7年経ちました

55政党というブログからの

飲食チェーンの正社員 

先日オランダ型雇用の件で取り上げたんだが・・
今朝は早速、2ちゃんねるニュース速報+ナビでこんな記事が上がっている。
じつは派遣より悲惨!?“ブラック化”する外食・小売チェーンの正社員たち ---ダイヤモンドオンライン

ここまず大事なのは、だからと言って監督官庁や労組にどうにかせよ!というのではない。
そういった政治的な動きに出来ることは、オランダ型短時間正社員が現状で法的に何かしら拘束があるなら取り払ってもらう程度。

私の提案は、あくまでも企業の雇用戦略として「むしろ良い効果が高く、未来が明るいのではないの?」というものだ。
サービス産業にオランダ型雇用は望ましいのではないか


「食の安全をお届けします」とか「社会に貢献します」とか.. そんなキレイごとを言うくらいなら、今そのようにある現状を分かっていて黙認することは何のメリットもない。※例えワンオーナー企業のような裸の王様状態のチェーン店であっても、この現状を知らないハズがない。つまり、これは黙認なんだ。

そして繰り返すが・・ これは労働運動ではない。
ただ単にその企業にとってより良いであろう!というおせっかいな話しなんだ。

短時間正社員といっても、別にパートを社員に!というほど極端ではない。
今までの正社員の下に、もうひとつ正社員を設けては?という程度から始められるものだ。
但し、思い切ってアピールしていきたいならより極端な形からスタートするのも良いかもしれない。

パート店長(別に店長で無くともいいけど)を正社員にすると、店舗とともに雇用は終わってしまう。
そうではなく、レギュラーバイト状態な層を新たな枠組みの正社員にするにしても、別にその店舗とともに雇用される状態であってもいい。そうすればその店舗が繁盛していかなきゃあ雇用が止まってしまうんだから、それが即ちインセンティブにもなる。
FC型チェーンの場合は、黙っていても店長さんはその店舗とともにしかない。小規模事業者なので、リスクを負えないから雇用もディフェンシブだったろう。

繰り返すが、私の先日の件は、あくまでも新卒やレギュラーバイトを想定したものだ。
新卒が17万人も「就職できない!」などとぬるいことを言ってるんだったら、名のある企業がそのような雇用形態を創造することによってそれを活用したらどうだ?というもの。

但し、そのようなことを言ってただ単に正社員の給与を抑えるだけになってしまわないか?なんて話しにもなるだろうが・・ それは時短なり店舗限定なりといった明確なラインを設ければいい話しだ。

パソナの南部さんが短時間正社員をやってると確かどっかで語っていた。
人材派遣を作り上げた人なんだから、もっとシビアな計算なり助言なりを持っているに違いない。


話しはダイヤモンドの記事の観点に戻る。
飲食産業の万年人手不足はもう.. どうにもしようもない。
私たちが知っているように、東京ではむしろ韓国人・中国人が普通だ。
万年人手不足なのに賃金を上げられない(上がってこない)のは、細部私になど知りようないが、構造的に無理なんだと思う。あとは外国人の大量受け入れしかないが、これは居住地域の問題の方が大きい。

例えば時給900円でレギュラーバイト状態の人に支えられているとしよう。
それで月150時間働いて、135000円。
これを正社員に変えて何が変わる?
ひどいところだともしかしたらアルバイトに社会保険や有給休暇を認めていないなんてことがあるのかもしれないが・・ そう多くないだろう。逆に、120時間とかに抑えたりするのか...。

ちょっとでも従事した人なら分かるだろう.. 人員・固定客・時間帯の関係は、好循環と悪循環のラインが明確に存在する。そのラインのコントロールをもっとカガクしていくべきだ。
パートには家事が、フリーターには心の中に本業が・・別にある。そのうえで働いてくとなったら、都合が優先するし、忙しくない時間帯の希望者が多くなったり、そして人手不足だからそれをむげにできなかったりしてしまう。ところが、忙しい時間帯であっても進んでシフトに入る状態はちゃんと存在する。
そして、そんな人手不足は、明らかに固定客層に影響する。

これは飲食チェーンとは違うが・・ ずいぶん前に私はカジュアルフレンチで副業をしていたことがある。その時お客さんによく言われたのが「とってもおいしいけど、いつも混んでるから..」というもの。そうじゃあないんだ。みんな金曜日にしかこない。だから金曜日にしか来ない人はいつも混んでるという。平日はガラガラだった。
そして普段よく行く飲食チェーン... スタッフの質や人数の低下で明らかに客は減ってきている。
固定客は店舗でコントロールすることは可能だ。


パートやバイトを正社員化することで、シフト拘束の権限はやや増すが、シフト全体をやや硬直化する。そしてそれはリスクでもあるが・・ 当人たちのモチベーションは上がる。
ところが、絶対数の不足には限界がある。ここで言ってるのは、頭数を増やす取り組みだ。
そしてポイントが“ちょうどいいバランスを調整するカガク”にある以上、この取り組みはやや有利に働く。


●短時間正社員という存在を認知させること
●店舗限定(数店舗でもいい)正社員雇用を許可する法整備

この2点がスタートか。

スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/410-d93c8ee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top