7年経ちました

55政党というブログからの

みんなの党のインフレターゲット? 

近頃気になってることや、片山さつきさんの本やらで、みんなの党の日銀法改正を調べるの怠っていたら...
いつのまにやら「みんなの党のインフレターゲット」になっている。

インフレターゲットは、ここ数年私が定期巡回していた池田信夫さんなんかはかなり否定的だったものだ。
なんでついさっき慌てて調べたら...
UPDATE:2%のインフレターゲットが必要=みんなの党・渡辺代表 ---WSJ日本版07/14

っておいおい、7/14って随分前じゃないか..。
そして日銀法改正関連。
みんなの党・日銀法改正案の概要 ---WSJ日本版


自分で分かんないなりに妄想していたのは、国債の買取だったんだが... 何だ出てんじゃん。
こういうテクニカルなのは細部に至るまでカッチリ分かる人でないと判断つかないが..

このところずっと疑問に感じていたのは、以前にちょっと出した『輸出で決済したドルをアメリカの日系銀行は決済せずにそのままドルで持っている。それでは国単位で見れば代金を回収していないと同じだ。』という話し。大前さんだったか..。
ただでさえ円高だと言われている現水準(人民元軟化前でいい)・・ 「決済したら、一層円高になっちまうわけだが・・」などと考えていた。

フランスでは、ちょっとしたランチするだけ2~3000円。アメリカでは確かかなり賃金が高い。
それを合わせて考えると... 「円ってやっぱ、もっと高くなってないとおかしんじゃね?」って感じる。

もちろん、これは優秀な方々が日本の国益を思ってそう選択しているんだろうとは思うが..
安いモノ作ってる中国に、日本は輸入12兆に対し輸出を11兆(香港も入れればもっと差は縮む)もしている。
まさか食糧や資源ではあるまい... ということは部品・材料・完成品だ。中国はそんなものを組み立てて輸出してんのに安い。
果たして、話しは合ってるだろうか...。資生堂とTOTOがステイタスつっても、額的には限度があるだろう。

幸い、人民元と日本円は連動している。中国経由で輸出されるそれら部品類は縮小に向かってってしまうが.. 対中国ではそれほど大きく変わらない。
そして世の中に知られていないような、それぞれ細かいマーケットのシェアをかなり握っている日本の輸出品.. そういうものは引き続き輸出していくのだろうが、大規模マーケットものは今さら日本→中国 は考えずらい。日本が引き続き中国に輸出出来るのは資本とノウハウってことになる。


つまり、貿易黒字の分だけ上がっていたハズの円... 現状抑えられている(未決済のドル)分くらい円を刷ったって大丈夫なんじゃなかろうか?
・・・と思えてくるわけだ。

これはあくまでも、いち鴨大衆の妄想でしかないが、未決済のドルは.. それはもう返ってこないようなお金と思えるわけ。そして同じように国債も。国債を買い取るたって、市中の金で買われたものだから市中への供給量は増えない。ところが、その金は「国債買ってなかったら循環していなかった」んだとしたら.. 実質話しは変わってくる。だって邦銀は、自己資本比率8%でいいのに、13~15%あるんだよ。
但し、こっちで流すと国家事業で経済作ることになる。

インフレターゲットがコントロール出来るか出来ないかは知らない。野口悠紀夫さんもそこを丹念に言を進めていた。
んでも.. 「じゃあ未決済ドルは?」って話しだ。それはデフレターゲット(言うなればだよ)じゃないか!って思うわけ。


みんなの党の中小企業の債権買い取り.. 確かに、中小が再スタートを切るための資金に生まれ変わるなら素晴らしい。但し、今既に厳しい分野を、その金で頑張っちゃうとなると寂しい。地銀の呼吸は上がるが、それを果たして地銀がどう使うのか?ってとこに懸ってきてしまう。「使い道なくて地方債買いました。」じゃあ... 元も子もない。
各分野がそれぞれニッチ分野を探究していくことでも、生産性は上げられる。いや、日本では結構それが合っているように思う。なので、中小復活はVC的役割とも言える。ろくに事業を知らない若者に配るくらいなら、中小がリスタートを切れる方がずっと効果的だろう。


ちなみに.. WSJではみんなの党のその他の政策も出ていた。
郵貯はかなりシビアに扱わないと難しいように思うが、みんなは株式売却の金をあてにしている。かなりスピード感がある部分は評価できる。
但し「消費税を地方に」は.. こっちもスピード感はあるんだが、どうだろう。
社会保障の指針を同時に示しとかないと.. 若干恐怖感が先に立ってしまいそうだ。

その辺は今読んでる片山さつきさんの本の方がかなり真っ当な印象をもった。そんなに厚くないんで、もうすぐ取り上げていけるだろう。

【後から追加】
おっと.. 私の妄想の重要な説明が不足している。
これじゃあ.. インフレ誘導なのに、円が上がっていることになってしまってる。

これは日本の貿易黒字分の決済を今よりきちんとして、その額には到底及ばないだろうけどもいくらか札を刷る(日銀の債権買い取り)ことで若干円高を抑える。 ・・・っていう世界を妄想している。
なので.. インフレ誘導でも今より円高な前提で話しをしているのです。


【さらに、7/28追加】
今さらながら... みんなの党の日銀法改正関連で、7/20の時点で既に「デフレターゲット」という表現をしてる記事を見つけた。
【「みんなの党」大研究】日銀法改正で「暴走」を監視、役所に頼らない競争促進策 ---ZAKZAK

しかも.. 高橋洋一さんじゃないか。
なんだ「デフレターゲット」ってアリなんだね。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/520-22abf0ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top