7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

こんなサービスはどう? 

昨日触れたYoutube等の動画投稿サイトについて、ちょっと考えてみた。

それぞれが勝手に投稿している、著作権を持っていない内容物..
これらは、著作権保持サイドが訴えて取り下げさせるのではなく..
著作権保持サイドの広告を動画の出だしに付けるよう申請する流れは不可能だろうか..?

それ専用の加工が必要だろうし、それをやる専門の広告代理店が現れればいい。
(というか.. テレビ番組などを勝手に流してすぐに取り下げられる世界なんだから、専用の加工といっても簡単なものだ。)
さらに、そのCMには以降の動画をダウンロード&保存することを何かしらの形でブロックする機能でも盛ってやればいい。
動画投稿サイト側にも対応が必要になるわけなので.. 何なら広告代理店ではなく、そこ自身がやってしまってもいいし。

見る側的には、そのような動画の出だしに15秒程度のCMが入るなどどってことない。



人々が求めているものを実現するチカラが産業にないなら..
それはその世が間違っているということだ。
(イオンには恐れ入った。とにかく、安い、そして何でもエコ。それは“正しい云々”ではなく、お客様の望みに応えているということだ。)


と、そんなような話しでふと思い出したことがある。
私はワインマニアだったおかげで、若干食にうるさい。

専門家の方々なんかはよく分かっていることだろうけど..
料理というのは、[味]よりも[香り]が多くを決めている。
次に[食感]や[のどごし]。
そしてようやっとその次が.. [見た目]や[温度]や[味]だ。

言われなくとも分かっている!という人はいっぱいいるだろう..
ところが現実は、多くの場合[味]にこだわっている。

先日私はミルクレープというケーキを買った。
これ、結構好きなんだ。
事務所に戻っていざ食べようとしたが.. 中に入っていたのはホークでなく、スプーンだった。

「分かってない。」
ミルクレープの一番の魅力は、その階層を切る切りごたえと、舌触りにある。
案の定.. スプーンでは魅力が半減した。さらに、切り口がベタっとクリームを塗りたくったようになってしまっているので.. 舌触りがかなり残念だった。

鼻をつまんで食べると料理の違いが分からない  ・・なんて話しを以前テレビなんかで見たことがある。
まったくその通りで、誰がどううんちくを述べようと、人は料理の違いの情報の多くを匂いで判断している。
高いワインと安いワインを当てるような一流芸能人とか、そんな番組も昔よく見たけど... どんだけ語ろうとワインをいきなり口に運ぶ芸能人さんは一発でワインを知らないと分かる。

私のようなマニアでなくとも.. きっとレストランの店員なら一発でばれてしまうだろう。
ワインは香りで8割を決めている。次に、透明度・輝きなど色方面。そして粘着度というか濃さのようなもの。
テイスティングというけど、味は最終確認程度にしか確認しない。それも口で確認するのはなめらかさ、口に入ってから鼻に上がってく香りなども確認している。

また、ウィスキーをロックで飲んでる方々がいらっしゃるが・・ ウィスキーの魅力もまた、多くは香りが握っている。そして温度を下げ過ぎると、香りは萎んでしまう。香りが魅力なものを、わざわざ香りを消す行為をするというわけだ。
蘊蓄でも語ってウィスキーを頼むのであれば、水割りのほうがずっと格好がいい。
強い酒が欲しいならバーボンで十分だ。(まあ、人の好みは勝手だけど。)

そして、世の中には食感以外に何の魅力もないような多くの食材がある。
つまり、食感もかなり重要なんだ。
パスタなんかも、ソースとの絡み具合云々というけれども、実際には食感がバリエーションを生んでいる原動力だろう。
また、上下を逆にして口に運ぶだけで美味しくなる(なくなる)こともある。重ねる系の料理は、上下が重要だ。

一流シェフたちが、料理に梅干しやらプリンやら.. あり得ないものを入れてもおいしい! ・・的な番組も見たことがある。味というのは、実際は甘・酸・苦・渋のバランスだけが重要なので、そのバランスが取れるのであれば、実際そんなあり得ないものを入れてもおいしいわけだ。
つまり、味なんてその程度。(但し“旨味命”な方々も結構いる。この人らもまた、体に正直な方々だ。)


話しが長くなってしまったが..
要は、もっとそういうものを中心に据えた食品のサービスが欲しい。

マクドナルドやセブンイレブンは、きっとそのことを中心に据えて作られている。
マックは有名な話しだけど..
セブンは私の妄想。まず、レンジで温める時間がほかのコンビニものよりもやや長い。そのうえで一番ちょうどよいサクサク感だったり、トロトロ感だったり、香りだったりを試しているに違いない。商店街の惣菜やスーパーの惣菜.. これらはきっと、食感とか温度・香りなど意識していない。

そんな感じで今一番望んでいるのが・・ ダイエット食品だ。
DHCにリクエストしようと思ったが... 質問は腐るほど用意されているけど“ご意見ご要望”方面のチャンネルがない。(仕方ないので、ここで勝手に吠える。)

さすがに運動量が落ちてきている年頃なんで.. 若干(や、かなり)メタボ方面が気になりだしてきた。
なのでDHCのダイエット食品を何度か注文してみたことがある。
飲み物系もリゾット(食べ物)系も、確かに思ったよりおいしいんだ。
だけど.. 1カ月はもたない。それは満腹感とか味気ないとかではない。

それは食感と香りなんだ。きっと。
つまり、そこまで頑張って美味しいダイエット食品を作ってるんだろうが・・ 実際に挑むべきは食感と香りなんだ。
別にこっちはDHCでなくともOKだから「どっかお客様の声を聴く気のある違うところにでも出してみようか」とは思うんだが.. そこまでの味へのこだわりに企業姿勢を感じるわけで、できればDHCにリクエストしたかった。


...とまあ、そんな感じで、外食全般方面でも、もっと味以外の.. 実際に判断を決めているファクターをカガクして探究していってもらいたいものだ。



スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/490-0c4fd96c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。