55政党

[ 何を選ぶのか.. どうやって選ぶのか..   いや、それ以前に選ぶことができないことが問題だ ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

興味は一気に政界再編か..

小沢さんの件は、多くの国民が“ライトグレーで構わない”と心の中では決着をつけたハズだ。
ところが、そこに勝手に向かい風を感じる民主党が、自滅気味に本性を現してきている。

例え消極的な選択であったとしても、民主党への政権交代は非常に大きな出来事だったわけで..
そのように山(国民)が動いたにも関わらず、今のような息苦しさでは・・ それこそが政治への絶望となってしまいかねない。

政治家はおろか、国民の多くが守ることばかりに執心している今の世の中では、このように息苦しい状況に陥ってしまうのも無理はないのかもしれない。
公務員天国であっても当の公務員達は卑屈に、でもそこそこ楽しく生きていく。
...そんな国家に何の理があろう。
今のままでは、せめて大志を抱いたり、希望しか見えないような人たちの足を引っ張らないようにするぐらいしか、政治は貢献できないだろう。


ここは再編しかないようだ。
鳩山さんは教員まで不足していると言っている。私にはこれで十分にグッバイな理由となり得る。
新しい公共が歳出削減にもつながる 鳩山総理 ---Economic News

そして子供手当の強行採決絡みでは、どうやら江田さんの見解が正しいと感じる。
こども手当と高校無償化法案を強行採決・・・民主党の選挙が第一 ---BLOGOS(江田憲司)


・社会保障含む税への一本化
・負の所得税
・・たったの(大きい話しだけれど)これだけでも実施できれは大きく変わる。
そしてそのことは多くの人も分かっているハズだ。

ここは今一度、自由主義陣営は強力に立ち上がってもらいたい。




それと余談。
今日話題の一部に上がっていたんだが、城内実という国会議員のブログが炎上しているらしい。私はここで確か1度名前を出したように思うが、当人が片山さつきさんを破る前から、このような人は問題があるとしているし・・ そのブログにも、当時コメントを入れたことがある。コメントや意見というレベルじゃない。「もうちょっと自分に気付いて欲しい」系の温かい年上からのアドバイス並みの意見を入れたものだ。※私のが年下だけどね。


スポンサーサイト
  1. 2010/03/15(月) 20:35:57|
  2. 政党・権力
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<自滅を始めた民主党へのカウンターパートはどこ? | ホーム | 食べられません!>>

コメント

腐敗していた民主党

高校無償化法案の対象から朝鮮学校を外すことに、祖国が北朝鮮である社民党の福島瑞穂は思ったとおり反対している。
朝鮮学校の教育は日本の文部科学省の指導要領に基づいておらず、北朝鮮の指導に基づいて行われており、明らかに北朝鮮の学校である。
彼女の政策は、夫婦別姓、外国人参政権など、およそ日本人なら到底考えられない政策であるのが大きな特徴である。
社民党は見かけは日本の政党であるが、内実は北朝鮮の政党である。
伝統的に自発的に民主党と北朝鮮の機関紙であることを標榜している新聞もある。
高校無償化は民主党の得意技である人のカネ(税金)ばら撒きによる集票策の一環。
  1. 2010/03/15(月) 21:44:43 |
  2. URL |
  3. 小沢総書記 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/378-8e51ab14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

55政党

Author:55政党
【一般市民の側から政治を考える】
政治家や専門家を向こうに回し、あくまでもそのシビアな内容に切り込むことを目指します。

フリーエリア

ランキングに参加してみました。たまにでも押してやって下さい!

人気ブログランキングへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
お知らせ (1)
今日のニュース・話題 (82)
外交・世界 (20)
経済・財政 (45)
教育 (14)
雇用・労働・人事 (20)
行政・地方 (14)
国会・立法・政府 (18)
法律・司法 (6)
官僚・公務員・公的法人 (30)
世論・識者・議論 (104)
市民・国民・大衆 (18)
民主主義 (25)
日本大好き陣営 (4)
安全・安心・人権・平等 (11)
自由主義 (7)
政党・権力 (49)
政治家 (10)
成長・失敗・葛藤 (5)
目的と手段・心理学・アイデンティティ (7)
価値観・倫理・道徳・宗教 (5)
人生方面 (16)
日本スタイル (20)
存在・時間・機会 (4)
モーニング娘 (12)
映画ほか (9)
医療・介護 (6)
メディア (25)
企業・事業・ビジネス (18)

RSSリンクの表示

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。