7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

みんなの党は第三極の受け皿ではない! 

逗子市議選の結果記事がはてブランキングに上がってきている。
得票1・2位「みんなの党」大健闘、逗子市議選の結果に民主・自民が警戒/神奈川 ---カナコロ

得票1位と2位がみんなの党公認候補...
これでその結果分析はこれか?
まあそもそも逗子じゃあ小泉ゾーンともいえなくもない。
しかし、1位2位ということは、受け皿なんていゆう消極的な選択じゃああり得ない。
明確にそこを選んでいる姿勢だ。

55政党は、ヨッシー結党当初から支援者名簿に著名している。
やはり.. 先日疑問に思った「ホントに皆自由主義陣営の主張に反対なのか?」という感覚は間違っていないようだ。心強い。


そして郵政..
「暴走する亀井というのは違う」原口総務相が擁護 ---産経MSN

このようにしていく理由ぐらい、きっといくらなんでも説明されているだろう.. 何でそんな記事は見当たらないのだろう?
まさか、これだけのことをやっていくのに.. 説明がなされていないというのだろうか、それとも国会にかける際に出てくるのか?
暴走する-しないなどどうでもいい... これは何がどうあろうと、民主も承認していると解釈するよりない事項だ。それよりもっと中身が欲しい。



んで最後にアゴラから。
人類のために海を田とする技術を ---石田親弘さん

このようなことをやっていくとすると、いったいどれくらいの時間が必要なんだろうか..。

聞こえがいいから言ってるのではない。
ゴルゴ13にて、海運王オケアノスという人の話しが出てくる。この人は地球を海中心に捉えていて、それを読んで以来石原都知事の領海方面への執拗な強硬姿勢などを、領海自体を重要視しているのではないのか?などと妄想するようになったものだ。この方のように、海を入れれば日本はとても大きな国だ。
但し、私に思い浮かぶことなど、せいぜいメタンハイドレートくらいだったが..。

内容的には間違いなく官製事業でいくよりなさそうだ。
いや、このクラスでこそようやっと官僚統制経済の出番だろう。
現状で見聞きする事業の多くは、官民双方が結託している程度のものばかり。
日立のイギリス地下鉄話しを思い出す。
例え日立が受注しようが・・ 現地生産現地雇用。それで果たして国家にどれだけ貢献するというのか。
ラオスだったかミャンマーだったか.. そのあたりの道路は日本がせっせとお金と技術を提供し、今ではその道路を活用して中国が商売しているという話しも思い浮かぶ。
トップクラスの日本企業の多くは既にグローバル企業だ。それを支援することがどれだけ国家財政に貢献しているのか甚だ疑問だ。(知らないだけだけどね。)

より良いと思える取組に貢献出来るのなら.. 少しは人生もステキじゃないか。
理性の戦いとは、どれだけ先を見越せるか?ということにある。(どれだけ素敵な設計図を描けるか・・ ではないよ、間違っても。現実を動かすことについてだ。)
そして、国家も企業も.. チカラとは結局、どれだけ強い資金を引っ張ってこれるか?に懸っている。

風俗だろうとパチンコだろうと.. きちんと納税したり郵便貯金をしたりすれば、それらに貢献しているんだ。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/393-028899cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。