7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

マニフェストだけど.. 

特集 日本の未来はどうなるのか!?徹底研究 7.11参議院選挙 
------日経BP特集(カギ:新マニフェスト)


どこのマニフェストを支持するのかと聞かれれば、もちろん『みんなの党』なんだが.. 『幸福実現党』のマニフェストも評価できる。
日経BP記事内では“「新マニフェストでは、前回の「こっちの水は甘いよ」という良いことずくめの内容から、少し現実味を帯びた内容へと修正されたというが、国民はどう評価するのか?”とあるが..

今回のマニフェストでまず感じたことは、どれも大方実現できそうなものを言葉尻でごまかしているだけのような印象を受ける。


「約束したことを守れ!」系のマニフェストの在り方は下らない。
それは家族間レベル程度の政治だ。
そして、マニフェスト段階であまりにも具体的な政策をたくさん盛り込まれても.. 支持した政策と支持していない政策のどちらもが採用されたかのようになってしまう。
「具体的なものがない!」系の批判をする場合もあるが、それは立法化出来るチカラがあるのか?ということなんだろうが・・
そもそも、選挙の段階で完成型に近い政策を出すということは、国会はハナっから多数決の場となってしまう。具体的な内容は、方針が支持された上で初めてみんな(他党や行政府なども)で作ってってもらうべきものだ。

そしてニュアンスでパッケージしてイメージを植え付けるようなものもある。
それは『お父さんが子どもに言って聞かせるにも.. せいぜい小学生までしか通用しない』ようなレベルの取り組みだ。


今回は参院選だから.. あまり立法能力を意識していない。現状の衆院体制を維持した上で、実現可能な範囲で言葉尻を頑張ったようなもの。
そして私たちの代表たる国会議員のセンセーに、消費税を10%にするなどというアイデアが出来ようハズがない。それはとってもとっても難しい話しで、行政と強く連携してガッツリ検討していかなければ答えなど出ないものだ。
よく考えれば当たり前のことで.. そんなアイデア、国民の代表に出せるわけがない。

マニフェストは、そのような政治家が国民の声を反映させるような大まかな指針であるべきだ。
国民の声→国会議員→立法作業(行政府含む) といかなければならない。 

それこそが、小泉劇場が執拗に批判されたメカニズムであり、真っ当な流れなんだ。
“政治のレベル”という捉え方をしてみるとき.. 水準が高いのはむしろ小泉劇場なんだよ。


口をパクパクさせながら降って来たお題に食いついているような政治(政治家と国民)では、なにも変えることが出来ない。
そういう意味で、評価できるのは『みんなの党』と『幸福実現党』ということになった。
※私は幸福の科学とは一切関係ないので、そちらを支持する気はサラサラないけど。

変える(壊す)べきは、法律ではなく... 秩序だ。




スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/491-c47973df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。