7年経ちました

55政党というブログからの

郵政はいったい何がしたいんだ? 

このところの日本郵政絡みは意味がわからない。
日本郵政グループ、備品の地元調達比率を8割超に ---NIKKEI NET
非正規10万人を正社員に 日本郵政、人件費は膨張 ---東京新聞
日本郵政の政府出資3分の1超に 担当相が意向 ---NIKKEI NET

1つ目2つ目は、思いっきり公的法人な内容...
“郵便事業を維持させるために金融をくっつけている状態”を認めているにも関わらず、物品の調達方法に政府が介入し、非正規社員を正規に切り替える。

にも関わらず、出資比率は1/3を目指すそうだ。
やってることが、右手と左手で完全に合わない。
確かに現状は国営のようなもの。しかし、1/3つったら民営化を目指すわけで・・ なのに企業として大変重要な部分(事業内容、調達方法、雇用)は縛られる。
細部詳細のジャッジは私のような大衆には分からなくても、やってることが自己で矛盾している行為には必ず問題がある(意図がある)。

せっかく民営化の流れを差し戻してしまったんだから・・ もっと公的な活動をしていくのかと思っていた。
直接配る系の政策に郵便口座を活用するとか.. そもそも国債買い取り機関である部分を重視するとか..。

それと3つ目の日経の記事では限度額が話題になっているが・・ 1人1口座の管理のほうはどうなったのだろうか?
民業圧迫の話題ばかりだが、そこが本線だとはとても素直に受け取れない。
そしてこの出資比率だが・・ これは増資なのか?売却なのか?以前の案のままならば“順次売却”だが・・
売ったお金はどうするのだろう?それと買い取る相手にも注目していかねば..。



話題は逸れるが・・ 今日も池田さんの記事。
戦略ある国家戦略相 ---アゴラ(池田信夫)

この内容ならば確かに、仙石さんには期待したい。
実際には、それを推し進めていけるとは到底思えない。ここのポイントはあくまでも、そのような方をそのようなポストに就けているということ。
民主党は、国民新党や社民党と連携しなくて済むようになれば、もうちょっと“ヤレる”やつなのかもしれない可能性は残っているという話し。
...まあ今さらか。参院の民主過半数はもう望めない。
再編で仙石さんも良い場所に落ち着く ・・のほうが現実的か。



スポンサーサイト
CM: 1
TB: 0

コメント

民主党の渡り人事

鳩山由紀夫がいかにごまかしの言い訳をしても、郵政社長・斎藤次郎は明らかに天下り・渡りである。
天下り・渡りを問題にしてきた民主党が自ら天下り・渡りをさせたわけであるから、鳩山由紀夫は責任を取るべきである。
民主党政権は異様な特異体質であり、亀井静香や千葉景子などの炎症を起こしたアキレス腱が多い。
鳩山・亀井・斉藤の社会主義国営の郵便局は決して使わず、
その代わりにコンビニ、ヤマト運輸、銀行、信託銀行、保険会社及び証券会社等を利用しよう。
そして、官営郵政を完全に衰退させて、預金等が国債の購入に使われないようにしたい。
国債の利払いは約10兆円になっており、税収の2割を超えている。

小沢総書記 #- | URL | 2010/03/18 11:56 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/381-38e082e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top