7年経ちました

55政党というブログからの

昨日だったか... はてブ人気エントリランキングで『僕の邪悪なメモ』さんという方の記事が面白かった。
生活保護の本当の問題点

生活保護の支給を受けている世帯の割合は高齢による支給が45%を占めていること。
そして高齢者の個人金融資産の一人当たりの平均値(日経ヴェリタスからのデータ)が出ている。
60歳代平均が3132万円、70歳以上平均が2382万円。
そんな平均値には、当然生活保護を受けている高齢世帯の人数も含まれているだろう... それを考えると平均値の威力が一層高いことが分かる。


年金や世代間格差の話しは55政党でもだいぶ前に取り上げてきたが・・ 私なんかのザックリ計算では確か1人あたり平均で800万ぐらい.... と計算していた。これは大きく修正しなければならない。
まあそれでも私の主張も、同世代間の相互扶助だったけど。

寿命も伸びているし、医療も発達している。生きている間にどうこう... というのは現実は難しい。
それを資産運用などしてくれればまだいいのだが、タンス預金が確定している人のお金は恐らくもう引っ張り出せない。
55政党では、“相続や生前贈与を全額回収してそれに充てて欲しい”としている。もちろんこれは国債の買戻しに充ててもいいが、相続税は今既に75%くらい持ってかれる。配偶者へのケアはもちろんしなければならないが・・ 子供や兄弟に配っていい理由などそもそもない。
子供の場合など、そのタイミングで既に親の経済的恩恵を十分に受けている。
稼いだお金は国家や時代に感謝して納めてしまうのがむしろニュートラルであろう。
今現状で相続税や生前贈与が何に使われているのか知らないが、これだと相続税特会ってことになるわけだ。

しかもこの個人金融資産はあくまでも金融の話しであり、土地は含まれていない。
だから財産が国家に没収される感への配慮も必要ないだろう。
大した額ではないのかもしれないが、出来る手立てではあろう。



それと.... 全然別件だが、池田信夫さんの『希望を捨てる勇気』を買った。

希望を

後日触れよう。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/311-d5ee3c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top