7年経ちました

55政党というブログからの

今度は小宮一慶さんが、円高無策批判。
「政治無策」が招いた円高、今こそ大胆な為替介入を! ---日経BP


時代は動いていく。
バブル時代と今とでは.. 比べようもないぐらい、世界は変化している。
一体、何を持って「円高!」「円高!」と言えるのか...。

ニュートラルな見方としては、今まで円はもっと高くなってなきゃならなかった。
それを政府と、良心のある日本企業が抵抗していたため今の水準にあると捉えるべき。

そして、“円高”と捉えるよりもまずは“ドルもユーロも買えない”と捉えるべきだ。
為替は、対ドル対ユーロの相対的なもの。円が上がってるとは決して言いきれない。


そして、日本市場に未来が感じられない以上、日本企業および個人投資は、海外の買い占めに向かうべきなんだ。
それで至って普通。
市場介入の原資およびチカラは、中国などには到底かなわない。
円相場を、自力で動かせると思っているのがそもそもの間違いだ。

今や世界の工場である中国にでさえ.. 日本は貿易収支がほぼトントン。(香港も含める。)
貿易黒字で、ドルもユーロも買えない。
それで円高!円高!言われても.. いくらなんでも無理があろう。


そして株価。
円高傾向が止まらないので.. 外資が日本株を買えない。
しかし、為替云々以前に.. 本業自体も、日本マーケットに未来はない。日系企業に買いを入れられるとして.. それは企業が新興国家市場に食い込むことが評価されることになる。
そのような企業の買収、市場への食い込み... それらには円高が望ましい。

あのモルガンに、日本企業が手を差し伸べる時代。
ロックフェラー企業が危機に瀕している時代。
国民に戦車を向けていた中国が、商売第一になっている時代だ。

もうちょっと、根本的なことを動かしていかなきゃならないだろう。


スポンサーサイト
CM: 0
TB: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://55perty.blog85.fc2.com/tb.php/541-2de66edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

▲Page top