7年経ちました

55政党というブログからの

大前さんの記事が気持ちいい! 

日経BPネットから。
「最小不幸社会」は敗北主義のスローガンだ
---大前 研一(2010年6月21日)

●実際には格差は縮小している。
●偽装離婚など、そのような手続きに優しい世の中になってしまった。
●年収1200~1500万以上のメディアが自己防衛的に不安を煽る。
●がんばらない人に優しい社会。
●重要なのは夢や希望。


ここに見える世界は、55政党が一貫して主張してきた現実の世界の問題点とほとんど一致する。

そうはいっても..
ここから見える問題点は私たち個々の意識の問題でもあり、制度が直せる部分は多くない。
手を加えられるものとしては、社会の公器としてセクションを捉えた場合での、マスメディアの在り方ぐらいであろう。

菅さんが「最小不幸社会」と言ったのなら...
これはアウトだ。そもそも菅さんには観念的に過ぎるきらいがある。
それを鳩山さんが言っていたのなら、無視できる。鳩山さんの場合は、恐らくそのようなものは平気で撤回するが・・ 菅さんの場合は、勉強に基づいた自信の元にしっかりと目指していく。

それを目指していく...
それこそがアウトだ。

期待できる部分もあっただけに残念。
これだけで多くを表している。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/486-e90c70c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top