7年経ちました

55政党というブログからの

昨日だか一昨日だったか.. 元ネタの記事は目にしていたんだが触れなかった。
しかし今日はそこへの反論がはてブで上がってきている。

HIVキャリアを理由に看護師を解雇することは正当か?


このような正義と悪の視点のままで.. よくもまあ長々と書いていられるものだ。
世の中の人って.. そんなに退屈なのか?
どうすれば、このような正義感の奴隷たちの目を覚まさせることができるのだろう..。
55政党は、そのことを日々考えているようなものだ。


元ネタも読んだが、核心部分は不明のままだったので、まったく触れなかった。(気になったのは.. 大手病院と言ってるのに「施設長」とか「運転」とか.. これじゃあそのうちばれるゾ!!。)

私の印象では、この件はHIV感染が本当の理由で解雇なのかどうかは五分五分だと感じる。

●全員に内緒で健康診断の際に検査を盛り込んだのかどうか?それとも当人直撃かどうか?
当人が周囲や書き込みなどにて、危険な発言などしていたりしていて、そんな情報が上層部の耳に目に入って来たのかもしれないし、過去に職員の感染症から院内感染を拡げてしまった経緯があったのかもしれないし、そもそも首を切りたかったのかもしれない。

●ホントに感染しないと言いきれるかどうか?
HIVは、性交渉や輸血といった.. ガッツリした原因でないと感染しないかのように言われている。しかし、“歯ブラシの共有でも可能性がある”とも言われている。それじゃあ.. 周囲の心配は解けない。

●感染しないとしても、風評被害は絶対にある。では、黙っていればいいわけだが.. そうすると本人は絶対に拡大に自ら関わる行為から逃れ続けられるのか?
絶対に感染しないというのならば、黙っておくのがベストの判断だ。しかしそうすると、周囲は知らないわけなので.. 関係を迫ってくる上司とかイケメンとかが現れる可能性が出てくる。万が一逃れられなかった(自分が弱かった等)で感染が広がってしまったとしても、黙っていればいい路線で行くわけだから.. やっぱり次の感染者も黙っていればいいわけだ。

●病院の経営に大きく影響を与える可能性まで、その人は責任を持てるのか?また、そこまで強く出ていいほどその感染経緯に胸を張れるのか?(これだって十分に、正義-不正義のモノサシだろう。)
ここは但し、病院で勤務していたせいで感染した可能性が残る。本来であれば、ここがまず焦点となるハズなんだが・・ そこがスルーされて社会に訴え出ているということは、そうではない可能性が高い。HBVだろうと、TBだろうと、院内からもらってしまった場合は最大限フォローするところが多い。



ここまで分かった上で初めて、正義だ不正義だ語れるわけだ。

そもそも差別というのは、それを認定することで確定される。つまり、差別の原因の半分は、それを「差別だ!」と主張する側にあるわけだ。残念なことに、差別と認定されないで、どうにもこうにも.. 「自分のせいだとせざるを得ない」状態な人は同じくらいいる。社会はそれらを当人の能力不足と言うだろう。

差別を声高に主張する人らの考察とは、現実を自分の中の世界に引きずり込むが・・ 本来は、自分がその現実の中に身をおかなければならない。そこに仮に自分が身を置いたとしてもなお「正義だ!」と主張するのだろうか.. それは大変にイタい奴であろう。「あんたはそれで気持いいんだろう」って話しだ。

それでも全面オープンで断固戦う!のなら... 多くの人が共に傷つくが、それでも最後まで成し遂げることができれば、真の革命者だろう。
その革命者のおかげでHIVとの正しい付き合い方の認知は広まるが・・ 多くの痛みを伴った割に、結局は、感染する可能性が重要だっただけっつう話しになる。


最後に、病院は職員がHIVでもHBVでも感染すれば.. クビを切るだろう。
「絶対感染しない」と言いきれない限り、それが病院の使命だ。病院とは、病気を治すところだよ。
コメントに“風邪のが問題”っていうするどいツッコミがあったが.. そのような姿勢こそ議論に乗れるものであろう。
(あくまでも私の意見だが.. 風邪は誰からもらったのか特定できない。日常にウヨウヨしている常在菌のように捉えるべきで、“なるべく”以上の対策は非現実的だ。さらに、それが原因で亡くなった人はいっぱいいるのだろう.. しかし、入院の原因となっている病気が別にあるからそこにいるわけで、原因というよりも背中を押したということだ。※ちょっとキツい表現ですいませんが..。)







スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/441-b56525bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top