7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

民主の国会戦略、総務相の主張 

日経(NIKKEI NET)から2つ記事を取り上げたい。
①鳩山総務相・西川社長 かんぽの宿問題で直接火花
②鳩山民主「揺さぶり戦法」 会期延長や衆院解散

どちらもここのところ取り上げている件だ。

①だが・・ 100%オーナー&監督官庁がこのように辞めさせられないということ、その事自体が辞任を迫る真っ当な理由がないことを表している。
記事では、どうして辞めるべきかに触れられておらず、恫喝していること自体しか書いていない。

辞任を迫るのであれば、そうさせられるだけの理由を明確に示さなければならない。



②について。これは補正予算の審議が衆院で民主の細野さんと言ったか.. あの時ぐらいしかその中身について話題が挙がらないことを非難した件で取り上げている。

度々ハイエク的主張なのだが・・ その中身についての議論が盛り上がることで、そのことについての正しい理解が広まっていく。そのこと自体こそが、民主主義にとって一番大事で、しかも一番に効果を及ぼす部分なんだ。
当人にとっては強弁したり戦略を練ることが大事かもしれない。
しかし、民主主義にとって大事なのは、その中身を話題にしていくことなんだ。

どういった国会戦略を取るのかなど知ったことではない。
それをわざわざ主張するということは、それが大事な姿勢であると思っているということなんだ。
そこを深刻だと主張している。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/38-98cfd3d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。