7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
私が通常以外の情報収集をする唯一の手段である雑誌『選択』の11月号が届いた。

内容的には、55政党特集になっている(もちろん大きな勘違いだ)といってよい。
世の中は、当たり前のことを「当たり前だ!」とわざわざ主張するチャンネルがないものなんだなぁと新ためて思った。(つまり、選択の主張は至ってニュートラルなんだろう... 私は多くのことに同意する。・・という話し。)


中身をまずざっと行くと・・
①オバマのノーベル受賞は早計という世論あり
②アフガン-パキスタン
③イランはまだまだ問題あり
④鳩山個人献金や石井一さんの福祉関連書類偽装絡みありなど民主への捜査方面
⑤自民の凋落
⑥埋蔵金-国債にかかる民主戦略
⑦25%削減こそが日本経済を救う
⑧JR西日本の利益優先主義   ・・・等々

これは55政党でちょっとでも触れた話題の部分だけであり、当然それ以外にもある。
この中で⑥埋蔵金-国債と、⑦CO2の25%削減は長くなるので別途立てることにする。

それ以外を触れていこう。

まずは⑤自民の凋落について。
ここではその症状について最初に捉えているのが「首班指名選挙」を挙げている。
55政党では、「自民総裁をさっさと決め、党の代表に入れるべき」ということを重要視していた。
このように言われてみれば至って当たり前の話しに感じるだろうが・・ その当時に、このことを重要視する主張は見られなかったのは事実だ。
そこの重要さに気づけない自民はまさに瀕死状態だろう。

そして貴重なパキスタン情報の②。
『選択』の見解では、パキスタン政府がタリバン掃討に進展が見られない理由として●それによって得られる援助資金に依存する体質になってるのでは?となっている。

確かに、この内容を読む限り納得できる。
それで充分なんだが・・ この中で以降も押さえておきたい内容が2点ある。
●国内世論もタリバンを支持している(地元紙などの世論調査で支持40%だそうだ。)
●インドとの関係こそが一番の心配ごと

そのような土壌があることを覚えておこう。


鳩山故人献金や倉沢邦夫という人(厚労省の文書偽造関連)の件で石井一さんが関与している件について捜査の手が伸びていることについては、小沢さん中心に次の総理(菅さんor岡田さん)の検討に入っているそうで... どうやら動きがありそうだ。


JR西日本の件とは、あの福知山の脱線のことと... そんな体質はまだまだ抜けてないという話しになっているんだが、この中にある「利益優先主義に走った挙句」というニュアンスがある。

重要なのは、利益優先主義だろうと、拝金主義だろうと、市場原理主義だろうと・・・ やってく事業の質の担保の話しとは別の話しだということだ。
そもそも提供していくものの中身がホンモノでなければ、ビジネスとして失格なわけで・・ 電車が安全より利益を優先するということは、インチキなものを売っている悪徳企業と何一つ変わらないことであり、○○主義のせいにする発想は大きな感違いであろう。

ここの部分が欠落している発想は、何もJR西日本に限らず、通常の世論でも多い。
今一度よく考えなければならない。

キャビアを売ってる会社が利益優先のためにトンブリを売ったとしよう.... それでなぜ○○主義のせいになる?これはあきらかに人間性の問題であり、そんな人間性である限り、どんな制度にしようと同じ事だ。


埋蔵金-国債の話と、CO2の25%削減を別立てする理由を説明すると・・

一般会計肥大化
     ↓
国債発行?埋蔵金?
     ↓
郵貯活用?政投銀で運用?
          ↓
新規投資分野(エコ関連全般)

というふうに、55政党で妄想してきたこのところの民主の壮大なグランドデザインとつながる話しになっているからだ。それがつながっている(描かれている)ことを想定する場合、思っている以上に筋が通っていることになる。

そう考えるとき、行政刷新会議の事業仕分けや、地方分権推進委の動きも十分に連動していることになる。

ここを国債-埋蔵金関連と、EV車のバッテリーの話しの2つにわけて追っかける。

スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/341-bdf44141
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。