7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --
参院選に向けた話題が一般大衆の間でもボチボチ出てきているが・・
まるで評論家かのように他人事のように語る連中の中に、基本的におかしいと思うことがある。

私たち一般大衆の多くは、メディアによるイメージ戦略に一番影響を受けてはいるだろう..
しかし、当事者である私たちに一番必要なのは、懸案事項を自分たちなりに真剣に考えていくことだと55では何度も主張している。


今さら利権誘導型政治は流行らないが..
その様なチカラこそ政治家のチカラだというような発想は、確定事項のように当たり前に存在している。

高速道路でもナンチャラ大橋でもなんでもいんだが.. それらの及ぼす効果の基本線をおさらいすると、もうちょっと政治が見えてくるんだと思う。


●高速道路とか橋というのは、日常で常用的に使う部分で圧倒的に地方から都市部への利便性が上がる。
→地元が潤うんじゃなく、都市部が潤う

●一見地方に利益を連れてくるかのように感じるが、都市部側からしたら、たまに行くのに便利になるだけだ。
→地元経済の地盤沈下&地元地域のウリ部分だけが潤う。

●それを引っ張ってくることを支援すべき方々とは、それによって事業の注文を得られる業者だけ。
→今どきベットタウンも望めない(そんな遠くまで行かなくても十分だ)し、工場誘致もない(工場自体が減っている)。


地元にとって有意義なことは、つまりはいかに地域人口を増やすか?ということしかない。
ブラジル人によって潤っている地域は、地元民も結局その財布に期待するようになる。
つまりは、その方法が変わってきていると捉えるべきだ。

随分前にここで、片手間の農業で1000万稼ぐ方法の本を取り上げた。
農協のラインにしっかり乗っかった上で、さらに方法細部も地元の方々に大いに教えを請いながらでも、それだけ稼ぐ方法はある。畑はもちろん、借家ごと賃貸でもかなり安い。

そして子育て立県でもいいだろう。
営業所を持たず、基本的にネットで資料や情報管理をやり取りするスタイルの営業部門を設ける企業も増えているし、ネットビジネス自体が随分と便利になってきている。
そういうVCでもいいわけだ。

住みやすい環境であるならば、年金だけで十分やってける街を作ることだって出来る。何も、オーストラリアまで行かなくたって.. それは実現できる。『電柱のない街』とか.. そんなだっていい。
年配の方々の人口が増えていけば、自然とそれに見合ったサービスを提供する人手も必要になる。

そして経済活動を縮小させて眠っている部分を、もっとストレートに掘り起こすこともいい手段だろう。
つまり、ニートでも手に職人生でその職がない系でも、リタイヤしたけどまだまだ頑張りたい系でも... その人らの一見難しいと思えるような願望を素直に実現するような地域ってのも.. 遠回りなようでむしろ近道な可能性が高い。

一気にことを運んでしまいたいのは、国でも県でも.. 結局政治家だけなんだ。
国会議員と県議が同じ発想ならば、どっちかはいらない。


大体... 既存の権力構造など、一般大衆には関係がない。
実際の生活基盤の面は、どっぷり利権構造にでも乗っかってりゃいいだろう。
国を考えていく上では、それを素直に考えていけばいいだけのことだ。
それとも、そんな矛盾した風な自分がいやだったりするんだろうか..。
人を利用するために発生している事案など.. こっちも使えるだけ使ったらいい。
重要なのは、そうではない場合にどう対応するか?なんだが...。



ホントは.. その地域が小さいままでもバランスが取れていれば、そして継続的な未来が描ける循環であればそれで十分だけど。つまり、高齢化で若者がいない!ならば、それに見合う程度の若者に魅力的な何かがあればそれでいい。それを邪魔するチカラは、そこに利権や権力の根源を見出す方々だ。

スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/467-829ece6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。