7年経ちました

55政党というブログからの

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CM: --
TB: --

2ちゃんも超円高の話題か.. 

【話題】超円高 70円台突入で 日本は失業地獄 政治の無策がこのまま続けば、日本は失業したエリート社員や工場労働者であふれる


榊原さんは、今は青学で教授やってるのか...。
別に榊原さんに言われなくとも、多くのサラリーマンは大体分かっている。
ここでも何度も「円はもっと高くなる」と言ってきた。

重要なのは、昨日も触れているが... 為替対策じゃないんだ。
為替というのは、基本的に抵抗しちゃいけないもの。

なので、それに合わせて産業構造を作り替えて行くのが、国の仕事になる。

そもそも、世界のトヨタだって.. 売り上げの8割方は国内向け。
内需に通貨はあまり関係がない。
まあ、日産みたいに.. むしろ海外で造って日本で売ると話しは違ってくるが..。
逆に、そういう時代がくるってことでもある。

日本のサービス産業は不思議で.. 特に飲食方面は、マニュアルほか品質管理で、同一なものを提供する。
ここに流れてる血は.. それは製造業のカガクだ。そしてそのようなノウハウが何の疑問もなく拡がり続けいる。

日本には、まともなサービスなど育っていない。
それは、サービスの提供を受ける側の問題でもある。

私たちが望んだからこそ、それが発展している。
しかし、近頃はきっと.. そこにギャップが生じてきている。
さらに、消費者保護や雇用の保護は間違いなく世界一な日本は.. サービス産業の運営もやり辛い。

日本丸の運営は、大学行ってメーカーで働き、大学行ってないやつは工場で働く。そういうメカニズムのまま運営されている。
職業訓練方面も.. ものつくりが厚い。

そんな部分を、サービス産業が発展可能な方向へ動かさなきゃならない。
解雇の厳しさはOECD中ぶっちぎりで1位の日本。
それなのに.. 引き続き「規制緩和がいけなかった」と当該省庁が発表する始末。
そして、これ以上一体何をどこまで証明すればいいんだ!っつうほど安心安全な食品方面なのに、こっちもまだまだ強化方向だと言う。
きっと外国から来た人は、日本人は皆クレイジーなほど潔癖症なんだと思うだろう。

サービスの提供を受ける側...
こちらは、時間とか機会とか雰囲気とか、そんなものを大切に思える大人性を身につけているからこそ、必要を感じるもので.. つまり国民性の程度は、サービス産業の程度で分かるわけだ。
日本ではまだまだ、そんなまともにサービスの提供を受ける環境にない。
つまり、その部分がこれから発展していくだろう気質の部分だ。

社会を守るために活動しているという方々のおかげで、一部・一時は何かが守られたんだろう... しかし、それは大きなゆがみを生んでしまった。
習慣が慢性疾患を生んでしまったら.. 手術をして、生活習慣を変えるよりない。

フランスでは、「ヴィトンのバッグは母から娘へ受け継ぐ」とよく言う。しかし、街中でランチでもしようものなら、1500円はする。
日本では、ヴィトンのバッグはそっこらじゅうの質屋に並んでいる。
そして1500円のランチはかなり高級だ。

この話には、歪みや民度が反映されている。


そして、どうすればサービス産業が発展するのか?は分からなくても、とりあえずやめておくべきことは明確なんで、まずはそれをしなきゃならない。

●解雇規制の緩和
●消費者保護行政の縮小
●大学の変質

これを引き続き保護すること即ち、円高には勝てないということ。
製造業は、技術やノウハウや開発に資金が流れ続けるボディにしておけば、あとはどこで作ってもかまわないようにしておかないと。
それと... 部品とか材料とか.. 人の技術がなきゃあ作れないような、そして実はかなりの世界シェアを握っているような多くの優良部品メーカーは日本にまだまだ埋もれている。そのなかの一部は、いずれ海外に行くだろう.. しかし、日本人が作るよりないものもたくさんあるハズだ。
そこにもノウハウと人材が流れ続ける必要がある。

アメリカの下請けだった台湾企業が、中国に工場を持つ時代。
円高阻止!製造立国モデル自体を、よく考えていかないと...。

ちなみに、インフレは通貨安方向。
今や日本の物価は高くない。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/540-9108c491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。