7年経ちました

55政党というブログからの

以前ここで、どっかの記事だか誰かの本だかの話しで取り上げたんだが・・ 調べている時間がない。
薄れていく記憶の範囲ではあるが、正義について、コストコとウォルマートの比較の話しから考えたい。

多くのアメリカ人はウォルマートの企業努力を高く評価し、コストコは不十分だと答えている。
   ↓
ところが、ウォルマートは社員の社会保険加入率が半分ちょっとで、コストコはほぼ全員に加入させているという。※加入対象者において。日本だったらこれだけで十分グレー企業扱いだろう。
   ↓
ところがところが、ウォルマートは低価格の実現によって社会保険に加入できないような低所得者層の生活を支えている。


と、こんな話し。
ここで言いたいのは市場原理主義ではない。
世の中で言う正義というものの“真っ当で無さ”がよく表れているということだ。
私たち自身の言っていることと実際の消費行動の矛盾なども感じさせてくれるであろう。

世の中の多くは、見方や立場、視点を変えれば、正義も不正義に変わる。
時が経てば正しい行為も価値を失うことだってザラだ。
今の私たちの立っている場所でも、正義のほっとんどはこのようなものだ。

では一体、何が正しいのか... 
いや、正解を見つけることが正しい道だとは証明されていない。
但し、“とりあえず却下されるべき姿勢”は見える。正解を探す方法ではなく、消去法というところか...。

却下されるべき姿勢とは、
①このようなメカニズムを理解したうえで、あえて一方向からの視点で声高に主張する姿勢
②それによってメカニズムから利益を吸い上げる姿勢




次に、医療訴訟に絡む正義や社会の手段から正義を考える。

医療ミスだ!と訴えることによって、経済的な負担をフォローするような訴訟は全く問題ないのだが・・
あたかも自身が正義で医療提供側が悪者かのような姿勢を取る方々がいる。
医療において私たち(社会)は、医師に任せるよりほかどうにもしようもない。
そして医師も、ベストを尽くすよりほかない。
その結果が望んだものではなかったとしても... それはどうにもしようもないものだ。
医療は工業製品ではないんだ。
あえて言うなら、経済的な支援によってその望ましくない結果をフォローしていくために訴訟が起こされるというのならば、有意義であろう。そしてそれが不可能な状態であるのならば、同じようなケースが今後も繰り返されることがないようなことに貢献できるような弁償方法こそが有意義なものであろう。
一層の研究を積み、そして技術と経験を積む方向に進むより道はないんだ。

ところが、現状の訴訟の効果とは・・ あてえ言うなら犠牲者を増やす努力をしていると言える。
リスクを過度に意識することによる萎縮、そしてリスクを回避することによって救済の可能性を狭めている。

つまり、悲劇のヒロインもしくは正義の味方は・・ 実際には、道連れを増やす努力をしているということになる。

失った時間や機会をお金に換算したり、実際の経済的な損失を支援する目的の訴訟ならば何も問題はない。
ここでも問題なのは“正義”にある。



社会(コミュニティ)とは、その対象(事案)と自身を結ぶ線をまず考えなければならない。
例えば、政治家の不正は実際の不正のタイミングとは違う時に露呈する。
しかし私たちと政治家を結ぶ線は、政治を委託している線であり、その本線と逸れることが判断の中心に来るわけがない。
近頃の勘違いな発想の震源地は、コミュニケーション能力の欠如にある。
コミュニケーションの何より重要な部分とは、まず“差”を認めること、そして葛藤し消化することだ。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/366-a8ffe36e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top