7年経ちました

55政党というブログからの

田原さんまで円高批判か 

菅政権と日銀の「無策ゆえの円高」に怒り ---日経BP(田原総一朗)

記事では、ニコ動などでの若者の声を反映させたもの。
しかしそもそも疑問に思うのは...

一番大切なことは、円高を無理やり抑え込むのではなく、円高になってもやっていけるようなボディにしていくことだ。
大体.. 輸出をするっつうことは、持ってった先でその国の通貨でモノを売る。それを持って帰ってくるには当該国家の通貨を売って円を買う。
貿易が黒字である以上、当該国は通貨高にならざるを得ないんだ。

当たり前の話しだけど.. それをまず基本に考えなきゃならない。
それに輪をかけて.. 過去の高度成長期とは違い、今の円高は日本国単独ではどうしようもできない。
ドルとユーロが不安な上、人民元が上がってくる。円は若干元に連動しているんだ。

変動相場に参加してない後進国家と、変動相場で自身のことだけを考えていくわけにいかない国家では、やってくべきことが違う。

日本は、円高(70円位か)でもやってけるような国家にならなきゃいけない。
教育制度から人材育成、国家のマネジメント(行政)まで.. 産業構造を変化させていく上で組み立て直さなきゃならないわけで.. 国が率先してそれを食い止めるような発想をしていては、何の未来も見えない。

せめてやってよいとして.. 人民元と切り離すこと。
但し、今となっては中国製品で割を食う割合が高いのか、恩恵を受けている割合が高いのか微妙なところだ。


今こそ、かつて衰退していくイギリス資本がどのようにアメリカに食い込んだのか.. そして大英帝国はどのように産業構造を変化させていったのかを学ぶべきだ。いや、私は学ばないけども...。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/539-63d099f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top