7年経ちました

55政党というブログからの

昨日の夜中に、「光市母子殺害事件も気になる」としていたが・・ 私が気になっていたのは別の件でした。

あと、今日もまた池田さんの記事なんだが・・
保育バウチャーで待機児童をなくせ

まあ別に、望ましいところに望ましいサービスが行き届けば何でもいいんだが・・
この“日教組が”というのが気になるなぁ。
保育所は厚労省管轄だし、教諭ではなく、保育士だ。そんなとこまで日教組は手を延ばせるとしたらかなり怖い。ゴルゴ13で言う「KGBの長い手」並みだ。



そして昨日一昨日で彷徨っていた、自由主義陣営とニッポン大好き陣営の自分の記事を読んでいてちょっと浮かんだことがある。

ニッポン大好き陣営は、もしかしたら何でもかんでも効率的に運営していくことをヨシとするような、自由主義陣営の合理的性さがイヤなんじゃないだろうかと....。
そして、私自身の主張も、合理的に過ぎるドライな意見だと受け取れるんじゃないか....と。そんなことが浮かんだ。
それは特に、池田さんのソニーの話しで取り上げた“製品開発には成功か失敗かの二種類しかなく、我々の時代は成功を確信して技術を磨いたもの。 それが「ソニーはとんでもない製品を~”の部分だ。
世の中の動きは各個人の『思い』や『気概』が生んでいることも多い。そしてそれは55政党でも無視していない部分でもある。

もしその辺が「納得いかない」のだとしたら・・・ まずは、「会社とは契約書の束」について考えることをお勧めする。

統治やルール側にも、法律や世論(周囲の空気)や秩序や伝統、慣習、1対1の場合などが存在する。
法律は全てを網羅しないし、それだけでは実効力がないことも多い。自由主義陣営が主張している内容は、そんな中での政治(つまり法律)についてだけを言っているわけで、それ以外の部分は結局なるようにしかならない(出来るようにしかできない)ことを確信している姿勢なわけだ。

会社というもの自体は所詮契約書の束でしかない。がしかし、その中で働く人たちや顧客との関係ほか多くのことは、契約で定められている内容には到底収まりきらない。
そのような部分は、契約で定めるべきことかどうか・・ こそがまずは問われるべきことであり、つまりそのような部分を否定するどころか全面的に認めているわけだ。

まあ、大きな勘違いだったら、ほっといてもらっていい話しなんだけど....。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 1

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/322-e58ceb6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 光市

光市の天気 光市のニュース 光市の口コミ情報...

Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 | 2009/10/22 11:14

▲Page top