7年経ちました

55政党というブログからの

合理的な発想 

これはややこいい話しではなく...
「大人だったら当たり前!」程度の話し。

車を運転していてここ数年特に感じるのが、「ウィンカーを出さない。」「ウィンカーが遅い。」人がかなり増えているということ。
それはもちろんカーナビの普及による影響もあるだろうが.. 場面的にはどーみても「ウィンカー軽視」だろうと思われるケースが多い。
タクシーだって、ウィンカー軽視が増えている。

55ではこっち方面の話題、度々触れているんだが..
車の運転というのは、「自分がどんだけ上手いか?」ではなく、「人からどう見えるのか?」が重要。※1

事故原因で多いと言われているのは、わき見、居眠り、一時停止不停止らしいが.. これは重大事故など統計を取りやすいものだろう。交通事故の大半は「民事で片づけて!」って感じの.. 警察が原因を確定させないものであろう。


●事故は不測の事態で起こる

ということは、合理的な選択として
①日々、不測の事態をかわせる訓練を積んでおく。
②不測の事態を自ら起こさない。

・・合理的な選択というのは、このようになる。
①は実質不可能だろう。②が、ここで言っているウィンカーと絡む。

車の運転にどんだけ高度なウンチクを語ろうが.. それを採用(優先)しない時点で、その人は大変情緒的だということになる。
ところがその人らは.. 不測の事態は「相手が悪いから」とか言い出す。“いい-わるい”を問うてるんじゃなくて、“事故を起こさないように”を問うているのに。

ウィンカーというのは、それを見越して右に寄る人・左に寄る人・曲がってくる車をケアする人がいる。
当たり前の話しだ。
つまり、ウィンカーを出さなかったり、遅かったりは・・ 全て不測の事態を自ら進んで作り出している。

暗くて狭い夜の住宅地域での信号待ち..
ちょっとした通りに出る信号待ちの先頭の車はウィンカーなし。ところが、後ろに車が来るとウィンカーを出すってパターンも多い。ところが... 青になって曲がり始めたら歩行者も待ってたりする。
夜は歩行者は見え辛い。あのままウィンカーなしだったら.. 前の車はヘッドライトの視野に突然歩行者が入ってきていただろう。実際には、ウィンカーが出ていたので、歩行者のほうが車を警戒していた。
そして(いい-悪い は別にして)運転が上手い人は、前の車が右に曲がるか左に曲がるか直進かで待ち位置を微妙に変える。後ろについてからウィンカー出されると.. その人らは若干残念な気持ちでいるだろう。
バイクは、左折待ちの先頭がいると、明らかにその車の前で待てない限り左には付かない。ところがウィンカーが先に出てないと.. 「おいお~い!」状態になる。信号待ちじゃなくて、青になるタイミングだったら.. 当然いきなり危険な状態となる。

そういうドライバーは.. 自身は周囲を全て掌握してるつもりなんだろうか?
別に夜じゃなくても.. 大きい交差点だと、全てそのような状態になっている。



...と、こんなことだけが言いたいのではない。
近頃はホント立派な理屈を言う人が増えてきている。
ところが実際に取る行動(選択)は、大変に情緒的だったりする。

そもそも理屈(思考)ってのは、全て合理的なものだ。
なので、合理的な判断をするかどうかを左右しているのは、合理的な理屈を“実際に採用しているのか否か”に懸っている。
にも拘らず... 相変わらず、合理的な理屈の優劣を競う。

情報と目的(意思)が一緒であれば、合理的な理屈はほとんど誰でも変わらなくなる。
理屈が人によって変わるのは、目的と情報量に差があるからだ。
そんなものの優劣を競って.. 一体どうしたいのだろう。

そして経験とは、理屈では到底ありえなかったハズの発想(視点)を啓示するキッカケをつくる。
多くの現実を演繹的にきっちり考える人らには、それは大変に興味深いことであろう。


車社会の話しでも、実は、そのような目(事故)に遭ったからこそ、そこを強く意識するようになったりする。
だけど.. 私は事故を起こしたことはないし、起こされたこともない。もちろん多くの幸運も手伝っているだろう。
自分が人を見て判断するように.. 人も自分を見て判断している。
こんな当たり前のことが分かっている人なら、何も事故になど遭っていなくても.. ウィンカーの重要さは理解してるハズだ。

思考(合理的帰結)に信頼を置き過ぎている傾向、そして「自分は悪くない」という子ども性... 
近頃の大人(な外見の方々)は、ホントこういう人間が増えている。

起こす種をばらまかないことが、個人の自由が尊重される社会であり続けるための『責任』だ。
起こしたことを金で解決する・ケジメを付けるのは.. それは『社会契約』だ。
そして前者は法律に乗らない。法律とは社会契約の取り決め。


小学校で道徳の教科書を使って効果のない教えをするぐらいなら、いっそ大学で“ノブレスオブリージュ”やハイエクの自由関連を必須にするべきだ。
※結果的な最短コースは、経験・葛藤・失敗によるアイデンティティの確立だろう。



おっと、そんな人らにはこの注意が必要だった。
※1「人からどう見えるのか?」は.. 当然ながら、「上手く見える」とか「安全に見える」とかじゃあない。直進するのか、曲がるのか、車線変更したそうなのか・・ そんな程度の話し。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/518-ee327f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top