7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

リスタートの背中を押す 

ここのところの話題は、菅さんVS竹中さん、天皇陛下の政治利用、自民の自民批判などか... あまり興味の持てる議論は出てこない。
自民の自民批判など・・ 主張がまともだろうと何だろうと、それ以前に“世論に言うんじゃなくて自分のとこで勝手にやってくれ!”っていう内容が多く、内容ウンヌン以前のレベルだ。


そして民主の経済施策方面を取り巻く議論は多いが・・
需要がナンチャラ供給がナンチャラよく分からないけど、それをどーのこーの言う以前に、基本的にはリスタートをどれだけ支援できるか?こそがすべてであるハズで、それを逸れた部分で話しが展開する時点で問題の枝葉でしかなくなってしまう。どんだけ優秀な方々が高度な議論をしたとしても、それは変われない。
優先順位は、優先するしかないんだ。

金融の自由度を上げたところで、リスクのあるところに資金が供給できるかどうかこそが重要なわけなので・・ それはまずは人間性の問題だということになる。


今現在高値が付いているものを担保に貸し付けをし、それが膨らみすぎたら担保価値ごと破裂する・・ それが立派な大学を出た方々のすることだとしたら、あまりにも馬鹿げている。

新しい価値を信じることができるのは若者自身にあり、そんな若者が今既に肥満体な分野にもぐりこみたいようでは・・ 変化できようもない。但し、それ以外に選択肢が一切存在しないのならば、選択肢(機会)を提供するのは大人の責任であろう。

また、分野の衰退が見えている時点で、基本的には1日も早いリスタートが望ましい。一定程度の市場が存在するものであれば、ガマン比べで何とかなるが・・ そういう性質ではない事業までそれをし、自ら八方ふさがりに陥っていく。


現在の経済活動の潮流は、大きいお金は元本保証のままその金利で得た分だけをどうこうしようというものであり、大きいお金の居場所は動かない。
自己資本比率を上げる動きも、それは新興国向けの話しであろう。
つまりレバレッジ10倍どころか・・ 1/20程度の実体経済というわけだ。


結局この話しは、菅VS竹中さんの話しの“供給が先”に近いことになるだろう。
しかし、現状の銀行というのは、担保が約束されているところにしか貸し出さない。(それならば中卒程度の知識で十分に務まる。)つまり、今既に資産がある相手もしくは需要の見えているところにしか貸し出せない。

自由主義ナンチャラ、小泉-竹中路線ナッチャラ言う以前に、これはただ単に、リスクの取れる融資を行えるかどうかという程度の話しであり、社会国家も、リスタートを切れるボディになれるかどうかの話し。

そこに市場原理だ弱肉強食だ入ってくる話しではないんだ。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/356-5d5a0461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。