7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

今日気になったブログ 

はてブランキングは私にとって大変役に立っている。
日頃の巡回ブログは、どうしても自分の指向する先へ進んでしまい、発想の視野が狭まって行ってしまう。
なのではてなブックマークランキングや2ちゃんねるニュース速報+ナビ、日経BPネット本日の必読記事など、自分の意思で選択したんじゃないものが見出しで出てくるものはかなり新鮮だ。
そういう意味では.. iGoogleこそが何より重要だったことになる。(私の設定は、そのようなもの+新聞各紙で計15のガジェットで構成している。)

そうは言っても自分自身は、はてブを付けていない。
随分前に何度かチャレンジしたんだが.. 恐らくFireFoxではダメだったんだと思う。(今は普通にアドオン入手できた。)これからは、自分も意識して付けていこう。

さて、今日気になった記事ははてブランキングから。
「生き方、考え方を変えなきゃな。」と考えさせられた4つのグラフ ---人と組織と、fukui's blogさん


実は55政党でも、随分前に「一般大衆こそ投資をしてくべき!」と主張していたことがある。
高度成長時代でも、慢性伸び悩み時代でも.. 投資家や運用者(事業運営者含む)は職を失わない。
職業の調整弁はそもそも一般大衆自身の雇用に懸っている。

それをこの方は、いち個人の見解として、そして当人の実感として説いている。
その姿勢というか文章の運びが.. 柔らかくそして自然体で心地よい。


記事の中身でちょっと気になったこと一点だけ。
この1つめのグラフだ。
この給与と企業利益のグラフ... これは“搾取 - 被搾取”魂に火をつけてしまいやすい。
これからは.. 給与と株式配当で比較していったほうがいい。
企業利益の多くが内部留保(企業での投資運用を含む)であった場合、多くの余計な要素が含まれてしまう。(世界との絡み、政治との絡み、企業の姿勢、分野の発展や貢献、設備投資環境、子会社の絡みウンヌン... endless。)
第一、内部留保は従業員自身にとってプラス側要素だ。



そして中身にある

1.雇用形態にこだわらず働ける機会を活かして働く。
2.ただし、(勉強や自分のビジネスをする)時間を十分確保できる働き方をする。
3.生活コストを十分下げる。
4.これから伸びる企業に投資し、資産収入を得る生き方を早期に身につける。
5.副収入を得られる自分のビジネスをはじめる。


これはまさに、今の私の実体と同じだ。
まあ、5はまだまだ先で、その前に一旦2がくる予定だけども...。

そしてこの方の過去記事で『1億円つくるには』みたいのがあった。
こういうの、素晴らしいと思う。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/436-9b887ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。