいんだろう。
これを何とか新興国市場(NEXT11)に投入できる原資にならないんだろうか....。(新興国がそのドルを売ったら意味ないので、その辺の工夫も含む。)
繰り返すが、日本はIMFにはドルで10兆円分融資した。不可能ではないんだと思う。


中国及び日本のドル保有が逆にアメリカが強引に出来ない理由にもなっているというが、そんな選択は自らも滅ぼすだけで、結局使えない核兵器と同じだ。最終的には使えない。

国内経済だけを考えれば、今まで国内で使われていないお金なのだから、引き続き使われなくても関係ないハズだ。
であれば、価値があるうちに使える手段を考えなければ。



東アジア通貨構想については、内内で使いまわせる通貨を作ることによって、経済圏を広げようということなんだろうが・・ 中国も乗り気なことを考えるとき、その通貨を支える原資は結局もてあましているドル札なんだろう。

以前55政党では、こういった通貨方面の駆け引きに北方領土問題はきっと絡んでいると妄想した。でなければ、プーチンさんの態度変わりが理解できない。

そのどちらもをジャッジできる可能性が鳩山さんにはある。
国内よりもむしろ外交が重要な内閣なのかもしれない。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/309-05a313f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top