7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
雑誌『選択』の2月号が届いた。
イエメン・アフガン・パキスタン・イギリス等の話題は参考になったが.. 国内問題中心に触れておきたい。

まず、EV車。
EVになると技術もノウハウもいらなくなる。つまり日本優位の自動車業界自体に影響が出る。そこのところも良く考えていこう。・・というのが主論になっている。

実際、トヨタなどはハイブリット推しで行くと公言しているし.. その話し自体は分からなくない。
そして記事中にも、“本当にエコを考えるなら車重を減らすことのほうがずっといい”とあるが、エコの本質は脱石油化社会にあるんで、それは却下しなければならない。

そして、レアメタル関連は国が何とか協力していかなければならないことではあるが、あくまでも将来に望ましい技術を推進していくことを妨げる発想はさもしい限りだ。
そのような世界でも生き残っていく努力こそが大切だ。


次にNTT関連。
近頃テレビをまったく見ていないために、世間の様子がまったく分からなかったんだが・・ 民主はNTT再編にも手を入れていく予定のようだ。

但し、NTT側にも対抗手段が残っているようで、これはNTTの自社株消却の動きが目安になるそうだ。
金庫株を消却すれば再編はナシ。


次に小沢さん関連。
基本的に『選択』では、小沢さんはシロ決着と判断している。但し、権限失脚は免れないと見ているようだ。※ここまで私の解釈、注。
シロ決着になってしまいそうなものを情報リークで世論を盛り上げ“何とかしよう”としているという判断。

ここまでくると真の深刻はメディアにある。




最後にイランだが・・
アフマディネジャド-ハメネイ体制が危機を迎えているという話し。
最高指導者ハメネイ師が、国民から宗教的にもあまり支持されていないことが分かったのが収穫。
特に深刻な気配があるわけではなく、参考になった程度の話し。



そしてこれは『選択』関連ではないが、ひとつ思い出したので取り上げておきたい。
週刊東洋経済だったか、ダイヤモンドだったかに載っていた話し。

民主は宗教法人改革も進めていきたい予定なんだそうだ。
その前につまずいていないで、是非そっちから進めてもらいたいところなんだが・・ むしろそこをネックと捉えて今から動いている組織もあるのかもしれない。

ただ、一点認識を改めなければならない。
宗教法人の運営する営利法人は22%の課税があるそうだ。これだと大企業より“ややお得”程度。
改革の中心は政教分離に。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/368-da2f1147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。